新世代「スカイアクティブ」の試金石
新型「アクセラ」からマツダのこれからを思う

2018.11.26 デイリーコラム

失敗が許されないモデルチェンジ

2018年11月26日(現地時間)に開幕するアメリカのロサンゼルスモーターショー。28日(日本時間では29日)には、新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」の世界初公開がアナウンスされている。今回のロサンゼルスショーは、このデビューが最大のトピックと言っていいだろう。なぜなら、マツダの今後10年は、この新型アクセラの出来次第といえるからだ。それには2つの理由がある。

第1には、アクセラがマツダを支える大きな柱のひとつだからだ。2017年4月から2018年3月までのマツダの世界販売は約161万台。その中で最も売れたのが約44万5000台の「CX-5」、次いでアクセラの約44万2000台。この2車種だけでマツダの世界販売の半分以上を占める。つまり、主力モデルであるアクセラは失敗の許されないクルマなのだ。新型の評判が悪ければ、これからのマツダに暗雲が立ちこめることを意味する。

もうひとつの注目の理由は、この新型アクセラからマツダの次世代技術が採用されるからだ。振り返ってみれば、現在のマツダの好調は2010年発表の「スカイアクティブ」テクノロジーから始まった。燃焼効率を追求した高圧縮ガソリンエンジンと低圧縮のディーゼルエンジンや、人馬一体の走りを実現する新世代シャシーなどを発表し、世界を驚かせた。正直、それ以前のマツダはリーマンショックによる影響もあって不調そのもの。毎年数百億円の赤字を垂れ流し続け、倒産さえも噂されていた。まさに崖っぷち。そこで発表されたのがスカイアクティブテクノロジーであり、それがマツダの起死回生の一打となった。

2012年にはエンジン、トランスミッション、シャシーと、クルマの隅々にまでスカイアクティブテクノロジーが採用されたCX-5がデビュー。その後に続くマツダ車たちは第6世代商品群と呼ばれ、どのモデルも非常に高い評価を得た。つまり、現在のマツダの好調さの根源には、スカイアクティブテクノロジーがあると言えよう。

そのスカイアクティブテクノロジーが新世代に進化する。新世代の内燃機関である「スカイアクティブX」、新世代のプラットフォーム、新世代の「魂動」デザイン、新世代の「マツダコネクト」、それらが新型アクセラから世に送り出されるのだ。新世代技術の評判はアクセラだけでなく、今後のマツダ車すべてに影響する。だからこそ、ロサンゼルスショーで発表される新型アクセラが重要となってくるのだ。

2018年のロサンゼルスモーターショーで発表される予定の新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」。
2018年のロサンゼルスモーターショーで発表される予定の新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」。拡大
現行型「アクセラ」は、「CX-5」と並んでマツダの世界戦略を支える基幹車種となっている。
現行型「アクセラ」は、「CX-5」と並んでマツダの世界戦略を支える基幹車種となっている。拡大
マツダ アクセラスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • 人気の「マツダ3」はなぜ受賞を逃したか? 2019-2020の日本カー・オブ・ザ・イヤーを振り返る 2019.12.13 デイリーコラム 2019年5月のデビュー以来、多くのクルマ好きの注目を集めてきた「マツダ3」。人気者でありながら、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれなかったのはなぜか? その理由を識者はこう考える。
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る