第590回:大矢アキオが思わず男泣き!
イタリアの古典車認定リストに“あのクルマ”の名を発見

2019.02.01 マッキナ あらモーダ!

「古典車」になるメリット

日本では新型「トヨタ・スープラ」が話題である。

イタリアでは、筆者が知る限り一般のテレビニュースでこそ報道されていないが、自動車専門サイトを開けば、それなりにピックアップされている。

『クアトロルオーテ』電子版は、「日本スポーツカーの復活」と題し、2019年夏以降のデリバリーであることや価格が6万9600ユーロ(約868万円)であることを記している。加えて、オフィシャルフォトを中心に全102枚からなるギャラリーも展開した。

『モーター1ドットコム』は、初代(A50型:日本では2代目「セリカ」)から始まる歴史写真ギャラリーを公開している。

ただし、米国と違い欧州では歴代スープラの導入台数が少なく、知名度も低い。したがって近い将来、ヨーロッパのヤングタイマー市場で先代モデルが値上がりするかは今後の推移を見守るしかない。

それにちなみ、今回はイタリアにおけるヒストリックカー優遇制度の話をしよう。

2019年1月現在イタリアでは、製造後30年以上が経過した四輪車および二輪車に各種優遇措置が適用される。

年間の自動車税は通常数百ユーロかかるところが、ひと桁少ない数十ユーロに減免される。自動車保険も7割程度安くなり、100~200ユーロ台(車両保険含まず)になる。

ヒストリックカーに認定されると、原則として走行はミーティングへの参加やイベントでのパレード走行、およびそれに伴う往復に限定される。それでも維持費が節約できる手段であることから、多くの人が認定取得を目指す。

またヒストリックカーのスワップミートなどで「ASI認定済み」(詳細は後述)は、格好の売り口上である。

2019年に発表された新型「トヨタ・スープラ」。これにつられて欧州で、先代の人気が、どこまで上昇するかは未知数だ。
2019年に発表された新型「トヨタ・スープラ」。これにつられて欧州で、先代の人気が、どこまで上昇するかは未知数だ。拡大
ASIのヒストリックカー判定員ジャンニ氏。「アウトビアンキY10」のミーティングにて。
ASIのヒストリックカー判定員ジャンニ氏。「アウトビアンキY10」のミーティングにて。拡大
ASIのヒストリックカー認定プレートの例。
ASIのヒストリックカー認定プレートの例。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事