第13回:メルセデス・ベンツCLS(前編)

2018.11.21 カーデザイナー明照寺彰の直言
「メルセデス・ベンツCLS」
「メルセデス・ベンツCLS」拡大

プレスラインの極端に少ない、シンプルなデザインが特徴の「メルセデス・ベンツCLS」。メルセデスが「新世代デザインの嚆矢(こうし)」とうたうこのクルマは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映ったのだろうか?

2004年に誕生した初代「CLS」。今ではおなじみとなった、ドイツプレミアムブランドの4ドア/5ドアクーペの先駆けとなった。
2004年に誕生した初代「CLS」。今ではおなじみとなった、ドイツプレミアムブランドの4ドア/5ドアクーペの先駆けとなった。拡大
3代目となる現行型「CLS」。プレスラインを極力排した、シンプルで丸みを帯びたデザインが特徴。
3代目となる現行型「CLS」。プレスラインを極力排した、シンプルで丸みを帯びたデザインが特徴。拡大
「CLS」の競合車種である「アウディA7スポーツバック」の、フロントまわりのサイドビュー。
「CLS」の競合車種である「アウディA7スポーツバック」の、フロントまわりのサイドビュー。拡大
「CLS」のフロントまわりのサイドビュー。長いノーズに短いフロントオーバーハング、ドアからやや距離を置いて配置されたタイヤなど、FR車ならではの特徴を生かし、さらに強調したスタイリングとなっている。
「CLS」のフロントまわりのサイドビュー。長いノーズに短いフロントオーバーハング、ドアからやや距離を置いて配置されたタイヤなど、FR車ならではの特徴を生かし、さらに強調したスタイリングとなっている。拡大

“プロポーション命”の直球勝負

ほった:……えー。今回のお題はメルセデス・ベンツCLSです。初代の登場時には、日本じゃ「『カリーナED』の再来?」とネガティブな反応が多かったクルマですけど、その後は4ドアクーペ路線が多くのブランドで定着して、市場的には正解だってことが証明されたわけですが……。明照寺さん、どうですか? 3代目のデザインは。

明照寺彰(以下、明照寺):CLSは4ドアですけどクーペなので、“趣味のクルマ”という側面が強いと思います。(タブレットに写真を表示しつつ)で、これが恐らく競合するだろう「アウディA7」。こうして見比べると、新型CLSにはサイドのキャラクターラインというものがないんですね。

永福ランプ(以下、永福):のぺーっとしてますね。

明照寺:下のほうにはありますけど、そこから上には何もないじゃないですか。つまりこれは、完全にプロポーションで見せてる。プロポーションがこうだから成立しているデザインだと思います。

永福:小細工をしていないんですね。

明照寺:アウディA7って、例えばサイドビューの後ろ半分を隠してみると、比較的どこにでもあるセダンに感じますよね。それに対してCLSは、前を隠しても後ろを隠してもスポーティーに見えます。つまり、A7がリアですごく頑張ってクーペライクに見せているのに対して、CLSはFRのプロポーションを武器に、それだけでスポーティーさを十分に表現している。加えて、ウエストラインより下に対して上のキャビンの比率をとても小さくしてる。もうそれだけで、つまりプロポーションだけでクーペの勢いやスポーティーさを表現できているというのが、第一印象ですね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る