メルセデスAMG G63(前編)

2018.11.29 谷口信輝の新車試乗 かつて谷口信輝が酷評した「メルセデス・ベンツGクラス」。その新型もまた、厳しい評価を下されることになるのか? プロのレーシングドライバーが、ハイパフォーマンスSUV「AMG G63」のステアリングを再び握った。

掛け値なしに“フツー”

今回谷口信輝に試乗してもらったのは、デビュー以来39年を経て初のフルモデルチェンジを受け、2代目に生まれ変わったばかりのメルセデスAMG G63。ただし、Gクラスと谷口の間にはちょっとした因縁がある。

先代G63をドライブした谷口は、そのステアリングレスポンスの鈍さに辟易として「このクルマ、完全に圏外だわ。たぶん、あげるって言われてももらいません」と言い放ったのだ。谷口がここまで厳しい評価を下したのは、この連載が始まってから空前にして絶後のことと記憶している。

そんな過去があったから、新型Gクラスに試乗してもらうにも、スタッフの間にはどこかピリピリとした雰囲気が漂っていた。私も心配で心配で、谷口がテストドライブに出発しようとしたとき、あわててその後席に飛び乗ったくらいである。

ところが、どうしたことだろう。谷口はG63を走らせ始めてから1分とたたないうちに、「あれ、先代とはハンドリングが全然違う。フツーじゃないですか」と言い始めたのである。 

この連載をいつも読んでいただいている皆さんであればご存じのとおり、谷口のいう「フツー」は最大限の賛辞だ。
「いやー、全然いいんじゃないんですか」 

そうそう、彼の場合、これもホメ言葉である。
「これは、掛け値なしにフツーですよ」 

 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • BMW R18B(6MT)【レビュー】 2021.9.22 試乗記 BMWのビッグクルーザー「R18」シリーズに、巨大なカウルとサイドケースを備えた「R18B」が登場。ドイツ発のアメリカンツアラーは、どのような走りを味わわせてくれるのか。セグメントのど真ん中に切り込んだBMWの本気度を探った。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る