「スバルXV」に電動パワートレイン「e-BOXER」搭載車が登場

2018.10.11 自動車ニュース
「スバルXVアドバンス」
「スバルXVアドバンス」拡大

スバルは2018年10月11日、クロスオーバーSUV「XV」に一部改良を実施し、同年11月19日に発売すると発表した。

 
「スバルXV」に電動パワートレイン「e-BOXER」搭載車が登場の画像拡大
 
「スバルXV」に電動パワートレイン「e-BOXER」搭載車が登場の画像拡大

今回の改良では、2リッター水平対向直噴エンジンに電動モーターを組み合わせたパワートレイン「e-BOXER」を搭載した新グレード「アドバンス」を追加。走りはもちろん、専用ボディーカラー「ラグーンブルー・パール」の設定や、各所にブルーのアクセントを施したインテリアの採用により、視覚的な差別化も図っている。

また、一部のグレードを除き後退時自動ブレーキシステムを標準装備としたり、「アイサイトセイフティプラス」(視角拡張)にサイドビューモニター機能を追加したりするなど、安全装備の強化も図っている。

価格は「1.6i EyeSight」の213万8400円から、アドバンスの282万9600円まで。

(webCG)

関連キーワード:
XV, スバル, 自動車ニュース