クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第548回:レクサスが全国各地の若き匠のモノづくりを支援
「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2018」をリポート

2019.02.02 エディターから一言 スーザン史子
「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2018プレゼンテーション」の会場にて。日本全国から総勢50人の匠が集結した。
「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2018プレゼンテーション」の会場にて。日本全国から総勢50人の匠が集結した。拡大

今年で3回目を迎えた「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT(レクサス ニュー タクミ プロジェクト)」、その集大成となる制作発表イベント(商談会)が2019年1月24日に東京・日比谷で開催された。会場で出会った匠(たくみ)たちに、作品に込める思いを聞いた。

匠として選出されるのは、各都道府県から約1人ずつ。その一人ひとりが主役となったポートレートからは、それぞれの個性が見て取れる。
匠として選出されるのは、各都道府県から約1人ずつ。その一人ひとりが主役となったポートレートからは、それぞれの個性が見て取れる。拡大
サポートメンバーの皆さん。左から川又俊明さん、小山薫堂さん、生駒芳子さん、下川一哉さん。
サポートメンバーの皆さん。左から川又俊明さん、小山薫堂さん、生駒芳子さん、下川一哉さん。拡大
小山薫堂さん(左)から「注目の匠」に選ばれた高知県代表の木工家具職人、岡部創太さん(右)。「手を加えずに、素材の力だけで作ろうと悩んだが、そこを理解してもらえてうれしい」と語った。
小山薫堂さん(左)から「注目の匠」に選ばれた高知県代表の木工家具職人、岡部創太さん(右)。「手を加えずに、素材の力だけで作ろうと悩んだが、そこを理解してもらえてうれしい」と語った。拡大
サポートメンバーの川又俊明さん(右)から「注目の匠」に選ばれたのは奈良県代表の木工作家、平井健太さん(右から2番目)。杉材を使った曲木の技術が高く評価された。
サポートメンバーの川又俊明さん(右)から「注目の匠」に選ばれたのは奈良県代表の木工作家、平井健太さん(右から2番目)。杉材を使った曲木の技術が高く評価された。拡大

日本のモノづくりを世界へ

LEXUS NEW TAKUMI PROJECTは、まだ広く世に知られていない若手の職人・工芸家・デザイナーの才能を発掘し、彼らの新たなモノづくりが、ゆくゆくは世界レベルで戦えるようなプロダクトとして世に出るのを後押しするというもの。

3年目となる本年度の匠は総勢50人。制作にあたっては、初年度からスーパーバイザーを務めるプロデューサーの小山薫堂さんや、サポートメンバーとして参加している、アートプロデューサーの生駒芳子さんら4人が匠たちの工房に足を運び、直接アドバイスを行ってきたという。

今回選ばれた「注目の匠」は、革職人や瀬戸焼作家など4人。サポートメンバー全員が「迷いに迷った」と口にする中、スーパーバイザーの小山さんの心をつかんだのは、高知県の岡部創太さんが制作した、木工のイスだった。

小山さんは、廃材ならではの素朴な風合いを残した作品を前に、
「見た瞬間、使ってみたいと思ったし、木の持つ力や運命みたいなものを感じた」と講評、置きたい場所もひらめいたと、作品の印象を語った。

さらに、この作品を通じて多くの匠に伝えたいこととして、こう続けた。
「匠の方は、技を使って、誠実にやるほどいいものができると信じている場合が多い。ところが、消費者にとっては、コストが上がり過ぎたり、その前段階で十分に素晴らしいものであったりすることもある。誠実な仕事だけが完璧ではないし、今までやってきたことだけを極めていくことが正解ではないということを、ぜひ知っていただきたい」(要約)

小山さんによる、前向きな“手抜きのススメ”は、3年間を通して得られたひとつの指針として、今後大きな意味を持っていくのではないだろうか。

レクサス の中古車

匠たちの新たな挑戦

サポートメンバーが選んだ匠以外に、記者が注目した匠たちを紹介したい。

まずは、鹿児島県の薩摩錫(すず)器職人・岩切洋一さん。2014年の福岡モーターショーで出展された、レクサスの九州オリジナルカスタマイズカーの制作にかかわったメンバーのひとりだ。ステアリング部のエンブレムやリムの装飾、タンブラー制作を担当している。

