クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X4 M40i(4WD/8AT)

納得させられる 2018.10.15 試乗記 単純に言えばBMWの「X4」は、「X3」のクーペ版だ。X3が最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボの「M40d」をトップモデルとするのに対して、X4は360psの3リッター直6ガソリンターボエンジンを搭載した「M40i」がトップに位置する。両モデル、それぞれの狙いはどこに?
 
2018年3月のジュネーブモーターショーでデビューした2代目「X4」は、BMWでは異例ともいえる4年半という短いサイクルで新型にモデルチェンジ。日本では2018年9月6日に販売を開始した。
2018年3月のジュネーブモーターショーでデビューした2代目「X4」は、BMWでは異例ともいえる4年半という短いサイクルで新型にモデルチェンジ。日本では2018年9月6日に販売を開始した。拡大
クーペスタイルを表現し、同時にリアスポイラーの機能も持たせたハッチゲートデザイン。リアウィンドウにワイパーは装備されていない。
クーペスタイルを表現し、同時にリアスポイラーの機能も持たせたハッチゲートデザイン。リアウィンドウにワイパーは装備されていない。拡大
前後のドアを両方同時に開くと、ボディーBピラーに隠された車名が現れる。さらにドア内側Aピラールーフ付け根部分には「X」の文字が隠されている。
前後のドアを両方同時に開くと、ボディーBピラーに隠された車名が現れる。さらにドア内側Aピラールーフ付け根部分には「X」の文字が隠されている。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1940×1620mm。全長は先代比で80mm拡大している。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1940×1620mm。全長は先代比で80mm拡大している。拡大

早々とモデルチェンジ

ついこの間発売されたばかりと思っていたのに、もう2代目X4の登場である。何しろ、最初のX4の発売は2014年だったから、普通よりもかなり短いインターバルでのずいぶんと早めのモデルチェンジには違いない。

ベースモデルたるX3のモデルチェンジに伴ってのことだろうが、後発のメーカーの追い上げに対して陣容を整える狙いもあるだろう。これまではSUVに手を出さなかった“新参メーカー”が、続々とスポーティーなSUVを投入してきているのはご存じの通り。それに対して、1999年に「X5」でオンロード・オリエンテッドな高性能SUVジャンルを開拓した先駆者であるBMWが、手をこまぬいているわけにはいかないのだ。

今や「X1」から「X6」まで隙なくそろえるBMWのラインナップには、さらに間もなく、最も大きなサイズを持つフラッグシップSUVである「X7」が加わるといわれている。このうち奇数番号モデルをBMWは「SAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)」と称し、偶数番号モデルをクーペスタイルの「SAC」、すなわち「スポーツ・アクティビティー・クーペ」と呼んでいる。コンパクトなクラスから3列シートのフルサイズモデルまで、しかもスポーティーなクーペSUVも要所に配し、水も漏らさぬ布陣で後発メーカーを迎え撃つ構えである。

6気筒モデルに間違いはない

日本仕様の新型X4には2リッター4気筒ターボを積む「30i」と「30i Mスポーツ」もラインナップされているが、今回紹介するのはトップグレードのM40i。標準車と本当のMモデルの中間に位置する「Mパフォーマンスモデル」である。

XシリーズでのMパフォーマンスモデルはこのM40iだけと言いたいところだが、実はつい先日X3シリーズに3リッター直6ターボディーゼルを積むM40dが追加設定された。ターボで加給されているとはいうものの3気筒だ4気筒だと、排気量の小さなダウンサイジングユニットが当たり前になった当節、6気筒であるだけでこれはもう貴重というか、スペシャルなエンジンである。

本国にはX3にも6気筒ガソリンエンジンを積むモデルがラインナップされているが、日本ではX3/X4シリーズの中でM40iだけ。そこが魅力の第一だろう。当然、「ポルシェ・マカンGTS」や「同ターボ」がライバルとなる高性能SUVである。

Mパフォーマンスのロゴがエンジンカバー上にも誇らしげに刻まれているM40iのエンジンは、BMWの最新の看板機種たるB58B30A型直列6気筒DOHCターボだ。1.5リッター3気筒から2リッター4気筒、そしてこの6気筒までボア・ストロークをはじめ多くの共通構造を持つモジュラーユニットである。

直噴バルブトロニック、ダブルVANOSにツインスクロールターボ(例によってツインパワーターボと称しているが)、さらにはシリンダー壁のツインワイヤー・アークスプレー・コーティング(メルセデスのナノスライドと同様の溶射コーティング)などBMWの最新メニューを盛り込み、最高出力360ps/5500rpmと最大トルク500Nm/1520-4800rpmを生み出す6気筒ターボは相変わらず見事なエンジンである。

