第569回:継続こそが大切だ
フォルクスワーゲンの先進安全技術を体感する

2019.04.23 エディターから一言
安全に“危険な状況”や最新デバイスの効果も体験できる「フォルクスワーゲン・テックデイ2019」。前回はメディアだけでなく一般ユーザー向けにも開催されていた。
安全に“危険な状況”や最新デバイスの効果も体験できる「フォルクスワーゲン・テックデイ2019」。前回はメディアだけでなく一般ユーザー向けにも開催されていた。拡大

「フォルクスワーゲン・テックデイ」と題された先進安全技術体験会に参加。フォルクスワーゲンが考える安全と、その思想をもとに開発・搭載された最新セーフティーデバイスの実力を特設コースで試しながら、クルマと安全の啓発活動に大切なものとは何かをあらためて考えてみた。

およそ3年ぶりの開催となった「フォルクスワーゲン・テックデイ」。会場は栃木県栃木市にあるGKNドライブラインジャパンのプルービンググラウンドを使用している。
およそ3年ぶりの開催となった「フォルクスワーゲン・テックデイ」。会場は栃木県栃木市にあるGKNドライブラインジャパンのプルービンググラウンドを使用している。拡大
スキッドパッド路で行われたアクティブセーフティー体験。低μ路を約30km/hで走行し、アクセルのオン/オフ時の挙動変化やESC(エレクトロニック・スタビリティー・コントロール)の効果、シャシーの安定性を確認できた。
スキッドパッド路で行われたアクティブセーフティー体験。低μ路を約30km/hで走行し、アクセルのオン/オフ時の挙動変化やESC(エレクトロニック・スタビリティー・コントロール)の効果、シャシーの安定性を確認できた。拡大
フォルクスワーゲンが現在展開しているワーゲンバス無料貸し出しサービス「バスカスフェス」のデモンストレーションを実施。コーヒーとドイツ発祥の焼き菓子プレッツェルがふるまわれた。
フォルクスワーゲンが現在展開しているワーゲンバス無料貸し出しサービス「バスカスフェス」のデモンストレーションを実施。コーヒーとドイツ発祥の焼き菓子プレッツェルがふるまわれた。拡大
会場に勢ぞろいしたフォルクスワーゲンの現行モデルラインナップ。ボディー形状が異なっていても、共通した安全思想を用いて車両が設計・開発されているという。
会場に勢ぞろいしたフォルクスワーゲンの現行モデルラインナップ。ボディー形状が異なっていても、共通した安全思想を用いて車両が設計・開発されているという。拡大

派手ではないが大切なこと

「ぶつからないクルマ」も「同一車線自動運転」もすっかり耳にしなくなりました。そういえばよそ見しながら運転するテレビCMも見かけなくなりました。自分たちの製品の特徴を分かりやすく、目を引くフレーズでアピールしたいのは誰でも同じとはいえ、ユーザーに誤解を与える恐れがあることに目をつぶって“やっちゃえ”と踏み切るのは感心しません。責任あるメーカーのすることではありません。ひとつのメカニズムでそんなに簡単に安全が手に入るなら、誰も苦労するわけがないのです。

安全運転支援システムの複雑な中身をそのまま伝えると、ユーザーが面倒くさがってそっぽを向くと考えているから、つい端折(はしょ)ってしまいたくなるのでしょう。しかしながら、難しくても伝える努力をしなければ何事も始まりません。

というわけで、「フォルクスワーゲン・テックデイ2019」と銘打たれた体験試乗会です。本来は社内の新人研修などを目的とするプログラムをメディア向けにも公開し、フォルクスワーゲンの安全に対する考え方と最新の安全運転支援技術を理解してもらおうという催しで、具体的にはテストコース内の散水した低ミュー路でESC(エレクトロニック・スタビリティー・コントロール)の、また周回路でACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、さらに登坂路で4MOTION(4WD)やABSの働きとメリットを体験する4種類のプログラムを丸1日かけて勉強するというものです。

まあ、正直に言って、私のような業界ズレした人間にとってはこれまで何度も経験してきた内容ですし、目新しい技術は特に何もなかったわけなのですが、新しくないことと多くの人が経験し、理解しているかどうかはまったく別問題。新型車を売ってナンボの自動車業界ではどうしても新しいトピックに注目しがちですが、たとえ最先端技術でなくても、安全運転に関する技術を体験し、そのメカニズムを理解することは大切であり、大変に有意義な催しであることは間違いありません。

できれば時々思いついたように開催するのではなく、ぜひ毎年定期的に、メディア以外にも一般ユーザーを対象にして行ってほしいものであります。

あなたにおすすめの記事
新着記事