今回出展しているのは錫製の茶筒。金属としては比較的やわらかいといわれる錫を、1000分の1mm単位で加工する高い技術を要する。

実際に手に取り、蓋(ふた)の開け閉めをしてみると、筒と蓋とがまるで磁石のように吸い付く感覚があり心を奪われた。気密性が高く、自然にゆっくりと蓋が閉まる様子は優雅でもある。

「ステイタスの高いクルマに伝統工芸を施せるというのは、すごくうれしいこと。これから登場するクルマにも実際に取り入れられるといいなと思います」(岩切さん)。

兵庫県の漆芸家、江藤雄造さんは、透明なアクリル板の表と裏に桜やチョウの蒔絵(まきえ)を施したアート作品『夢見華蝶図』を出展。板を重ねることによって生まれる立体的な見え方や影を楽しめる作風が目を引いた。

制作期間は約半年。漆を塗っては乾かすということを繰り返し、最終的に金粉や銀粉、プラチナ紛を蒔(ま)いて描いていくが、アクリルと漆は定着しにくいため、独自の加工をして漆を塗り重ねている。

「桜の花には銀、白いチョウの部分にはプラチナを使用しています。プラチナには色が変わる性質はありませんが、銀は腐食すると薄ピンク色に変わるので、桜にぴったりなんですよ。以前乗っていたクルマには、Aピラーの内側に黒い漆を塗って、その上に桜の花びらを全面に散らしていました」(江藤さん)

「とにかく、モノをつくることが好きなんです」。その生き生きとした口ぶりから、江藤さんの創作意欲の強さが伝わってくる。

新潟・白根仏壇の伝統工芸士、佐藤裕美さんも蒔絵のプロだ。
代々仏壇の製造販売を手がける家に生まれ、自身で6代目。伝統工芸士の両親のもとで修業し、20年のキャリアを積む。

今回出展したのは、ステンレス製の酒器の内側に蒔絵を施したもの。水や酒を注ぐと、注いだ部分だけ色が変わり、金や銀の蒔絵が輝きを増す。

「最初はモダンな和柄がいいと思い、市松模様などを描いていたんですが、噴きつけたり、スポンジでポンポンと叩いたりして蒔絵したものを遊び感覚で作ってみたんです。それが、サポートメンバーの方から好評で。『これがいい、むしろ偶然のなりゆきでいい』と。描くということを封じられたという点で、とても新鮮でした」(佐藤さん)

(有)岩切美巧堂 専務取締役の岩切洋一さん。家業を継ぎ、錫加工の世界へ。クルマ好きでレクサスオーナーでもある。
(有)岩切美巧堂 専務取締役の岩切洋一さん。家業を継ぎ、錫加工の世界へ。クルマ好きでレクサスオーナーでもある。拡大
岩切さんが手がけた茶筒とタンブラー。タンブラーは1万円程度から購入できる。
岩切さんが手がけた茶筒とタンブラー。タンブラーは1万円程度から購入できる。拡大
江藤漆美術工芸の江藤雄造さん。中学生の頃から親元で修業し、蒔絵を学ぶ。大のクルマ好きで、車高調整やボディーのFRP加工なども自ら行う。
江藤漆美術工芸の江藤雄造さん。中学生の頃から親元で修業し、蒔絵を学ぶ。大のクルマ好きで、車高調整やボディーのFRP加工なども自ら行う。拡大
江藤さんが手がけた『夢見華蝶図』。
江藤さんが手がけた『夢見華蝶図』。拡大
金魚をモチーフとした体感型アートでアクリル板を3枚重ねることによって立体的に見せている。「これのもっと大きなサイズのものを作って、上にクルマを乗せてステージのように見せるのもカッコいいと思いますよ!」と江藤さん。(写真=江藤雄造)
金魚をモチーフとした体感型アートでアクリル板を3枚重ねることによって立体的に見せている。「これのもっと大きなサイズのものを作って、上にクルマを乗せてステージのように見せるのもカッコいいと思いますよ!」と江藤さん。(写真=江藤雄造)拡大
林佛壇店の6代目、佐藤裕美さん。仏壇用のお鈴(りん)などの蒔絵を手がけるほか、イラストレーターとしても活躍中。
林佛壇店の6代目、佐藤裕美さん。仏壇用のお鈴(りん)などの蒔絵を手がけるほか、イラストレーターとしても活躍中。拡大
佐藤さんの作品「宙COCORO」シリーズ。小さいサイズの猪口(ちょこ)と大きいサイズのタンブラーの2種類を用意。器は長岡市のササゲ工業とのコラボ作品で、特殊加工によりステンレス皮膜を厚くすることで光の屈折率を変化させ、色が変わって見えるよう仕上げている。(写真=佐藤裕美)
佐藤さんの作品「宙COCORO」シリーズ。小さいサイズの猪口(ちょこ)と大きいサイズのタンブラーの2種類を用意。器は長岡市のササゲ工業とのコラボ作品で、特殊加工によりステンレス皮膜を厚くすることで光の屈折率を変化させ、色が変わって見えるよう仕上げている。(写真=佐藤裕美)拡大

