クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第543回:いよいよ日本でも引き渡し開始
「ホンダジェット」は日本の空を変えるか?

2018.12.23 エディターから一言
右から、ホンダジェット ジャパンの遠野源太郎チーフエグゼクティブ、共同オーナーの山岸広太郎氏、千葉功太郎氏、堀江貴文氏、ホンダ エアクラフト カンパニーの藤野道格社長。
右から、ホンダジェット ジャパンの遠野源太郎チーフエグゼクティブ、共同オーナーの山岸広太郎氏、千葉功太郎氏、堀江貴文氏、ホンダ エアクラフト カンパニーの藤野道格社長。拡大

いよいよ日本でも販売が開始された「ホンダジェット」。ホンダが開発した小さな飛行機は、ビジネスジェット不毛の地であった日本のマーケットを変えるか? 羽田空港で行われた初号機の引き渡しセレモニーの様子をリポートする。

握手を交わすホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(左)と、初オーナーの千葉氏。
握手を交わすホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(左)と、初オーナーの千葉氏。拡大
型式証明書とともに撮影に応じる、国土交通省の蝦名邦晴航空局長(左)とホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(右)。
型式証明書とともに撮影に応じる、国土交通省の蝦名邦晴航空局長(左)とホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(右)。拡大

すでに100機以上が運用される人気モデル

2018年12月20日、東京の羽田空港内にて、ホンダジェットの日本における初号機の引き渡しセレモニーが行われた。オーナーの手に渡ったのは、同機の最新モデル「ホンダジェット・エリート」である。

わが国における最初のオーナーとなったのは、個人投資家の千葉功太郎氏。オンラインゲームを手がけるコロプラ社ファウンダーのひとりで、現在はDrone Fund代表パートナーとして、ドローンによる事業を支援するいわゆるエンジェル投資家だ。千葉氏は、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを提供するグリーの共同創業者である山岸広太郎氏らと、ホンダジェットを共同所有する。

ホンダジェットは、ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニーが手がける小型ビジネスジェット機。2015年から販売が開始され、アメリカ、中南米、ヨーロッパ、中国、インドほかで、すでに100機以上が運用されている。翼の上にエンジンを置く独特のスタイルが特徴で、自然層流翼や、自然層流ノーズを採用した洗練された空力処理、カーボンコンポジットを用いた一体成型型複合材胴体といった、ホンダ独自の開発技術により、クラス最高水準の性能を誇る。

その最新モデルとなるホンダジェット・エリートは、欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018」でデビューを果たしたホンダジェットの改良モデルだ。航続距離が約17%延びただけでなく、客室の静粛性も向上。電子機器のアップデートにより、離着陸時の安定性を上げ、飛行中の安全性もより高度に引き上げられた。

同機は、2018年4月に米国連邦航空局(FAA)から強度、性能、安全性など、諸条件を満たしていることを証明する型式証明を取得。翌月には欧州航空安全局(EASA)、そして12月8日に日本の国土交通省航空局からも型式証明を取得し、今回のオーナーへの引き渡しに至った。

期待がかかる個人需要の開拓

ホンダジェット・エリートの国内受注は6月から開始され、すでに10機を超えるオーダーを得ているという。滑り出し好調だ。同機の販売は、HondaJet Japan(ホンダジェット ジャパン)に指定された丸紅エアロスペースが行い、整備、機体の運用サポートも、同社が担当する。

日本国内には、全国、島しょ部を合わせ、84カ所の運用可能な空港が整備されている。ホンダジェット・エリートは、ベース価格が525万ドル(約5億9000万円)からと、このクラスのジェット機としてはリーズナブルなため、個人ユーザーによる、ビジネス、プライベート用途両面から新しいライフスタイルが開拓されるのではと期待される。

ホンダジェット・エリートのボディーサイズは、全長12.99m、全幅(翼幅)12.12m、全高4.54m。乗員2名、乗客5名、または、乗員1名、乗客6名の、最大7人まで搭乗できる。

最大巡航速度は782km/h。最大運用高度は約1万3000m。燃費の良さも自慢で、2661kmの航続距離を持つ。東京から、北京、上海、さらに台湾への直行も可能だ。

ホンダジェット・エリートのファーストオーナーとなった千葉氏は、なんと同機のテレビコマーシャル(企業CM)を見て購入を決めたという。購入に先立っての同乗飛行では、室内の静かさと、離着陸時の安定性に感銘を受けたと話す。

共同オーナーとなる堀江氏は、キャビンの広さと快適性を絶賛。また、わが国で航空機開発が断絶していたなか、新たな機体を進空させ、エンジンを含めて実用・商用化したことに敬意を表した。同じく共同オーナーの山岸氏は、目先の利益にとらわれない、息の長いプロジェクトの重要性を再確認したという。

日本における納入第1号機。日本で販売される「ホンダジェット」は、高性能版の「エリート」のみとなる。
日本における納入第1号機。日本で販売される「ホンダジェット」は、高性能版の「エリート」のみとなる。拡大
胴体や翼の下ではなく、翼の上にエンジンが搭載されているのが「ホンダジェット」の特徴だ。
胴体や翼の下ではなく、翼の上にエンジンが搭載されているのが「ホンダジェット」の特徴だ。拡大
千葉氏は、テレビコマーシャルを見て「ホンダジェット」の購入を決めたという。
千葉氏は、テレビコマーシャルを見て「ホンダジェット」の購入を決めたという。拡大

果たされた1986年からの悲願

ホンダが航空機の基礎研究をスタートさせたのは、1986年。99年には、小型ターボファンエンジン「HF118」の開発に着手している。その後、機体とは別に、航空エンジンの開発を統括するホンダ エアロ インクを設立。これは、航空機事業の経験が豊富なGEとの合弁会社「GE Honda エアロ エンジンズ」に発展し、量産型小型ターボファンエンジン「HF120」の実用化に成功した。

ホンダジェット・エリートの日本における初号機の引き渡しは、日本が航空機開発の断絶を乗り越え、新たなステージに立ったことを象徴する。ホンダ エアクラフト カンパニーの藤野道格社長は、「ホンダジェットを日本の空で飛ばすことは、われわれの悲願でした」とコメント。「日本におけるビジネスジェットの普及、さらには新しい交通システムの創造を目指していきたい」と抱負を語る。

ビジネスジェット使用の経験が長い堀江氏は、「日本には、ビジネスジェットを運用する経済力も、空港も数多くある。あとは(潜在顧客の)意識次第だ」と、ポテンシャルの高さに言及。「ビジネスジェットなんて、別世界のハナシ」といった感覚が薄まれば、一気に普及する可能性があるという。

ビジネスジェット不毛の地であった日本で、ホンダの航空機がマーケットの起爆剤となるのか。注目される。

(文と写真=ダン・アオキ/編集=堀田剛資)

オーナーに贈られる「ホンダジェット」の模型。
オーナーに贈られる「ホンダジェット」の模型。拡大
日本におけるビジネスジェット市場の可能性について語る、共同オーナーの堀江貴文氏。
日本におけるビジネスジェット市場の可能性について語る、共同オーナーの堀江貴文氏。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。