クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第579回:あふれる愛情は体でアピール!?
クルマとタトゥーの意外な関係

2018.11.09 マッキナ あらモーダ!

自動車ブランドとタトゥー

日本ではインバウンド客が急増する温泉地などで、タトゥー(入れ墨)のある外国人観光客をどう扱うかが議論の対象となって久しい。

ここ10年、イタリアをはじめ欧州の周辺各国では、タトゥーが急速にポピュラーになったといってよい。ボクの住むシエナのような地方都市にも、気がつけば今や複数のタトゥーショップがある。

もちろん、そうしたトレンドになじめない人もいる。モナコ在住のクラシック音楽関係者はボクに「どんなに親しくなった女性でも、スモーカーであることがわかったり、タトゥーが入っているのを見つけたりした瞬間、百年の恋がさめる」と嘆いた。

自動車に近い世界では、フィアット創業家の御曹司でファッションブランドであるイタリア・インディペンデントや自動車カスタムメイド工房ガレージ・イタリアを率いるラポ・エルカン氏が「神風」のタトゥーを入れている。その姿はイタリアの女性週刊誌などで、たびたび伝えられてきた。

だが全体的にいえば、保守的なヨーロッパの自動車業界では、タトゥー文化をPR活動で積極的に使うかどうかの判断は避けられてきた。

ボクが記憶しているのは、2001年にイタリアのボローニャモーターショーで、シトロエンが会場の全コンパニオンにブランドロゴ「ドゥブル・シェヴロン」のインスタントタトゥーを貼らせていたことだ。

だが、エンターテインメント的要素が強いボローニャショーという特殊な場に限っての演出であったようで、他社を巻き込んでのトレンドとはならなかった。

ようやく公にタトゥーを取り上げたのは、2014年のジュネーブショーにおけるプジョーだった。タトゥーアーティストにペインティングを委嘱した「108」のショーカーを展示したほか、ダッシュボードにタトゥーマシンを使って文様を施す実演も行ったのだ。(関連記事:エコブースト男・大矢アキオのジュネーブ滞在記

観察するところ、ヨーロッパの自動車界でグループPSAはタトゥーに最も寛容なようである。

スマートファンの左腕には、猛ダッシュする初代スマートのタトゥーが。2010年、イタリアのファンイベントで撮影。
スマートファンの左腕には、猛ダッシュする初代スマートのタトゥーが。2010年、イタリアのファンイベントで撮影。拡大
2001年ボローニャショーにおけるシトロエンのコンパニオン。インスタントではあるが、タトゥー文化を反映した極めて初期の例である。
2001年ボローニャショーにおけるシトロエンのコンパニオン。インスタントではあるが、タトゥー文化を反映した極めて初期の例である。拡大
2014年ジュネーブショーで、プジョーはタトゥーアーティストのXOIL氏をフィーチャー。後方の「108」のグラフィックを担当したほか、ダッシュボードのペインティングを実演した。
2014年ジュネーブショーで、プジョーはタトゥーアーティストのXOIL氏をフィーチャー。後方の「108」のグラフィックを担当したほか、ダッシュボードのペインティングを実演した。拡大
こちらは最新。2018年10月のパリショーにて。シトロエンのコンパニオンには「oui(we)are french」のインスタントタトゥーが。
こちらは最新。2018年10月のパリショーにて。シトロエンのコンパニオンには「oui(we)are french」のインスタントタトゥーが。拡大

彫られるブランド・彫られないブランド

いっぽう、プジョーの試み以前から、自動車ファンや趣味性が高いショップオーナーの間では、愛車や取り扱うクルマのタトゥーを、自分の体に彫り込むのが始まっていた。

今回紹介する写真は、ボクが約10年にわたり、欧州各地のイベントやショーで撮りだめたクルマ系タトゥーの写真コレクションである。

さまざまなイベントを巡ったボクが知る限り、タトゥーの対象となるブランドには、一定の法則がある。

まず、愛車関連のタトゥーを彫っているファンを見かける頻度が高かったのは、「2CV」を中心としたシトロエン、そして空冷系フォルクスワーゲンのイベントである。

背景にあるのは何か? それは1960年代末にそうしたクルマたちに乗り、自由を謳歌(おうか)したヒッピーたちのカルチャーに違いない。今日のファンの脳裏には無意識のうちにヒッピーの姿や従来の固い慣習に縛られないライフスタイルが息づいていて、タトゥーに向かわせているのだとボクは考える。

