第102回:草の根ドリフト業界にもインバウンドの波

2018.09.11 カーマニア人間国宝への道

ドリフト祭りが熱い!

9年ぶりに再会した、モテないカーマニア仲間にしてハチロクマニアの“クマ”は、40代でツレをゲットし、かつドリフトの人になっていた。そのドリフトライフとは。

クマ(以下 ク):ついこの間も、エビスサーキットのドリフト祭りに行ってましたよ。

清水(以下 清):わっ、エビスサーキット、懐かしい! 最近の動向、サッパリ知らないんだけど、相変わらずなの?

ク:相変わらずドリフトの聖地です。

実はかく言う私、15年ほど前にエビスサーキットの“ドリ小屋”なるドリフト特訓合宿に参加した経験がある。あの特訓のおかげで、多少はドリフトができるようになり、その後「360モデナ」や「458イタリア」で定常円旋回をなんとかこなして、フェラーリ乗りとして一つの頂点に達することができた(断言)。ありがとうエビスサーキット。

清:そうなんだ! スゲェな~。で、ドリフト祭りってどんな祭り?

ク:年に3回、32時間1万5000円で、ドリフトし放題っていう祭りです。

清:おみこしとかは出ないの?

ク:ないです。エビスはコースが7つあるんですけど、ドリフト祭りの時はどこでも走り放題なので、とにかくみんなドリフトしまくるんです。最近は外国人も多いですよ。

元カメラマンでハチロクマニアの“クマ”。
元カメラマンでハチロクマニアの“クマ”。拡大
筆者がエビスサーキットのくるくるランドにて、「360モデナ」で定常円旋回を練習する様子。
筆者がエビスサーキットのくるくるランドにて、「360モデナ」で定常円旋回を練習する様子。拡大
ドリフト祭りは年に3回、春と夏、秋に行われている。参加料金は前売りで1万5000円、当日は2万円。(写真=エビスサーキット)
ドリフト祭りは年に3回、春と夏、秋に行われている。参加料金は前売りで1万5000円、当日は2万円。(写真=エビスサーキット)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • 「トヨタGRスープラ」の生産を手がける
    マグナ・シュタイヤーってどんな会社?
    2019.4.17 デイリーコラム 「トヨタGRスープラ」と「BMW Z4」の姉妹に加えて、「メルセデス・ベンツGクラス」などの生産を手がけているマグナ・シュタイヤー。ニッチなクルマの存在を支える、自社ブランドを持たない完成車メーカーについて紹介する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」発表会の会場から 2019.5.17 画像・写真 2019年5月17日、トヨタのFRスポーツカー「スープラ」の新型が国内で発売された。発表の場となった東京・青海のMEGA WEBには、歴代のスープラもずらり勢ぞろい。カスタマイズカーやコンセプトカーも並んだ会場の様子をリポートする。
  • 【オートモビル カウンシル2019】トヨタが新旧「スープラ」を展示 2019.4.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年4月5日、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)において、「Neo Classic 80's」をテーマとするトヨタ博物館のブースを出展した。
ホームへ戻る