第5回:不動の人気には理由がある
輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)

2019.03.07 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場
JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 第5回は、メジャープレミアムブランドがそろうドイツ編(その1)。「アウディA8 55 TFSIクワトロ」「アウディRS 4アバント」そして「ポルシェ718ケイマンGTS」の走りをリポートする。

アウディA8 55 TFSIクワトロ
アウディA8 55 TFSIクワトロ拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大
 
第5回:不動の人気には理由がある輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その1)の画像拡大

クルマの理想形 
アウディA8 55 TFSIクワトロ……1140万円

A8には普遍的な魅力がある。直線を基調とした無駄のないデザインは、長く乗っても飽きがこない。シャープなプレスラインからも、“イイもの感”が伝わってくる。スポーティーなハンドリングは、ワクワクする運転が楽しめる。 

とはいえ、A8はれっきとしたショーファードリブンである。試乗車にはコンフォートパッケージが付き、電動でリクライニングするシートには、枕のように柔らかいヘッドレストまで備わっている。Bang & Olufsenのスピーカーから流れる音楽に耳を傾けていると、自宅のリビングに居るようだ。

ショーファー気分でスタッフを後部座席に乗せ、走りだす。ISGと48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載するので、出だしがとにかくスムーズ。ルームミラーに映るスタッフの顔色をうかがいつつ、アクセルを少々荒く踏み込んでも、何事もなかったかのようにスーっと滑らかに加速する。旧型のV6モデルでは感じた荒々しさもなく、V8の「60 TFSI」では? とスペック表を再度確認したほどだ。

速度が上がっても車内は常に静寂に包まれている。驚くほどガッチリとしたシャシーと、常にフラットな乗り心地をもたらすエアサス。まるでエンジンの無いヨットで、静かな海面を進んでいるかのようだ。このクラスのクルマでよくある、重厚でねっとりとした走り味とは違って、軽快でありながらもフラットな乗り味である。 

最近では、メルセデスやBMWのフラッグシップモデルの下位グレードでも4WDが選べる。“四駆の高級セダン”の代名詞でもあったA8の魅力が薄れてしまうのでは、と心配していたが、どうやら取り越し苦労だったようだ。

アウディはモデルチェンジのたびに、てんこ盛りの最新技術をA8に投入する。そして最新のA8は、そのことを乗り手にまったく意識させない、懐の深いクルマに仕上がっていた。誰もがおいしいと思う日本酒の理想形を最新技術でつくり上げる「獺祭」が、いつのんでもうまいように。

(文=webCG 神戸/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
  • ホンダが新型「アコード」の情報をホームページで先行公開 2020年初めに国内導入を予定 2019.8.2 自動車ニュース 新型は、ロー&ワイドで流麗なエクステリアデザインと、ゆとりある室内空間がセリングポイント。リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているという。
ホームへ戻る