3年間の集大成イベントを予定

蒔絵師であるにもかかわらず、「描くということを封じられた」という佐藤さんの言葉は印象的だ。先に触れた小山さんの提言にも通ずる部分がある。

サポートメンバーのひとり、生駒芳子さんは選考後の総評で、以下のように述べた。
「この段階にきて、私たちがチェックするのは価格。ものすごく作られたものがいいのはわかっているが、『この価格かな?』というものもあった。作って終わりではなく、マーケットの中で実際に使っていただく方の手に届くことが、このプロジェクトのこれからの課題になると思います」

全方位的に力を注ぐのではなく、こだわりにもメリハリをつけ、製品として適正な価格で販売できるようにすることも重要なのだ。

その製品化の一歩として、レクサスでは新たな試みをスタートさせている。

これまでこのプロジェクトに関わってきた4人の匠の作品を「LEXUS collection」の新商品として打ち出し、販売を始めたのだ。

また、2019年の秋ごろには、3年間の活動の区切りとして、これまで参加した匠とその作品とが一堂に会するイベントを企画している。匠の作品だけでなく、匠と世界で活躍するクリエイターとがコラボレートしたインスタレーションも発表する予定だ。

世界への扉を開くプロジェクト、今後の展開が楽しみだ。

(文と写真=スーザン史子)

島根県代表の陶芸家、岩佐昌昭さんは、服飾関連の仕事から陶芸家に転身。住職としての活動も行いながら、箔を押した陶胎漆器(とうたいしっき・漆塗りを施した陶器)を手がける。オリジナルブランド「枯銀(こぎん)」を展開。
島根県代表の陶芸家、岩佐昌昭さんは、服飾関連の仕事から陶芸家に転身。住職としての活動も行いながら、箔を押した陶胎漆器(とうたいしっき・漆塗りを施した陶器)を手がける。オリジナルブランド「枯銀(こぎん)」を展開。拡大
山梨県代表の貴石彫刻家、詫間宝石彫刻の詫間康二さん。金工加工を学び、家業である貴石彫刻の道へ。石の特徴を生かしながら地金加工と融合させた作品を多く発表している。
山梨県代表の貴石彫刻家、詫間宝石彫刻の詫間康二さん。金工加工を学び、家業である貴石彫刻の道へ。石の特徴を生かしながら地金加工と融合させた作品を多く発表している。拡大
詫間さんが制作したのはショットグラス。世界各地から集めた個性的な水晶を加工し、天然石ならではの表情を楽しめるものとした。
詫間さんが制作したのはショットグラス。世界各地から集めた個性的な水晶を加工し、天然石ならではの表情を楽しめるものとした。拡大
東京・日比谷の「LEXUS MEETS...」にて。2017年度の「注目の匠」に選出された東 福太郎さんの作品、桐のビア杯が販売されていた。
東京・日比谷の「LEXUS MEETS...」にて。2017年度の「注目の匠」に選出された東 福太郎さんの作品、桐のビア杯が販売されていた。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

レクサス の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。