第4回:クルマはまさに“お国柄”を映し出す鏡?
輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ&スウェーデン編~

2019.03.02 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場
JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 第4回は、片や大排気量V8で片やフルEVという両極端なアメリカと、北欧はスウェーデンの合同編。「シボレー・コルベット グランスポーツ」「テスラ・モデルX P100D」そして「ボルボXC40 T4モメンタム」の走りをリポートする。

シボレー・コルベット グランスポーツ
シボレー・コルベット グランスポーツ拡大
 
第4回:クルマはまさに“お国柄”を映し出す鏡?輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ&スウェーデン編~の画像拡大
 
第4回:クルマはまさに“お国柄”を映し出す鏡?輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ&スウェーデン編~の画像拡大
 
第4回:クルマはまさに“お国柄”を映し出す鏡?輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ&スウェーデン編~の画像拡大
 
第4回:クルマはまさに“お国柄”を映し出す鏡?輸入車チョイ乗りリポート~アメリカ&スウェーデン編~の画像拡大

こんなクルマは他にない!
シボレー・コルベット グランスポーツ……1120万2500円

私見で恐縮だが、コルベットのレビューはスゴく書きやすいと思う。こんなクルマ、他にないからだ。このクルマだけは目隠ししてても、エンジンをかけた瞬間に「あ、コルベットだ」(ニヤリ)って分かる。ニブい記者でも分かる。

なんせにぎやかなのだ。6.2リッターという大排気量、OHVのカム駆動、大量の空気を飲み込み、吐き出すことで生まれる脈動感。エンジンはアイドリング中も車体を揺さぶり、お出掛けに向け高まる期待をわっふわっふと訴えてくる。低速でちょこちょこ動けば、ステアリングをバキバキ言わせて不満を猛アピール。そんなこんなで、オーナーはありがたくも四六時中「コルベットを運転していること」を実感させられる。そういうクルマに乗っているという手ごたえは、お値段3倍のスーパーカーより、むしろこっちの方が強いと思う。

そのくせ、ひとたび走りだすと意外やそのマナーは洗練されてて、ドライブモードを「エコ」や「ツアー」にしておけば乗り心地は実にソフト。トルコン式ATの恩恵で、走りだしや微低速時の変速マナーも、ライバルのDCT勢より明らかにスムーズだ。魅力&個性あふれるエキゾーストサウンドも、下手なことをしない限り音量は常識的。低回転域からモリモリ湧き出すトルクもあって、街中でも「LT1」の滋味深いエンジンフィールをじんわり楽しめる。周囲を威嚇しないと交差点すら渡れないようなクルマとは、そこが違う。

この価格帯のクルマになったら、踏んだら速い、踏んだらキモチイイは当たり前。踏んでショボいスーパースポーツとか見たことがない。だからこそ、大事なのはそれ以前の領域でどれだけ豊かな時間を与えてくれるかだと思う。昨今は高級車然としたマナーでもって応えるのがトレンドのようだが、多少煩わしくともサービス精神旺盛に迫ってくる、大型犬みたいなキャラクターも大アリだろう。いやあ、大好きですわ。コルベット。

(文=webCG ほった/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る