第551回:「ノートe-POWER」の4WDモデルの出来栄えは!?
暴風雪の中で日産車の雪上性能をテストした

2019.02.14 エディターから一言
試乗会には「リーフ」や「ノートe-POWER」「セレナe-POWER」といった電動化モデルや「ジューク」「エクストレイル」といったSUV、さらに「GT-R」「フェアレディZ」などのハイパフォーマンスモデルが用意されていたのだが、この日に乗れたのはこの中のごく一部のみだった……。
試乗会には「リーフ」や「ノートe-POWER」「セレナe-POWER」といった電動化モデルや「ジューク」「エクストレイル」といったSUV、さらに「GT-R」「フェアレディZ」などのハイパフォーマンスモデルが用意されていたのだが、この日に乗れたのはこの中のごく一部のみだった……。拡大

日産車の雪上性能を試すべく、はるばる北海道までやって来た『webCG』取材班。大量の雪に恵まれたのはよかったものの、肝心の天気は、ときどき視界が“ホワイトアウト”するほどの暴風雪……。限られた試乗時間の中で、リポーターは何を思う?

北海道江別市周辺は朝からこのような猛吹雪に見舞われたため、一般道でのテストを中止にするなど、試乗会は規模を大幅に縮小して進められた。
北海道江別市周辺は朝からこのような猛吹雪に見舞われたため、一般道でのテストを中止にするなど、試乗会は規模を大幅に縮小して進められた。拡大
雪上を「GT-R」が疾走するこちらの写真は、取材日とは別の日に撮影されたもの。webCGの取材チームが参加したこの日は、GT-Rや「フェアレディZ」といったハイパフォーマンスモデルは、早々にしまい込まれてしまった。
雪上を「GT-R」が疾走するこちらの写真は、取材日とは別の日に撮影されたもの。webCGの取材チームが参加したこの日は、GT-Rや「フェアレディZ」といったハイパフォーマンスモデルは、早々にしまい込まれてしまった。拡大
真っ白な雪上を気分よく走る電気自動車の「リーフ」。こちらも別日に撮影されたもの。
真っ白な雪上を気分よく走る電気自動車の「リーフ」。こちらも別日に撮影されたもの。拡大

この日に限って

強い冬型の気圧配置の影響で道内は1日、日本海側と太平洋側西部を中心に暴風雪に見舞われ多重衝突事故が相次いだ……吹雪が起こるメカニズムや対処法に詳しい独立行政法人寒地土木研究所(札幌)の高橋丞二上席研究員は「乗用車はトラックと比べて視点が低く、地吹雪が起きると視界不良になりやすい」と指摘……「郊外では建物が少ないため、周りの風景と道路を見分けづらくなる」とも強調……「ホワイトアウト」時には、ハザードランプをつけて道路の左端に停車するしかない。吹きだまりで立ち往生した場合には排ガスの充満を防ぐためにエンジンを切る必要があり、「常に防寒具などを車内に積んでおくべきだ」と話す。(2月2日付『北海道新聞』)

どうしてよりによってこんな日に……。2019年2月1日、北海道江別市内のクローズドコースで日産自動車のメディア向け雪上試乗会が開かれた。この手の試乗会は車両の台数が限られているため、何日間か連続して行われるのが通例。われわれの前後の日程のメディアは晴れた日に「フェアレディZ」や「GT-R」をドリフト走行させている画像をSNSに投稿しているのに、この日は朝ホテルを出て、バスが会場に着くまで外はずっと真っ白。今考えるとバスの運転手はどうやって道路を認識したのだろうか。

気温が低いと、降った雪はサラサラのまま地面にそっとのっかっているだけなので、少しでも風が吹くとふわっと巻き上がる。ふぶいた日には上からの雪と地面からの雪が入り交じってほんの数m先さえ見えなくなる。しばらく待つしかないが、予報は天候が回復するのは夕方と伝えている。時折風がやんだタイミングで何度かコースインしてみるものの、ほんの数分でまたふぶいて中断。待機所でエンジニアと懇談といわれても、乗った感想を伝えながらでないと話も盛り上がらない。見ればスタッフが高価なエンジン縦置き車両を奥へしまい込んでいる。オワタ……。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • 2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う? 2020.3.25 デイリーコラム 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続いて「アウディA3スポーツバック」の新型が登場した。ともにグループ内でCセグメントハッチバックの基幹車種と呼べるモデルだが、ブランドヒエラルキーのもとでどのような差がつけられているのだろうか。細かくチェックした。
ホームへ戻る