第11回:BMW X2(前編)

2018.11.07 カーデザイナー明照寺彰の直言
「BMW X2」
「BMW X2」拡大

既存のBMWとは一線を画すボディーサイドのデザインと、1535mmという低い車高が目を引く「BMW X2」。このスタイリングと実用性の両立は、どのような方法でかなえられたのか。現役のカーデザイナー明照寺彰が、新世代BMWの旗手に迫る。

SUV(BMWでは「SAV」と表しているが)の走りや機能性と、スペシャリティーカーの魅力を併せ持つモデルとして開発された「BMW X2」。ベルトラインから上を切り詰めたような、低い車高が目を引く。写真はより“SUVライク”な「MスポーツX」。
SUV(BMWでは「SAV」と表しているが)の走りや機能性と、スペシャリティーカーの魅力を併せ持つモデルとして開発された「BMW X2」。ベルトラインから上を切り詰めたような、低い車高が目を引く。写真はより“SUVライク”な「MスポーツX」。拡大
こちらは標準仕様の「X2」。ボディーサイドを見ると、ショルダーラインの張り出しの下に、従来のBMWでは見られたような、深い“凹面”が見られないのがわかる。
こちらは標準仕様の「X2」。ボディーサイドを見ると、ショルダーラインの張り出しの下に、従来のBMWでは見られたような、深い“凹面”が見られないのがわかる。拡大
コンパクトSUVの「BMW X1」。エッジの効いたショルダーラインと、その下の凹面の帯にできた陰影により、ボディーが上下に分断されている。
コンパクトSUVの「BMW X1」。エッジの効いたショルダーラインと、その下の凹面の帯にできた陰影により、ボディーが上下に分断されている。拡大
2018年10月のパリモーターショーで世界初公開された、新型「BMW 3シリーズ」。ショルダーラインの下に凹面を持たない、「X2」と同様のデザインとなっている。
2018年10月のパリモーターショーで世界初公開された、新型「BMW 3シリーズ」。ショルダーラインの下に凹面を持たない、「X2」と同様のデザインとなっている。拡大

ここから新しい“BMWデザイン”が始まる

永福ランプ(以下、永福):明照寺さん、今日のお題はBMW X2です。私はこのデザイン、大いに惹(ひ)かれたんですが。

明照寺彰(以下、明照寺):最近のBMWって、どのクルマもボディーサイドにキャラクターラインを使った凹面がついているんですけど、このクルマはそれがないんですよ。

永福:そうですね。サイドのパネル面が、ラテン車のようにふくよかです。

明照寺:それによって、面がすごく広く感じる。例えば「X1」は、ボディーがショルダーラインのところで、上と下に分断されて感じるんですが、X2はそれがないので、サイドのボリューム感が強く見える。BMWのディーラーに行って実車を見たんですけど、他のBMWが古く感じました。

永福:X2は、BMWデザインの新境地なんですね?

明照寺:比喩(ひゆ)じゃなくて、本当にそうなんでしょう。というのも、この間パリショーで発表された新型「3シリーズ」が、X2とほぼ同じ構成だったんです。“凹キャラ”が無いのもそうですが、ドア面のピークの位置やリアのブリスターみたいなフェンダーなどもソックリ。つまり、新世代BMWデザインの先駆けがこのX2だったようです。今までのBMWは“シャープなBMW”。それに対してX2は“ボリューミーなBMW”。このキャラクターの違いは面白いですね。

永福:私はX1のデザインは、どうにも縮こまってみえて、カッコよく感じなかったんです。コンパクトなSUVのサイドに、セダンやツーリングとまったく同じ手法で前後に貫くエッジを刻んでシャープさを出そうとしていたので、SUVらしいおおらかさが消えてた。「SUVに生まれてスイマセン」みたいに、どっか卑屈に見えたんですよ。クルマとしては実用的ですごくいいので惜しいなぁと思っていたんですが、そこにX2が出た。サイズはほぼ同じで、こっちのほうが断然カッコいい! って色めき立ったわけなんです。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.3.11 試乗記 「マツダCX-5」のラインナップに加わった、最もパワフルなガソリンターボ車「25T」に試乗。その走りは驚くほど軽快かつさわやかで、いまどき貴重な“内燃機関のよさ”を印象づけるものだった。
ホームへ戻る