フェラーリ・ポルトフィーノ(前編)

2018.11.15 谷口信輝の新車試乗 オープントップのフェラーリ「ポルトフィーノ」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。最高出力600psの“跳ね馬”にワインディングロードでむちを入れた印象は……?

不安感の少ないフェラーリ

われらが谷口信輝に今回試乗してもらうのは、フェラーリ・ポルトフィーノ。そう聞いて「ああ、『カリフォルニアT』のマイナーチェンジ版ね」と思ったアナタは大きな間違いを犯している。

たしかにフロントにV8エンジンを積む2+2シーターで、リトラクタブル・ハードトップを備えるという点でカリフォルニアTとポルトフィーノは共通。しかし、ポルトフィーノではそのコンバーチブルルーフが刷新されたほか、ボディー構成を完全に見直すなどした結果、カリフォルニアTに比べて80kgもの軽量化を達成。さらにエンジンの最高出力を40ps引き上げることで0-200km/h加速のタイムをコンマ4秒短縮することに成功するなど、フルモデルチェンジと呼ぶにふさわしい大改良が実施されている。

さて、そんなポルトフィーノに乗って谷口はどんな印象を抱いたのか? まずは運転席から降り立った直後の感想を尋ねてみることにした。すると谷口、「えーと、いい話と悪い話、どっちを聞きたいですか?」と口にしたのである。うーむ。どうやら谷口は語り手としてもかなり腕を上げたようだ。

そこで私が「では、いいほうから」と促すと、谷口はこんな風に語り始めたのである。
「あのね、いつものフェラーリより不安感が少ないと思いました」

この連載を読み続けてくださっている読者諸氏はよくご存じのとおり、谷口はフェラーリに対してある種の不安感を抱いている。それは、少し大げさにいえば「恐怖感」と表現してもいいものだった。

レーシングドライバーとしても、そしてドリフトドライバーとしても数々の栄冠を勝ち取ってきたほど腕利きの谷口なのに、なぜかフェラーリのコーナリングにはすぐになじむことができず、「いやあ、いますぐは無理だけれど、なんとかしてこのフェラーリを買って、いつか乗りこなせるようになりたいですねえ」とコメントするのが常だった。そして、前作カリフォルニアTでは、この不安感をとりわけ強く抱いているように私には感じられたのである。

 
フェラーリ・ポルトフィーノ(前編)の画像拡大
 
フェラーリ・ポルトフィーノ(前編)の画像拡大
 
フェラーリ・ポルトフィーノ(前編)の画像拡大
 
フェラーリ・ポルトフィーノ(前編)の画像拡大

【フェラーリ・ポルトフィーノのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4586×1938×1318mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600ps(441kW)/7500rpm/最大トルク:760Nm(77.5kgm)/3000-5250rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20/(後)285/35ZR20/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2530万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:221.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.9km/リッター(満タン法)


	【フェラーリ・ポルトフィーノのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4586×1938×1318mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600ps(441kW)/7500rpm/最大トルク:760Nm(77.5kgm)/3000-5250rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20/(後)285/35ZR20/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2530万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:221.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.9km/リッター(満タン法)
	拡大

関連キーワード:
ポルトフィーノ, フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • 第106回:フェラーリ並みのオプション地獄 2018.10.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第106回は「フェラーリ並みのオプション地獄」。ディーラー試乗車の「ホンダN-BOX」、筆者がその価格表を見て知った驚愕の事実とは? 今、日本で一番売れている“国民車”、その実態に迫る。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フェラーリ) 2017.9.15 画像・写真 最高出力600ps、最大トルク760Nmを誇るフェラーリの新型4シーターオープン「ポルトフィーノ」が、フランクフルトショー2017でいよいよデビュー。「圧倒的高性能と多用途性の完璧なコンビネーションを有するV8 GT」とうたわれるその姿を、写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
ホームへ戻る