“アレ”との戦いに明け暮れた50年
東名高速道路の歴史を振り返る

2019.02.04 デイリーコラム

名神高速道路から4年遅れでの開業

東名高速道路が全線開通して、間もなく50年になるそうです。

現在57歳の不肖ワタクシは、開業当時7歳だったわけでして、その頃東名を走った記憶はございませんが、小学校低学年の頃に遠足のバスが東京インターを通りかかり、バスガイドさんが「これが東名高速道路の東京インターでございます」的に案内してくれたのを覚えています。

その頃、東名はまだ首都高とはつながっておらず、環八が終点。そして、世田谷区用賀なんてまるでド田舎。そんなところに「東京インター」なる、東京を代表するっぽいインターチェンジができていることに、子どもながらに「不思議だなぁ」と思いました。自分が住んでたのは練馬区だったので、やっぱド田舎だったけど。

ところで50周年ということは、全線開通したのは1969年。名神は1965年なので、4年も遅れたわけです。

理由は、ルートがなかなか決まらず、政治闘争になったから。当初、東京-名古屋間の高速道路は、現在のリニア新幹線とほぼ同様、最短距離の南アルプスぶち抜きルートが計画されていたのです。そこに「そりゃムリだろ」という反対意見が上がり、中央ルート対東名ルートの激しい衝突となって、「取りあえず名神が先ね」ってことになったんですね。

その後ルート争いは東名の勝利に終わり、1969年に全線開通となったわけですが、私が東名をちゃんと走るようになったのは、免許を取った1980年からでした。

その頃の東名は、東京-厚木間のみ片側3車線で、そっから先は全線2車線。週末はそりゃもう恐ろしい渋滞が発生しました。特に上り線。なぜか下り渋滞の記憶はないです。スイマセン。

当時の東名上りのボトルネックは、「都夫良野トンネル」と「綾瀬バス停」付近。特に都夫良野トンネルがひどかった。別に合流があるわけじゃなく、上り坂とトンネルが複合したサグ渋滞でした。

都夫良野地獄が終わったのは1991年。御殿場-大井松田間に、別線の新上り線が完成したのです! これで都夫良野トンネル渋滞は解消! バンザーイ!

東名高速道路(青い線)と新東名高速道路(赤い線)。NEXCO中日本によれば、東名整備による経済効果は、1969年から2018年までの50年間で、約60兆円にのぼるという。
東名高速道路(青い線)と新東名高速道路(赤い線)。NEXCO中日本によれば、東名整備による経済効果は、1969年から2018年までの50年間で、約60兆円にのぼるという。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事