第597回:初代「プリウス」も立派な古典車!?
欧米で人気を集める“ちょっと古い日本車”

2019.03.22 マッキナ あらモーダ!

雑誌もにぎわす日本車ヤングタイマー

ここ1~2年、ヨーロッパのヒストリックカーオークションを訪れたり、ちょっと古いクルマの雑誌を閲覧したりしていて気づくのは、日本車の人気である。

そのバロメーターのひとつは、フランスの比較的若いヒストリックカー専門誌『ヤングタイマー』の投稿欄だ。毎号読者が国内や旅先でスナップ撮影したクルマを編集部が掲載している。それを見ると、「ダイハツ・コペン」「ホンダCR-X」「日産フィガロ」といった日本車が、他の古い欧州車とともに、毎回必ず何台かページをにぎわせている。

巻末にある売買欄を眺めても、日本車を容易に見つけることができる。ここ数カ月の号から拾ってみると、1995年「ホンダNSX」が6万7000ユーロ(約846万円)、1993年「トヨタ・セリカ」が4700ユーロ(約59万円)、1992年「トヨタMR2」が1万0400ユーロ(約131万円)といった具合だ。1992年「ホンダ・プレリュード」は走行20万5000kmと、ちょっと走りすぎているので、3900ユーロ(約49万円)である。

2019年2月、トリノの「アウトモトレトロ」に出品されていた「三菱ランサーエボリューションIV」。
2019年2月、トリノの「アウトモトレトロ」に出品されていた「三菱ランサーエボリューションIV」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事