いっぽうメルセデス・ベンツやBMW、アウディといったブランドをモチーフにする人は、現在までボク個人はお会いしたことがない。タトゥーを人生や生活に必要ない装飾・遊びと定義するなら、やはり手堅いブランドとは相性が悪いのだろう。

オペル、フォード、そしてルノーなど、欧州におけるスタンダード系・生活系ブランドのロゴやクルマも、タトゥーの題材とならない。

特にオペルはヨーロッパの人々にとって、あまりに実用車のイメージが強く、タトゥーの対象になりにくいことが想像できる。

だが少し前のオートモーティブニュースによれば、PSA傘下入り後に急速に業績回復したオペルでは、ある工場従業員が「ようやく『オペルで働いている』と、自信をもって言えるようになった」と話したという。

本社所在地リュッセルスハイムの隣にあるヴィースバーデンの温泉あたりに行けば、シンボルマークのブリッツ(稲妻)マークを彫ったおじさんがそろそろ出没するのではないか。

2015年にポーランドで開催された「シトロエン2CV」の国際ファン大会で。
2015年にポーランドで開催された「シトロエン2CV」の国際ファン大会で。拡大
2017年のエッセン・テヒノクラシカで。往年のドイツ車ボルクヴァルトのレストア業を営む男性。腕を見せてもらうと……?
2017年のエッセン・テヒノクラシカで。往年のドイツ車ボルクヴァルトのレストア業を営む男性。腕を見せてもらうと……?拡大
ボルクヴァルトが精巧な筆致で描かれていた。
ボルクヴァルトが精巧な筆致で描かれていた。拡大
本連載第564回の冒頭で紹介した筆者の知人、マッシミリアーノ氏。トヨタのセールス時代、その思想に心酔し「改善」の文字を彫り込んだが、グループ会社内の異動に伴い、現在はチェコのシュコダを担当。
本連載第564回の冒頭で紹介した筆者の知人、マッシミリアーノ氏。トヨタのセールス時代、その思想に心酔し「改善」の文字を彫り込んだが、グループ会社内の異動に伴い、現在はチェコのシュコダを担当。拡大

もしずっと彫っていたら……

ボクはといえば、自動車タトゥーファンの人々を到底まねできない。

ひとつは、お察しのとおり「痛み」である。インフルエンザの予防接種でさえ、極細針使用を売りにする東京の美容外科で打ってもらっているボクとしては、タトゥーマシンはかなりハードルが高い。

それと同じくらい問題なのは、「移り気」な性格である。ボクは、定期的・周期的に自動車そのものへの感心が希薄になる。

小学校高学年のときはNゲージ鉄道模型に興味が行ってしまった。それが終わると、中学生の分際でデカダン文学に傾倒。社会人になってからは、ラテンミュージックやコンテンポラリーアートに魅せられた時期があった。だからクルマへの情熱を継続させている、自動車ジャーナリストと称する方々を尊敬するし、やはりプロだと思う。

クルマに関してもしかりで、たどってきた趣向は「流浪」の2文字に尽きる。高校生の頃は当時の自動車誌における傾向をもろに受け、ドイツ車が至上であると信じながら免許をとった。最初のクルマも親のお下がりのドイツ車で、喜々として乗っていた。

しかし会社員になると、ドイツ車と正反対のキャラクターをもつイタリア車の世界に魅了された。続いてアメリカ車の寛容さに感化され、2台も買ってしまった。その間にも、ついぞ所有することはなかったものの、フランス車をたびたび買いかけた。「トヨタ・センチュリー」や中国の紅旗にも憧れていた。

仮にそうした彷徨(ほうこう)の歴史を全部彫っていたとしたら、ボクの体は「自動車ガイドブック」や「輸入車ガイドブック」状態になっていたに違いない。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=藤沢 勝)

自動車が題材ではないが、コンクール・デレガンスで見かけたフォトグラファー。
自動車が題材ではないが、コンクール・デレガンスで見かけたフォトグラファー。拡大
2016年夏、イタリアの「フォルクスワーゲンインターナショナルミーティング」に出店していたタトゥーショップ。
2016年夏、イタリアの「フォルクスワーゲンインターナショナルミーティング」に出店していたタトゥーショップ。拡大
おじさんの足元は、「フォルクスワーゲン・タイプ2」ファンであることを無言のうちに物語っていた。
おじさんの足元は、「フォルクスワーゲン・タイプ2」ファンであることを無言のうちに物語っていた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。