「ホンダ・スーパーカブ」にブルーとベージュの特別仕様車が登場

2019.02.26 自動車ニュース
ホンダ・スーパーカブ110ストリート
ホンダ・スーパーカブ110ストリート拡大

本田技研工業は2019年2月26日、「スーパーカブ50/110」に特別仕様車「ストリート」を設定。期間限定で注文を受け付け、同年3月15日より販売すると発表した。

スーパーカブ50ストリート
スーパーカブ50ストリート拡大
 
「ホンダ・スーパーカブ」にブルーとベージュの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「ホンダ・スーパーカブ」にブルーとベージュの特別仕様車が登場の画像拡大

スーパーカブ50ストリート/110ストリートは、カタログモデルとは異なるカラーリングを特徴とした特別仕様車である。

車体色には、淡い色合いの「ボニーブルー」と「ハーベストベージュ」の2色を設定。レッグシールドもボディー同色としたほか、サイドカバー、クランクケースカバー、リアキャリア、前後輪のハブ、スイングアーム、チェーンケースなどにはブラックの配色を取り入れている。

このほかにも、フロントカバーのエンブレムやメーターを縁取るリングにクロームメッキを採用したほか、白のパイピングを施したシートやスペシャルキーには、歴代のスーパーカブで用いられてきた、さまざまなロゴやスーパーカブを模式化したイラストをあしらっている。

価格はスーパーカブ50ストリートが24万3000円、スーパーカブ110ストリートが28万6200円。受注期間は2019年2月26日から6月30日までとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダCBR600RR(6MT)【レビュー】 2021.1.21 試乗記 ホンダのミドル級スーパースポーツモデル「CBR600RR」が復活。レースでの勝利を目的に開発された新型は、ライディングの基礎を学ぶのにも、サーキットでのスキルを磨くのにも好適な、ホンダらしい誠実さを感じさせるマシンに仕上がっていた。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る