フェラーリ・ポルトフィーノ(後編)

2018.11.22 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの走りについては、これまで違和感を覚えることが多かった谷口信輝だが、オープントップのFRモデル「ポルトフィーノ」に対しては、また違った印象を抱いたようだ。

裏切らないフェラーリ

フェラーリが送り出した新たな4シーターオープンであるポルトフィーノのハンドリングを「これまでのフェラーリより不安感が少ない」と評した谷口信輝。後半では、その理由をさらに考察してもらうことにした。

「僕がフェラーリのハンドリングに抱く不安感って、フロントもリアも、どこが限界なのかちょっと読み切れないところにあったんですよね。でも、このポルトフィーノは、なにかわからないけれど『たぶん裏切らないだろうな』っていう漠然とした安心感というか信頼感があるんですよ」

うーん、その違いを、なんとか具体的に説明してもらえないだろうか?
「このポルトフィーノも、真っすぐ走っているときにちょっとハンドルを切るだけでクルマが右へ、左へと簡単に向きを変えちゃいそうな傾向を持っています。その点は、これまでのフェラーリとそれほど変わりません。なんていうか、直進性がちょっと弱いっていうか、直進付近でステアリングが敏感っていうような感じですね。ところが、ロールの最初の動きが終わって、スタビライザーが働き始めるくらいのところまでくるとクルマのフラフラした感じが収まるんです」

もしかすると、それはスタビが利き始めることでタイヤの接地圧が高まり、グリップ感が改善されるからではないのか?
「うん、そうかもしれませんね。いずれにしても、コーナリングが始まる、そのゼロから“1”に移るところまでが弱い。この辺は、スタビかスプリング/ダンパーのセッティングを変えることでよくなりそうな気がします。あと、直進性はやっぱりサスペンションのアライメントかな。あとはタイヤチョイスとか。そういうところでずいぶん変わりそうな気はします」

いずれにせよ、これまで谷口が乗ったフェラーリの中で、ポルトフィーノのハンドリングが一番安心感の強いものであったことは間違いないようだ。
「そうですね。まだもうちょっと詰める余地はありそうですが、ポルトフィーノだったらわりとすぐにお友達になれそうな気がします」

 
フェラーリ・ポルトフィーノ(後編)の画像拡大
 
フェラーリ・ポルトフィーノ(後編)の画像拡大
 
フェラーリ・ポルトフィーノ(後編)の画像拡大
 
フェラーリ・ポルトフィーノ(後編)の画像拡大

【フェラーリ・ポルトフィーノのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4586×1938×1318mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600ps(441kW)/7500rpm/最大トルク:760Nm(77.5kgm)/3000-5250rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20/(後)285/35ZR20/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2530万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:221.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.9km/リッター(満タン法)


	【フェラーリ・ポルトフィーノのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4586×1938×1318mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600ps(441kW)/7500rpm/最大トルク:760Nm(77.5kgm)/3000-5250rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20/(後)285/35ZR20/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2530万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:221.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.9km/リッター(満タン法)
	拡大

関連キーワード:
ポルトフィーノ, フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
ホームへ戻る