4ドアクーペスタイルの新型「プジョー508」発売

2019.03.20 自動車ニュース
プジョー508GT BlueHDi
プジョー508GT BlueHDi拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月20日、一新されたプジョーの最上級サルーン「508」を発売した。

日本仕様車のボディーサイズは、全グレード共通で全長×全幅×全高=4750×1860×1420mmと公表される。
日本仕様車のボディーサイズは、全グレード共通で全長×全幅×全高=4750×1860×1420mmと公表される。拡大
4ドアクーペ風のリアビュー。テールランプはライオンの爪痕をモチーフにデザインされている。
4ドアクーペ風のリアビュー。テールランプはライオンの爪痕をモチーフにデザインされている。拡大
コックピット周辺部は、上端と下端がフラットなステアリングホイールや、スロープ状になったセンターコンソールが特徴的。
コックピット周辺部は、上端と下端がフラットなステアリングホイールや、スロープ状になったセンターコンソールが特徴的。拡大
リアには開口部の大きなバックドアが備わる。
リアには開口部の大きなバックドアが備わる。拡大

セダンから一転 ハッチバックに

2018年春のジュネーブモーターショーでデビューした、Dセグメントのサルーンである新型プジョー508。同年11月に60台限定で「508ファーストエディション」が先行上陸したが、このたびようやく、日本仕様が正式に導入されることになった。

2011年に国内で発売された先代(初代)508は、それまでのDセグメントの「407」と全長4.9mに達するフラッグシップ「607」を統合した、両車の中間サイズの4ドアサルーンだった。「大胆不敵なデザインでサルーンの概念のすべてを変える」とうたった新型508は、サッシュレスドアにテールゲートを備えた4ドアクーペ風のプロポーションで、プジョーは“4ドアファストバック”と呼んでいる。

かつてライバルのルノーが、フラッグシップにも5ドアハッチバックボディーを採用していたのに対して、プジョーの上級車種は一貫してオーソドックスな3ボックスの4ドアサルーンだった。新型508がそのこだわりを捨て去った理由は、誕生以来130年あまりの歴史のなかで、自動車が最大の変革期を迎えた時代にあって、サルーンの革新を目指したからだという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4750×1860×1420mmで、ホイールベースは2800mm。近年のモデルでは珍しく、先代よりわずかに短くなり、またクーペ風のプロポーションにより全高は低くなった。シャシーは軽量かつ剛性の高い、グループPSAの中核プラットフォームである「EMP2」を採用。新たな溶接技術の導入と構造用接着剤の併用、フロントフェンダーやフロントサスペンションなどのアルミ化、トランクフロアとテールゲート下部の複合素材化などによって、さらなる軽量化と高剛性を実現した。

新型「プジョー508」には電子制御アクティブサスペンションが搭載される。
新型「プジョー508」には電子制御アクティブサスペンションが搭載される。拡大
ガソリンエンジンを搭載するスポーティーグレード「508GTライン」のフロントシート。
ガソリンエンジンを搭載するスポーティーグレード「508GTライン」のフロントシート。拡大
シフトセレクターはスティック型。レバー周辺に電動パーキングブレーキのスイッチや走行モードのセレクトボタンが並ぶ。
シフトセレクターはスティック型。レバー周辺に電動パーキングブレーキのスイッチや走行モードのセレクトボタンが並ぶ。拡大

「ナイトビジョン」のイメージ。最長200m前方を赤外線カメラが監視し、歩行者や野生動物の映像をインストゥルメントパネルに投影する。写真では鹿の存在が認識されている。


	「ナイトビジョン」のイメージ。最長200m前方を赤外線カメラが監視し、歩行者や野生動物の映像をインストゥルメントパネルに投影する。写真では鹿の存在が認識されている。
	拡大
「508GTライン」の1.6リッターガソリンターボエンジン。
「508GTライン」の1.6リッターガソリンターボエンジン。拡大
日本市場には、赤・青・白・黒・灰の、5種8色のボディーカラーがラインナップされる。
日本市場には、赤・青・白・黒・灰の、5種8色のボディーカラーがラインナップされる。拡大

ガソリンとディーゼルをラインナップ

パワーユニットは、プジョー/シトロエンの既存モデルでおなじみの、最高出力180ps/5500rpm、最大トルク250Nm/1650rpmを発生する1.6リッター直4ガソリンターボと、同177ps/3750rpm、同400Nm/2000rpmの2リッター直4ディーゼルターボの2種。トランスミッションはいずれも最新世代の8段AT、駆動方式はFFのみである。

往年のプジョーは、猫足と呼ばれるしなやかな足まわりが特徴だったが、新型508はプジョーとしては初めて電子制御アクティブサスペンションを導入。走行および路面の状況に応じてダンパーの減衰力をリアルタイムに制御し、乗り心地とハンドリング、ロードホールディングをより高い次元でバランスさせている。このアクティブサスペンションは、ステアリング、ATシフト、アクセルレスポンス、エコドライブ機能などを制御する4つのドライビングモード(スポーツ/コンフォート/エコ/ノーマル)と連動しており、センターコンソールにあるセレクターで設定変更できる。

インテリアにはプジョーではおなじみとなった、ステアリングホイールのリムよりも上方に見るメーターパネルを採用。画面には6種類の表示モードがあり、カスタマイズ可能な12.3インチのデジタルヘッドアップディスプレイ、インストゥルメントパネル中央の8インチタッチスクリーン、その下にあるトグルスイッチとともに「i-Cockpit」を構成する。これによりドライバーの視線移動を最小限に抑え、必要な機能にスムーズにアクセス可能で安全性を向上させるとうたわれる。

先進運転支援機能もアップデートされ、ストップ&ゴー機能を備えたアクティブクルーズコントロール、レーンポジショニングアシスト、二輪車も検知可能な第2世代アクティブセーフティーブレーキなどを標準装備。ナイトビジョンやフルパークアシストもオプション設定されている。

グレードは3つで、下位から1.6リッターガソリンターボ搭載のスタンダードモデルである「508アリュール」(417万円)、その内外装をスポーティーに装い、さらに装備が充実した「508GTライン」(459万円)、そして2リッターディーゼルターボ搭載の「508GT BlueHDi」(492万円)がラインナップされる。

2019年夏には、ステーションワゴン版たる新型「508SW」の国内販売も開始される見込みだ。

(文=沼田 亨/写真=webCG)

関連キーワード:
508, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
  • 「プジョー508」のステーションワゴン版「508SW」発売 5人乗車時の荷室容量は先代を大きく上回る530リッターに 2019.7.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月27日、新型ステーションワゴン「プジョー508SW」を発売した。同車は2018年のパリモーターショーでワールドプレミアされたモデルで、後席を倒して得られる荷室スペースは最大1780リッターにも及ぶ。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
ホームへ戻る