第191回:『トランスフォーマー』最新作はビートルが大活躍
『バンブルビー』

2019.03.20 読んでますカー、観てますカー

トラヴィス・ナイト監督を起用した6作目

『トランスフォーマー』シリーズは、これまでに2回取り上げている。2014年の『トランスフォーマー/ロストエイジ』2017年の『トランスフォーマー/最後の騎士王』だ。紹介しておいてこんなことを言うのもどうかと思うのだが、大人にオススメできる作品ではなかった。クルマが巨大ロボに変身するCGはよくできているし戦闘シーンは派手なのだが、いかんせん世界観が子供っぽい。

それは仕方のないことで、もとになっているのは日本でタカラトミーが生み出した変形ロボットのおもちゃなのだ。マンガやアニメでさまざまな作品が作られていて、初の実写映画が2007年の『トランスフォーマー』である。シャイア・ラブーフが主演して3部作となった。『ロストエイジ』と『最後の騎士王』はその後を描いたもので、主人公はマーク・ウォールバーグに代わっている。

『バンブルビー』は6作目となるが、予定されていた続編ではない。第1作から20年さかのぼる1987年の話で、スピンオフ作品と考えることもできる。『最後の騎士王』は米国内興行収入が製作費を下回ってしまい、シリーズの前途が危ぶまれていたのだ。

5作すべてを監督したマイケル・ベイは、良くも悪くも過剰なほどのサービス精神で知られる。見栄えのいいスタイリッシュな映像といえば聞こえがいいが、やたらに爆発するしカメラが激しく動き回るから何が起きているかわからなくなる。トランスフォーマーが恐竜時代から地球に来ていたという話まで出てきて収拾がつかなくなっていた。

プリクエルで物語を再設定するために起用されたのが、トラヴィス・ナイト。2016年に公開された素晴らしいストップモーションアニメ作品『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の監督である。

© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.拡大
 
第191回:『トランスフォーマー』最新作はビートルが大活躍『バンブルビー』の画像拡大
 
第191回:『トランスフォーマー』最新作はビートルが大活躍『バンブルビー』の画像拡大
 
第191回:『トランスフォーマー』最新作はビートルが大活躍『バンブルビー』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事