第545回:デトロイトショー2019でキーマンを直撃
新型「トヨタGRスープラ」開発秘話

2019.01.19 エディターから一言
2019年の北米国際自動車ショーにて世界初公開された「トヨタ・スープラ」。
2019年の北米国際自動車ショーにて世界初公開された「トヨタ・スープラ」。拡大

2002年の生産終了以来、実に17年半ぶりに復活を果たしたトヨタのスポーツクーペ「スープラ」。兄弟車である「BMW Z4」との違いは? BMWとの協業はどのようにして進められたのか? 発表の舞台となった北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2019の会場で、開発責任者に話を聞いた。

プレスカンファレンスにて、新型「スープラ」を紹介するトヨタ自動車の豊田章男社長。
プレスカンファレンスにて、新型「スープラ」を紹介するトヨタ自動車の豊田章男社長。拡大
発表のステージには、ルマン24時間耐久レースで「TS050ハイブリッド」をドライブして優勝した、レーシングドライバーのフェルナンド・アロンソも登場した。
発表のステージには、ルマン24時間耐久レースで「TS050ハイブリッド」をドライブして優勝した、レーシングドライバーのフェルナンド・アロンソも登場した。拡大
新型「スープラ」は1978年に登場した初代(日本名「セリカXX」)から数えて5代目のモデルにあたり、資料では「GRスープラ」という名称でも紹介されている。
新型「スープラ」は1978年に登場した初代(日本名「セリカXX」)から数えて5代目のモデルにあたり、資料では「GRスープラ」という名称でも紹介されている。拡大
新型「スープラ」の開発を主導した、トヨタ自動車の多田哲哉さん。
新型「スープラ」の開発を主導した、トヨタ自動車の多田哲哉さん。拡大

「トヨタ86/スバルBRZ」の成功を受けて

2019年のデトロイトモーターショーで、いよいよワールドプレミアを迎えたトヨタGRスープラ。世界耐久選手権や世界ラリー選手権をはじめとするレース活動のみならず、ストリート向けスポーツモデルの開発部門としてもトヨタが擁するTOYOTA GAZOO Racing=GRブランドの冠を抱く、初めてのグローバルモデルというのが大きな触れ込みのひとつでもある。

一方で、開発から生産体制の構築において、BMWとのパートナーシップが生かされた点も自動車好きには興味深いところだろう。GRスープラの開発責任者である多田哲哉さんに、ワールドプレミアに至ったところまでの背景をデトロイトでうかがった。

「GRスープラの企画が立ち上がった、その端緒にさかのぼれば2012年の5月になります。当時、私は欧州市場向けの『86』のメディア試乗会の対応で渡欧していたのですが、突然本社の上層部から電話が入りまして、ミュンヘンに行ってこいと。それは結局BMWとの協業にまつわる可能性をさまざまな角度からリサーチする、その一環だったわけですが、まぁ私としては突然のことで、何が何やらという感じではありました」

多田さんがこの時点でコンフィデンシャルなプロジェクトの一翼を担うことになった理由は、当然ながらスバルとの協業をまとめた成果としての「86/BRZ」を世に送り出した実績があったからだろう。

「私に求められているのはスポーツ系のモデルの開発でしょうから、頭の中では当然可能性を模索します。当時トヨタのパワートレインのポートフォリオになく、BMWにある財産といえばご存じの通りストレート6です。スープラにまつわるトヨタ社内の思いも肌で感じていたところもありましたし、その新型の開発提案というところまでは割とスムーズにたどり着きました」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る