第121回:われら中高年カーマニア

2019.01.29 カーマニア人間国宝への道

フェラーリ大健闘のワケ

それにしてもナゼ、「カッコだけで全然速くない」と思われていた「フェラーリ328GTS」が、R32「GT-R」に5連勝し、「ランエボVI」に惜敗できたのか!?

いまさら古いクルマの加速がどーたらなんて、まったくどうでもいいことではありますが、懐かしのスポーツカーとなると目の色が変わってしまう世代ですので、ウルトラ真剣に原因を探ってみたいと思います。

まずはカーマニアの基本に返って、スペックを比較してみよう!

<R32 スカイラインGT-R>
最高出力:280ps
最大トルク:36.0kgm
車両重量:1500kg(VスペックII)

<ランサーエボリューションVI>
最高出力:280ps
最大トルク:38.0kgm
車両重量:1360kg

<フェラーリ328GTS>
最高出力:270ps
最大トルク:31.0kgm
車両重要:1350kg(車検証記載値)

パワーウェイトレシオだけを見ると、328とランエボVIはほとんど同じ。いっぽうR32 GT-Rは、ボディーが重い分スペックが落ちる。つまり、今回の加速対決の結果とズバリ合致する。そ、そーなんスかね!? 

ちなみに、フェラーリの公式スペックは全然アテにならないというのが定説だったが、この車両重量は車検証記載のものなので大丈夫なはず(公式スペックでは1286kg?)。馬力やトルクも、高速カムで触媒のないヨーロッパ仕様なら、おおむね信用していいのではないか。

50代カーマニア3名&3台による決戦! 左から「フェラーリ328GTS」オーナーの筆者、R32型「日産スカイラインGT-R」オーナーのミウラさん、「三菱ランサーエボリューションVI」オーナーの池之平昌信カメラマン。
50代カーマニア3名&3台による決戦! 左から「フェラーリ328GTS」オーナーの筆者、R32型「日産スカイラインGT-R」オーナーのミウラさん、「三菱ランサーエボリューションVI」オーナーの池之平昌信カメラマン。拡大
ミウラさんの愛車、R32型「日産スカイラインGT-R」。(写真=池之平昌信)
ミウラさんの愛車、R32型「日産スカイラインGT-R」。(写真=池之平昌信)拡大
池之平カメラマンの愛車、「三菱ランサーエボリューションVI」。(写真=池之平昌信)
池之平カメラマンの愛車、「三菱ランサーエボリューションVI」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事