第587回:デザインもコンセプトも再評価の機運!?
初代「フィアット・パンダ」に迫る乱獲の危機

2019.01.11 マッキナ あらモーダ!

フィアット会長も愛用していた

初代「フィアット・パンダ」は、モデルイヤーとしては1980年が最初である。だが、実は1979年9月にローマで報道関係者に公開されている。そこを基点とすると、2019年はちょうど誕生40年ということになる。
 
2018年11月、ミラノで1台の初代「パンダ4×4」がレストアされた。このパンダの元オーナーは、フィアット創業家出身でグループの総帥として長きにわたって君臨したジョヴァンニ・アニェッリ(1921-2003年)である。

復元を手がけたのは、カスタマイズ工房のガレージ・イタリアだ。同工房を主宰するのはファッションブランド、イタリア・インディペンデントのオーナーでもあるラポ・エルカンである。彼はアニェッリの孫であり、現在そのパンダ4×4の所有者である。つまり、祖父が乗っていたクルマをレストアしたというわけだ。

『ラ・スタンパ』紙の電子版2018年11月16日付によれば、存命中にアニェッリは何と合計11台ものパンダを所有。ウインタースポーツ好きであったことから、特に冬のリゾートで愛用していたという。

たとえ社主のクルマといえ、メカニズムに関しては、まったくカタログのままである。いっぽうボディーは明るいグレーにブルーとブラックのラインが引かれている。

アニェッリは生前、フェラーリを含む数々のカスタムメイド車を自らのガレージに収めていたが、その多くは今回のパンダ同様シルバーで、これまた同じくブルーのラインが施されていた。

内装に関して言えば、今回ガレージ・イタリアは、ちょっとしたしゃれを施した。メンズファッションに詳しい人には垂涎(すいぜん)の服地メーカー、ヴィターレ・バルベリス・カノニコの生地を、ダッシュボードやドア内張りに惜しげもなく使ったのだ。

生前のアニェッリはイタリアを代表する伝説のファッショニスタで、没後15年が経過した今でもファッション誌で「アニェッリ・スタイル」として時折特集が組まれる。そのような彼であったから、孫の粋な計らいを天国で喜んでいるに違いない。

「ガレージ・イタリアが修復を手がけた元ジョヴァンニ・アニェッリの初代「フィアット・パンダ4×4」。
「ガレージ・イタリアが修復を手がけた元ジョヴァンニ・アニェッリの初代「フィアット・パンダ4×4」。拡大
ウインタースポーツを生涯愛したアニェッリは、主にスキーリゾートでの足として「パンダ4×4」を用いた。
ウインタースポーツを生涯愛したアニェッリは、主にスキーリゾートでの足として「パンダ4×4」を用いた。拡大
アニェッリの個人用車両の“しきたり”に従い、サイドにはブルーとブラックのラインが付加されている。
アニェッリの個人用車両の“しきたり”に従い、サイドにはブルーとブラックのラインが付加されている。拡大
参考までに、これはアニェッリが特注した1986年「フェラーリ・テスタロッサ」のスパイダー仕様。やはりブルーのラインがアクセントとして加えられている。コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2016にて。
参考までに、これはアニェッリが特注した1986年「フェラーリ・テスタロッサ」のスパイダー仕様。やはりブルーのラインがアクセントとして加えられている。コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2016にて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事