第25回:トヨタ・スープラ

2019.02.27 カーデザイナー明照寺彰の直言
トヨタ・スープラ
トヨタ・スープラ拡大

いよいよ実車がお披露目された新型「トヨタ・スープラ」。ショートホイールベース×もりもりマッチョなデザインは、現役の自動車デザイナー明照寺彰の目にどう映ったのか? 発売&公道デビュー前に、そのファーストインプレッションを聞いた。

2019年の東京オートサロンに出展された新型「トヨタ・スープラ」。カムフラージュのない姿がお披露目されたのは、この直後の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)でのことだった。
2019年の東京オートサロンに出展された新型「トヨタ・スープラ」。カムフラージュのない姿がお披露目されたのは、この直後の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)でのことだった。拡大
トヨタが2014年の北米国際自動車ショーで発表したコンセプトカー「FT-1」。直6エンジンを搭載したFRスポーツカーのデザインスタディーだった。
トヨタが2014年の北米国際自動車ショーで発表したコンセプトカー「FT-1」。直6エンジンを搭載したFRスポーツカーのデザインスタディーだった。拡大
コンセプトカー「トヨタFT-1」のサイドビュー。低いフロントノーズと、フロントフェンダーの上の“厚み”に注目。
コンセプトカー「トヨタFT-1」のサイドビュー。低いフロントノーズと、フロントフェンダーの上の“厚み”に注目。拡大
新型「スープラ」のサイドビュー。ボディーサイズの都合もあってか、全体的に凝縮感が増している点と、ボテッと厚みのあるフロントまわりが「FT-1」とは大きく異なる。
新型「スープラ」のサイドビュー。ボディーサイズの都合もあってか、全体的に凝縮感が増している点と、ボテッと厚みのあるフロントまわりが「FT-1」とは大きく異なる。拡大

コンセプトカーのイメージそのままに

ほった:えー。今回と次回は、ステージ上ではお披露目されたけどまだ発売はされてないクルマ、トヨタ・スープラと「マツダ3」について、今言える範囲で印象をうかがいたいと思います。まずは新型スープラですね。

永福ランプ(以下、永福):明照寺さん、スープラの実物、見られました?

明照寺彰(以下、明照寺):ええ、見ました。と言っても、オートサロンでカムフラージュのついたものを見ただけなので、細かいところは判断が付きづらいんですが、その現物と写真を見た限りでは、2014年のコンセプトカーを、ディテールまで含めて忠実に再現してるのかなあと。

ほった:確かに、そのままという感じですね。

明照寺:「コンセプトカーの評価が高かったので、量産もこのままで」というケースはありますが、やっぱり量産のパッケージに入れるというのは、すごく大変な作業なんですよ。

永福:ほぼそのままの形で量産に持ち込んだのはエライ! ということですね。

明照寺:あえてコンセプトカーと量産型との違いを探すと、写真でみる限り、フロントタイヤ上のこのボリューム感です。コンセプトカーはスッと、タイヤに対して上が軽いんですけど、量産型はそこが鈍重に見えます。

永福:量産型のほうがボテッと厚い。

明照寺:このあたりはメカ的な都合とか、衝突安全とか歩行者保護関係の兼ね合いが難しいところではあります。ただ、デザイナーとしてはここをできるだけ薄く見せたいんです。スープラはスポーツカーですから、なおさら薄く軽く見せたいはずなんですけど……。

永福:重く見えますねぇ。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る