低速での微妙なコントロール性と滑らかさ、全開時の鮮烈でパワフルな吹け上がりを併せ持ち、どんな場面でも“足りない”と感じることがない。BMWの6気筒は依然として間違いがない。変速機は8段AT、日本仕様はすべて4WDである。

最高出力360ps、最大トルク500Nmを発生する、3リッター直6ターボエンジンを搭載。8段ATを組み合わせる。
最高出力360ps、最大トルク500Nmを発生する、3リッター直6ターボエンジンを搭載。8段ATを組み合わせる。拡大
8段ATは「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」と呼ばれるモード切り替え機構を備える。「ECO PRO」モードでは、燃料消費量低減に貢献する。
8段ATは「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」と呼ばれるモード切り替え機構を備える。「ECO PRO」モードでは、燃料消費量低減に貢献する。拡大
テスト車は、前245/40R21、後ろ275/35R21サイズの「ピレリPゼロ」(ランフラットタイヤ)を装着。「X4 M40i」は「ダブルスポーク・スタイリング718M」と呼ばれるホイールを標準装備する。
テスト車は、前245/40R21、後ろ275/35R21サイズの「ピレリPゼロ」(ランフラットタイヤ)を装着。「X4 M40i」は「ダブルスポーク・スタイリング718M」と呼ばれるホイールを標準装備する。拡大
液晶パネルに表示されるメーターは、文字のほか、警告、メニューなどの表示を大きくできる。また、ドライビングモードによって表示色とデザインが変更される。
液晶パネルに表示されるメーターは、文字のほか、警告、メニューなどの表示を大きくできる。また、ドライビングモードによって表示色とデザインが変更される。拡大

気になるのは後方視界と全幅のみ

先代X4と比べると55mm延長された2865mmのホイールベースは、昨年ひと足先に3代目にモデルチェンジしたX3と同一ながら、ボディー外寸はひとまわり新型X4のほうが大きい。

全長は4760mm(従来比+80mm)、全幅は1920mm(同+40mm)、それに対して全高は1620mm(同-5mm)と、贅沢(ぜいたく)な全幅に対して比較的背が低いプロポーションがクーペと称するゆえんである。ちなみにX3の3サイズは4720×1890×1670mmである。

最近の高性能SUVは、「ポルシェ・マカン」も「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」も当たり前のように全幅1.9mを超えてきているが、日本ではちょっともう限界ではないかという気がするぐらいのボリューム感だ。もっともそのおかげでカッコいいスタイルを削り出せるとデザイナーは言うに違いない。

室内はマカンなどより明らかに広々としているが、ルーフからリアゲートにかけてきつく傾斜しているクーペスタイルのせいでリアウィンドウの天地が短く、ルームミラー越しの後方視界はスーパースポーツカー並みに狭いうえに、斜め後ろの視界も限られる。

それゆえいわゆるラウンドビューモニターやブラインドスポットウオーニングなどのアシスタンスシステムは大変ありがたい、というか、すっかりそれらをあてにするようになった。もちろん新型X4には最新鋭の安全運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」が装備されている。

インパネは、先に販売を開始した新型「X3」と基本的に同一。「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール(シフトパドル付き)」を標準装備する。
インパネは、先に販売を開始した新型「X3」と基本的に同一。「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール(シフトパドル付き)」を標準装備する。拡大
前席には電動調整式サイドサポート付きのスポーツシートを標準装備。大腿(だいたい)部を支えるサイサポートはマニュアル調整式となる。
前席には電動調整式サイドサポート付きのスポーツシートを標準装備。大腿(だいたい)部を支えるサイサポートはマニュアル調整式となる。拡大
後席のシートバックはリクライニング機構を備えている。前席同様、後席にもシートヒーターを採用。
後席のシートバックはリクライニング機構を備えている。前席同様、後席にもシートヒーターを採用。拡大
ステアリングコラムに用意される左右のシフトパドルでスポーティーな走りが楽しめる。安全装備も充実し、ルームミラー内蔵のステレオカメラと、前方に3基、後方に2基のミリ波レーダーを使用するBMWの最新世代運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備する。
ステアリングコラムに用意される左右のシフトパドルでスポーティーな走りが楽しめる。安全装備も充実し、ルームミラー内蔵のステレオカメラと、前方に3基、後方に2基のミリ波レーダーを使用するBMWの最新世代運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備する。拡大

