第582回:アメリカ版「新しい上司はフランス人」
“日産騒動”以前のルノー史を探る

2018.11.30 マッキナ あらモーダ!

急きょ“アメリカ車”で代用

カルロス・ゴーン日産自動車会長の一件をきっかけに、メディアは一斉にアライアンスパートナーであるルノーとの関係を振り返った。読者諸兄の多くがご存じのとおり、ルノーが経営危機に陥っていた日産を傘下に収めたのは1999年のことであった。

2001年にリリースされたシングル曲『明日があるさ』の歌詞「新しい上司はフランス人」は、まさにこのルノー・日産アライアンスを反映したものといえる。

しかし、そのルノーは日産との関係以前に、別のグローバル展開を図っていた、というのが今回のお話である。

時間は1960年までさかのぼる。ルノーは自社設計の上級モデル「フリゲート」を生産終了した。当時同社が考えたのは、アメリカン・モータース・コーポレーション(AMC)の高級ブランドであるランブラーのインターミディエイト車「クラシック」を組み立て生産することだった。小型大衆車市場を主戦場としていたルノーが、高級車開発への投資を抑えたかったのは十分想像できる。

AMCは米国メーカーでありながら、欧州市場に順応させることが容易なコンパクトな車種をそろえていた。いっぽうAMCからしてみれば、ビッグスリーと違って欧州に強固な足がかりをもたなかったことから、ルノーとの協力体制は、欧州大陸進出の好機と捉えたに違いない。

ルノー版ランブラー・クラシックの生産拠点として選ばれたのは、ベルギーのハーレンにあったルノー工場であった。6気筒3リッターエンジンが搭載されたルノー製ランブラーは、1962年から、モデルチェンジをはさみながら1967年まで約5年にわたって生産された。

かつてルノーにとって、ベルギーはフランスに次ぐ重要な生産拠点であった。参考までに、同国における別の拠点だったビルボールデ工場は、1997年に閉鎖されている。その指揮を執ったのは誰あろう、前年ルノーにやってきたカルロス・ゴーン氏であった。当時ヨーロッパに住み始めたばかりの筆者は、3100人に及んだその従業員解雇が大きな問題として報道されていたのを記憶している。ゴーン氏に初めて「コストカッター」のニックネームがつけられたのも、この件がきっかけだった。

いっぽう南半球でもルノーは、AMCとのつながりを強めてゆく。1950年代、アルゼンチン政府は、自国の自動車産業育成を模索していた。彼らは米国カイザーと提携のもと、インダストリアス・カイザー・アルヘンティーナ(IKA)を1956年に設立した。

やがて1959年になると、そこにルノーが資本参加する。そしてリアエンジンの小型車「ドーフィン」の現地生産を開始した。

初代「ルノー・ランブラー・クラシック」は、ベルギーのルノー工場で組み立て生産された。
初代「ルノー・ランブラー・クラシック」は、ベルギーのルノー工場で組み立て生産された。拡大
全長×全幅=4.83×1.84m。写真は、2010年にフランスで開催された「ルノー4」のイベントに一般参加者が乗って突如現れ、会場を騒然とさせたときのもの。
全長×全幅=4.83×1.84m。写真は、2010年にフランスで開催された「ルノー4」のイベントに一般参加者が乗って突如現れ、会場を騒然とさせたときのもの。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事