第549回:世界ラリー選手権がいよいよ開幕!
モンテカルロから世界最高峰の戦いをリポート

2019.02.07 エディターから一言
不運に見舞われながらも、終わってみれば6位完走を果たしたトヨタのクリス・ミーク。最終SSのパワーステージでは圧巻の速さをみせた。
不運に見舞われながらも、終わってみれば6位完走を果たしたトヨタのクリス・ミーク。最終SSのパワーステージでは圧巻の速さをみせた。拡大

いよいよ開幕した2019年の世界ラリー選手権(WRC)。今シーズンの見どころは? 初戦となったラリー・モンテカルロの結果は? 世界中を飛び回るカメラマンが、ラリーの魅力をスペシャルステージ(SS)の際からお届けする。

例年と比べて雪が少なかったラリー・モンテカルロ。天候に恵まれ、各ステージには多くのギャラリーが集まった。あまりに観客が多すぎてキャンセルされたステージも……。
例年と比べて雪が少なかったラリー・モンテカルロ。天候に恵まれ、各ステージには多くのギャラリーが集まった。あまりに観客が多すぎてキャンセルされたステージも……。拡大
ヒュンダイへと電撃移籍したセバスチャン・ローブ。チームは変わってもその人気は全く衰えず、どこに行ってもファンに囲まれていた。
ヒュンダイへと電撃移籍したセバスチャン・ローブ。チームは変わってもその人気は全く衰えず、どこに行ってもファンに囲まれていた。拡大

古巣シトロエンに復帰したセバスチャン・オジェ。地元でもあるモンテカルロは、オジェのためにあるようなラリーで、今大会で連勝記録を6に伸ばしてみせた。


	古巣シトロエンに復帰したセバスチャン・オジェ。地元でもあるモンテカルロは、オジェのためにあるようなラリーで、今大会で連勝記録を6に伸ばしてみせた。
	拡大
ここ数年、チャンピオン獲得が期待されるも最後に自滅することが多かったティエリー・ヌービル。今年こそベルギー人初のチャンピオンとなるか?
ここ数年、チャンピオン獲得が期待されるも最後に自滅することが多かったティエリー・ヌービル。今年こそベルギー人初のチャンピオンとなるか?拡大

あの“絶対王者”が新天地へ

あっという間のシーズンオフが終わり、早くも開幕を迎えた2019年のWRC。「あっという間」とはいえさまざまな変化があったので、まずはその辺りからご紹介しましょう。

まずはなんといっても、ドライバーズタイトル9連覇の“絶対王者”、セバスチャン・ローブのヒュンダイ移籍です。丸の広島→巨人移籍なんて比べるのもはばかられるほどの、地球規模の大ニュース。キャリア初期からWRCはシトロエン、ダカールはプジョーと、“PSAグループ一筋”で活動してきたローブの移籍は世界中のラリーファンを驚かせました。

3年ぶりのWRC復帰となった昨シーズン(2018年)のスペインで、まさかまさかの優勝をかっさらい、「俺、まだイケんじゃね?」と思ったかどうか。問題は所属チームのシトロエンで、メインスポンサーのアブダビがなんと撤退! 台所事情が悪化した同チームに、新加入のセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォードから移籍)、エサペッカ・ラッピ(トヨタから移籍)を含む3台を走らせる余裕はありませんでした。かつてチームメイトだったローブとオジェの関係が微妙だったことは周知の事実ですが、もう昔の話だし、ふたりともオトナなんだし、「すわシトロエンの時代到来か!」と思ったんですけどね……。

で、そのローブが加入したヒュンダイは、ティエリー・ヌービルを筆頭に、アンドレアス・ミケルセン、そしてダニエル・ソルドがローブとマシンをシェアする形で参戦。ヘイデン・パッドンは残念ながらシートを失うことになりました。環太平洋地域(ニュージーランド)から参戦していたただひとりのワークスドライバーだったので、応援してたんだけどなあ。しかし、ローブとソルドがサブだなんて、ぜいたくな布陣だと思いませんか? 野球で言うと丸が抜けても長野が加入、投手陣の層も厚い広島みたいな感じでしょうか。

あなたにおすすめの記事
新着記事