エリートなアスリート

エンジンを始動する際に轟(とどろ)くベリベリというどう猛な排気音と、走りだした直後のダイレクトな上下動に、よほどスパルタンなクルマに違いないと覚悟したが、気が付くとスルリ、スムーズにスピードに乗っているのがBMWである。

確かに21インチのランフラットタイヤを履く足まわりはガッシリ引き締まっているが(たとえコンフォートモードでも)、ビシッバシッという安手なハーシュネスやバイブレーションは伝わってこない。高性能SUVの中には大径タイヤを持て余しているクルマも少なくないが、M40iはさすがに屈強で、飛ばせば飛ばすほど頼もしさが増すといったタイプだ。私個人としてはもう少し姿勢変化を許してもいいと思うが、まるで車高の高い「M4」のように路面の不整を踏みつけて行ける。

ワインディングロードでも、こんなにアイポイントが高いクルマが、上りの山道を加速しながらグイグイ曲がっていく現実に頭と身体がついていかないほど、リニアにシャープにラインを選ぶことができる。むちゃをするとグイッと引き戻してくれるスタビリティーコントロールもこの種のクルマとしては適切だろう。ちなみに前後重量配分は車検証上で930/940kgと事実上50:50である。

これぐらいのパフォーマンスと洗練度を見せつけられると、本来あまり私の好みではない高性能SUVというジャンルも認めないわけにはいかなくなる。M40iの完成度ならば、SAVでもSACでもどうぞご自由に、と降参する。鍛え上げたエリート・アスリートの精悍(せいかん)さがあふれ出すM40iは、幼稚園の送り迎えだけではなく、本当に走る人のためのSUVである。

(文=高平高輝/写真=佐藤靖彦/編集=櫻井健一)

BMWのデザイン上の特徴となる「キドニーグリル」を大型化。重心が低く、タイヤがしっかりと踏ん張るイメージをもたらすルックスがデザイン上の特徴だ
BMWのデザイン上の特徴となる「キドニーグリル」を大型化。重心が低く、タイヤがしっかりと踏ん張るイメージをもたらすルックスがデザイン上の特徴だ拡大
前後ともベンチレーテッドディスクブレーキを採用。ブルーのブレーキキャリパーは、「Mモデル」の証明でもある。
前後ともベンチレーテッドディスクブレーキを採用。ブルーのブレーキキャリパーは、「Mモデル」の証明でもある。拡大
「X4 xDrive30i」が丸形クローム仕上げのテールフィニッシャーを採用するのに対して、「M40i」では台形ブラック/クローム仕上げとなる。
「X4 xDrive30i」が丸形クローム仕上げのテールフィニッシャーを採用するのに対して、「M40i」では台形ブラック/クローム仕上げとなる。拡大
BMWの各車に用いられている“L字”をモチーフとしながらも、細長く立体的なデザインのLED式テールライトを採用。グレードを示すエンブレムには「BMW M社」のシンボルマークも備わる。
BMWの各車に用いられている“L字”をモチーフとしながらも、細長く立体的なデザインのLED式テールライトを採用。グレードを示すエンブレムには「BMW M社」のシンボルマークも備わる。拡大

テスト車のデータ

BMW X4 M40i

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1940×1620mm
ホイールベース:2865mm
車重:1870kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHCターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:360ps(265kW)/5500rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1520-4800rpm
タイヤ:(前)245/40R21 100Y/(後)275/35R21 103Y(ピレリPゼロ)
燃費:10.9km/リッター(JC08モード)
価格:977万円/テスト車=1002万5000円
オプション装備:ボディーカラー<フラメンコ・レッド・ブリリアント・エフェクト>(9万3000円)/harman/kardonサラウンド・サウンド・パッケージ(9万4000円)/イノベーション・パッケージ<ディスプレイ・キー/ジェスチャー・コントロール>(6万8000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:526km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:494.8km
使用燃料:52.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.5km/リッター(満タン法)/9.2km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW X4 M40i
BMW X4 M40i拡大
通常使用時の荷室容量は525リッター。後席を前方に倒すことで、積載容量を1430リッターにまで拡大できる。
通常使用時の荷室容量は525リッター。後席を前方に倒すことで、積載容量を1430リッターにまで拡大できる。拡大
後席バックレストは40:20:40の分割可倒式。荷室には後席のバックレストをワンタッチで倒せるリリースレバーが備わる。
後席バックレストは40:20:40の分割可倒式。荷室には後席のバックレストをワンタッチで倒せるリリースレバーが備わる。拡大
関連キーワード
X4BMW試乗記
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

webCGメールマガジンに登録
あなたにおすすめの記事