第548回:レクサスが全国各地の若き匠のモノづくりを支援
「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2018」をリポート

2019.02.02 エディターから一言
「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2018プレゼンテーション」の会場にて。日本全国から総勢50人の匠が集結した。
「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2018プレゼンテーション」の会場にて。日本全国から総勢50人の匠が集結した。拡大

今年で3回目を迎えた「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT(レクサス ニュー タクミ プロジェクト)」、その集大成となる制作発表イベント(商談会)が2019年1月24日に東京・日比谷で開催された。会場で出会った匠(たくみ)たちに、作品に込める思いを聞いた。

匠として選出されるのは、各都道府県から約1人ずつ。その一人ひとりが主役となったポートレートからは、それぞれの個性が見て取れる。
匠として選出されるのは、各都道府県から約1人ずつ。その一人ひとりが主役となったポートレートからは、それぞれの個性が見て取れる。拡大
サポートメンバーの皆さん。左から川又俊明さん、小山薫堂さん、生駒芳子さん、下川一哉さん。
サポートメンバーの皆さん。左から川又俊明さん、小山薫堂さん、生駒芳子さん、下川一哉さん。拡大
小山薫堂さん(左)から「注目の匠」に選ばれた高知県代表の木工家具職人、岡部創太さん(右)。「手を加えずに、素材の力だけで作ろうと悩んだが、そこを理解してもらえてうれしい」と語った。
小山薫堂さん(左)から「注目の匠」に選ばれた高知県代表の木工家具職人、岡部創太さん(右)。「手を加えずに、素材の力だけで作ろうと悩んだが、そこを理解してもらえてうれしい」と語った。拡大
サポートメンバーの川又俊明さん(右)から「注目の匠」に選ばれたのは奈良県代表の木工作家、平井健太さん(右から2番目)。杉材を使った曲木の技術が高く評価された。
サポートメンバーの川又俊明さん(右)から「注目の匠」に選ばれたのは奈良県代表の木工作家、平井健太さん(右から2番目)。杉材を使った曲木の技術が高く評価された。拡大

日本のモノづくりを世界へ

LEXUS NEW TAKUMI PROJECTは、まだ広く世に知られていない若手の職人・工芸家・デザイナーの才能を発掘し、彼らの新たなモノづくりが、ゆくゆくは世界レベルで戦えるようなプロダクトとして世に出るのを後押しするというもの。

3年目となる本年度の匠は総勢50人。制作にあたっては、初年度からスーパーバイザーを務めるプロデューサーの小山薫堂さんや、サポートメンバーとして参加している、アートプロデューサーの生駒芳子さんら4人が匠たちの工房に足を運び、直接アドバイスを行ってきたという。

今回選ばれた「注目の匠」は、革職人や瀬戸焼作家など4人。サポートメンバー全員が「迷いに迷った」と口にする中、スーパーバイザーの小山さんの心をつかんだのは、高知県の岡部創太さんが制作した、木工のイスだった。

小山さんは、廃材ならではの素朴な風合いを残した作品を前に、
「見た瞬間、使ってみたいと思ったし、木の持つ力や運命みたいなものを感じた」と講評、置きたい場所もひらめいたと、作品の印象を語った。

さらに、この作品を通じて多くの匠に伝えたいこととして、こう続けた。
「匠の方は、技を使って、誠実にやるほどいいものができると信じている場合が多い。ところが、消費者にとっては、コストが上がり過ぎたり、その前段階で十分に素晴らしいものであったりすることもある。誠実な仕事だけが完璧ではないし、今までやってきたことだけを極めていくことが正解ではないということを、ぜひ知っていただきたい」(要約)

小山さんによる、前向きな“手抜きのススメ”は、3年間を通して得られたひとつの指針として、今後大きな意味を持っていくのではないだろうか。

あなたにおすすめの記事
新着記事