なんで北米専売なの!?
STIのスペシャルマシン「S209」に思うこと

2019.01.30 デイリーコラム

諦める理由を探しつつ……

STI(スバルテクニカインターナショナル)のコンプリトーカーの最高峰「Sシリーズ」初となる米国市場向けモデル「S209」がデトロイトモーターショーで発表され、日本のスバリストは騒然となった。

最大の注目ポイントは、最高出力341psというスバル車史上最強のスペックと、ド派手なオーバーフェンダーによるワイドボディー。見た目からしてこれまでのSシリーズとは一線を画す迫力があり、「最近のSTIコンプリートカーにはなかった領域まで踏み込んだ!」と思えた。全幅は1839mmほどと、かなりワイドになっている。

どうやらリアフェンダーは後付けの様子で、伝説の名車「インプレッサ22B STiバージョン」で見られた鋼板プレス製のブリスターフェンダーのように「ホワイトボディーのリアクオーターパネルを一度切断してからブリスターフェンダーのパネルを溶接する」というほど手の込んだものではないものの、フロントフェンダーはS209専用とのことだ。

エアロパーツも、より機能的で大胆なデザインになっており、やはり、外観については相当踏み込んだといえる。北米専売車でこれを実現したのは、日本のスバルファンとしては複雑な心境で、悔しさと寂しさが禁じ得ないという人も多かったはず。実際、そういった声はちまたに噴出していた。

「S208」の正当な後継モデルというのに北米専売とは! 日本のスバリストの間では、スバルの北米市場傾注のさらなる高まりを危惧するそんな声も聞こえてきた。しかし、逆の立場になって考えると、是非に及ばずという思いもある。これまで北米のSUBIE(熱狂的なスバルファン)たちは、Sシリーズが日本でしか売られないことに長らく耐え忍んできたので、今回ばかりは北米SUBIEたちの積年の夢がついにかなったと思えば諦めがつく。

2019年1月14日から27日まで開催された北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)。そのスバルブースでファンを喜ばせたのが、写真の「S209」だ。「Sシリーズ」としては初めて、北米市場で販売される。
2019年1月14日から27日まで開催された北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)。そのスバルブースでファンを喜ばせたのが、写真の「S209」だ。「Sシリーズ」としては初めて、北米市場で販売される。拡大
「S209」のリアまわりは、大きなドライカーボン製リアウイングや4本出しのエキゾーストパイプが目を引く。
「S209」のリアまわりは、大きなドライカーボン製リアウイングや4本出しのエキゾーストパイプが目を引く。拡大
メッシュタイプのフロントグリル。STIのイメージカラーとしておなじみの、チェリーレッドのストライプが添えられる。
メッシュタイプのフロントグリル。STIのイメージカラーとしておなじみの、チェリーレッドのストライプが添えられる。拡大
スバル WRX STI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(前編) 2020.9.3 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回ステアリングを握ったのは、スバルとそのファンにとって特別な意味を持つ「WRX STI EJ20ファイナルエディション」。その仕上がりは、走りのプロの目にどう映ったのか?
  • テールゲートは足で開けてスライドドアは手で開ける 「ホンダ・オデッセイ」のジェスチャー装備の不思議 2020.11.11 デイリーコラム マイナーチェンジした「ホンダ・オデッセイ」には手のジェスチャーで開けられるパワースライドドアが備わった。一般的にこうした装備はつま先で操作するものが多いが、ホンダが“手”にこだわったのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る