クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第102回:草の根ドリフト業界にもインバウンドの波

2018.09.11 カーマニア人間国宝への道

ドリフト祭りが熱い!

9年ぶりに再会した、モテないカーマニア仲間にしてハチロクマニアの“クマ”は、40代でツレをゲットし、かつドリフトの人になっていた。そのドリフトライフとは。

クマ(以下 ク):ついこの間も、エビスサーキットのドリフト祭りに行ってましたよ。

清水(以下 清):わっ、エビスサーキット、懐かしい! 最近の動向、サッパリ知らないんだけど、相変わらずなの?

ク:相変わらずドリフトの聖地です。

実はかく言う私、15年ほど前にエビスサーキットの“ドリ小屋”なるドリフト特訓合宿に参加した経験がある。あの特訓のおかげで、多少はドリフトができるようになり、その後「360モデナ」や「458イタリア」で定常円旋回をなんとかこなして、フェラーリ乗りとして一つの頂点に達することができた(断言)。ありがとうエビスサーキット。

清:そうなんだ! スゲェな~。で、ドリフト祭りってどんな祭り?

ク:年に3回、32時間1万5000円で、ドリフトし放題っていう祭りです。

清:おみこしとかは出ないの?

ク:ないです。エビスはコースが7つあるんですけど、ドリフト祭りの時はどこでも走り放題なので、とにかくみんなドリフトしまくるんです。最近は外国人も多いですよ。

元カメラマンでハチロクマニアの“クマ”。
元カメラマンでハチロクマニアの“クマ”。拡大
筆者がエビスサーキットのくるくるランドにて、「360モデナ」で定常円旋回を練習する様子。
筆者がエビスサーキットのくるくるランドにて、「360モデナ」で定常円旋回を練習する様子。拡大
ドリフト祭りは年に3回、春と夏、秋に行われている。参加料金は前売りで1万5000円、当日は2万円。(写真=エビスサーキット)
ドリフト祭りは年に3回、春と夏、秋に行われている。参加料金は前売りで1万5000円、当日は2万円。(写真=エビスサーキット)拡大

海外カーマニアの台頭

清:えっ、外国人はドリ車をどうすんの?

ク:エビスの中でスコットランド人がショップをやってて、そこがいったんクルマを売って、クルマが無事なら買い戻す形を取ってるみたいです。外国人の集客も、そこがネット経由でやってるんじゃないかな。なにしろエビスは、世界のドリフトの聖地ですから。

清:ス、スゲエ! 

ク:ギャラリー数なら、最近は外国人の方が多くねぇか? って感じですね。

まさか実践ドリフトの世界にまで、インバウンドの波が押し寄せていたとは。このあたりの話、ドリフト業界の人には常識なのでしょうが、カーマニアの世界も細分化が進んでいて、知らないことはまったく知らなくてどうもスイマセン。

清:実はさ、エビスにはもう10年以上行ってないし、カーマニアの高齢化も激しいから、どうなってるんだろって思ってたんだ。

ク:日本人の参加者は減ってるけど、その分外国人が埋めてます。

清:そうなのか~。カーマニアも年取ると、サーキットを走る元気がなくなってきて、それよりなまったカラダを鍛えようかとか思うようになるんだよ。オレはまだ思うだけだけど。

ク:わかります。

清:お金のある人はトライアスロンに走り、庶民は自転車やジョギングに走る。そのほうがクルマより断然お金かかんなくて、達成感もあるでしょ。

ク:ドリフトは飽きないですけどね。僕は年に3回のドリフト祭りの時しかやらないんで、カネもそんなにかかんないです。

清:えっ、そうなんだ! 以前はよく、本庄とか日光にも行ってたよね?

ク:今はエビスだけです。

清:年に一度の祭りに燃えるような感じ? 3回だけど。

ク:そこを目指してクルマ仕上げて、パッと発散する感じですかね。

ドリフト祭りでのワンシーン。(写真=エビスサーキット)
ドリフト祭りでのワンシーン。(写真=エビスサーキット)拡大
ドリフトの聖地、福島のエビスサーキットにはドリフトマニアが海外からも集まってきている。
ドリフトの聖地、福島のエビスサーキットにはドリフトマニアが海外からも集まってきている。拡大
クマの“ミサイル”(右)と仲間の「チェイサー」(左)。
クマの“ミサイル”(右)と仲間の「チェイサー」(左)。拡大
クマのハチロクの走行シーン。
クマのハチロクの走行シーン。拡大

新たなFR車の登場に期待

清:今はドリフトできるFRの新車がほとんどなくなっちゃったけど、それはみんなどうしてんの?

ク:相変わらず「マークII/チェイサー」系とか、「180SX」が中心です。新しいドリ車としては、ギリギリ「86/BRZ」かな。それがドリフト界最大のネックかもしれません。

清:ドリフトすると、タイヤがすぐなくなるから、カネかかるじゃない。それは?

ク:アジアンタイヤですね。

清:あ、そうか!

ク:僕はずっとケンダ(台湾製)を使ってます。ハチロク用なら4本で1万7000円くらいで買えるんで。

清:なるほど~! で、クマは、あのミサイルでドリフトしてるわけか。エビスはフロントガラスがバリバリに割れてても走れるなんて、ステキだね!(笑)。

ク:エビスではそんなの多いですよ。最近はハチロクは珍しいけど。パワーないし、最近さらに値段上がっちゃったし。

清:それにしても、ハチロクにも全然飽きないんだね。

ク:あれ以外のクルマに興味ないんで。

清:仕事もカメラマンやめてトラック運転手になったし、本当にカーマニアだよね。

ク:運転してるのが気楽なんですよ。

清:今は何t車に乗ってるの。

ク:13tです。

清:えええええ~~~~~~っ! そんなデカイの転がしてるの~~~~~~!

ということで、次回は深刻な人手不足が話題の、トラック運転手の世界についてです。

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼) 

クマの自宅ガレージは、ドリフト趣味一色だ。
クマの自宅ガレージは、ドリフト趣味一色だ。拡大
クマの白熱ぶりがうかがえる、“ミサイル”のフロントガラス。
クマの白熱ぶりがうかがえる、“ミサイル”のフロントガラス。拡大
クマはエンジンの載せ替えも自分で行う。
クマはエンジンの載せ替えも自分で行う。拡大
手描きのロゴに愛着が感じられる。
手描きのロゴに愛着が感じられる。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ 86 の中古車
関連キーワード
86BRZトヨタスバル
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。