第543回:いよいよ日本でも引き渡し開始
「ホンダジェット」は日本の空を変えるか?

2018.12.23 エディターから一言
右から、ホンダジェット ジャパンの遠野源太郎チーフエグゼクティブ、共同オーナーの山岸広太郎氏、千葉功太郎氏、堀江貴文氏、ホンダ エアクラフト カンパニーの藤野道格社長。
右から、ホンダジェット ジャパンの遠野源太郎チーフエグゼクティブ、共同オーナーの山岸広太郎氏、千葉功太郎氏、堀江貴文氏、ホンダ エアクラフト カンパニーの藤野道格社長。拡大

いよいよ日本でも販売が開始された「ホンダジェット」。ホンダが開発した小さな飛行機は、ビジネスジェット不毛の地であった日本のマーケットを変えるか? 羽田空港で行われた初号機の引き渡しセレモニーの様子をリポートする。

握手を交わすホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(左)と、初オーナーの千葉氏。
握手を交わすホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(左)と、初オーナーの千葉氏。拡大
型式証明書とともに撮影に応じる、国土交通省の蝦名邦晴航空局長(左)とホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(右)。
型式証明書とともに撮影に応じる、国土交通省の蝦名邦晴航空局長(左)とホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長(右)。拡大

すでに100機以上が運用される人気モデル

2018年12月20日、東京の羽田空港内にて、ホンダジェットの日本における初号機の引き渡しセレモニーが行われた。オーナーの手に渡ったのは、同機の最新モデル「ホンダジェット・エリート」である。

わが国における最初のオーナーとなったのは、個人投資家の千葉功太郎氏。オンラインゲームを手がけるコロプラ社ファウンダーのひとりで、現在はDrone Fund代表パートナーとして、ドローンによる事業を支援するいわゆるエンジェル投資家だ。千葉氏は、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを提供するグリーの共同創業者である山岸広太郎氏らと、ホンダジェットを共同所有する。

ホンダジェットは、ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニーが手がける小型ビジネスジェット機。2015年から販売が開始され、アメリカ、中南米、ヨーロッパ、中国、インドほかで、すでに100機以上が運用されている。翼の上にエンジンを置く独特のスタイルが特徴で、自然層流翼や、自然層流ノーズを採用した洗練された空力処理、カーボンコンポジットを用いた一体成型型複合材胴体といった、ホンダ独自の開発技術により、クラス最高水準の性能を誇る。

その最新モデルとなるホンダジェット・エリートは、欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018」でデビューを果たしたホンダジェットの改良モデルだ。航続距離が約17%延びただけでなく、客室の静粛性も向上。電子機器のアップデートにより、離着陸時の安定性を上げ、飛行中の安全性もより高度に引き上げられた。

同機は、2018年4月に米国連邦航空局(FAA)から強度、性能、安全性など、諸条件を満たしていることを証明する型式証明を取得。翌月には欧州航空安全局(EASA)、そして12月8日に日本の国土交通省航空局からも型式証明を取得し、今回のオーナーへの引き渡しに至った。

あなたにおすすめの記事
新着記事