第5回:不動の人気には理由がある
輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)

2019.03.07 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場
JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 第5回は、メジャープレミアムブランドがそろうドイツ編(その1)。「アウディA8 55 TFSIクワトロ」「アウディRS 4アバント」そして「ポルシェ718ケイマンGTS」の走りをリポートする。

アウディA8 55 TFSIクワトロ
アウディA8 55 TFSIクワトロ拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大

クルマの理想形 
アウディA8 55 TFSIクワトロ……1140万円

A8には普遍的な魅力がある。直線を基調とした無駄のないデザインは、長く乗っても飽きがこない。シャープなプレスラインからも、“イイもの感”が伝わってくる。スポーティーなハンドリングは、ワクワクする運転が楽しめる。 

とはいえ、A8はれっきとしたショーファードリブンである。試乗車にはコンフォートパッケージが付き、電動でリクライニングするシートには、枕のように柔らかいヘッドレストまで備わっている。Bang & Olufsenのスピーカーから流れる音楽に耳を傾けていると、自宅のリビングに居るようだ。

ショーファー気分でスタッフを後部座席に乗せ、走りだす。ISGと48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載するので、出だしがとにかくスムーズ。ルームミラーに映るスタッフの顔色をうかがいつつ、アクセルを少々荒く踏み込んでも、何事もなかったかのようにスーっと滑らかに加速する。旧型のV6モデルでは感じた荒々しさもなく、V8の「60 TFSI」では? とスペック表を再度確認したほどだ。

速度が上がっても車内は常に静寂に包まれている。驚くほどガッチリとしたシャシーと、常にフラットな乗り心地をもたらすエアサス。まるでエンジンの無いヨットで、静かな海面を進んでいるかのようだ。このクラスのクルマでよくある、重厚でねっとりとした走り味とは違って、軽快でありながらもフラットな乗り味である。 

最近では、メルセデスやBMWのフラッグシップモデルの下位グレードでも4WDが選べる。“四駆の高級セダン”の代名詞でもあったA8の魅力が薄れてしまうのでは、と心配していたが、どうやら取り越し苦労だったようだ。

アウディはモデルチェンジのたびに、てんこ盛りの最新技術をA8に投入する。そして最新のA8は、そのことを乗り手にまったく意識させない、懐の深いクルマに仕上がっていた。誰もがおいしいと思う日本酒の理想形を最新技術でつくり上げる「獺祭」が、いつのんでもうまいように。

(文=webCG 神戸/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る