クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第133回:コンビニアイスにフェラーリを見た!

2019.05.14 カーマニア人間国宝への道

コンビニアイスに脱帽!

人は時に、五感から大いなる感動を得る。五感とは視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚のことである。

先日私が得た感動は、味覚だった。

それは、セブン―イレブンで大量に売られていた、「MOW(モウ)」というアイスクリームである。MOWとはモーモー鳴く牛さんの鳴き声だろうか。

パッと見、パッケージにはかなりの高級感があるが、製造元は森永乳業。値段は1コ173円。ブランド的にも価格的にも非常に庶民的ゆえ、大きな期待は抱かなかった。

が、ひと口食べて私はシビレた。濃厚な風味がパア~~~ッとお口の中に広がって、思わず陶然としてしまったのだ!

「ななななな、なんだこのうまさは!」

パッケージをよく見ると、私が食べたのは「MOW」のスペシャルシリーズ「ラムレーズン~バターの香り~」だった。バター風味のアイスの中に、ラムレーズンがかなり多めに入っていて、それがものすごぉ~くゼイタクな味わいだったのだ! 調べると、セブン―イレブン限定販売らしい。さすがセブンパワー。

思えばアイスクリームという食べ物は、これまでの生涯で2度、私に大いなる感動を与えてくれた。

1回目はチビッコの頃。当時、中野ブロードウェイの中にあった洋食屋さん(詳細は忘却)へ家族で食事に出掛けた際、食後に食べたアイスクリームである。

それは、レトロなステンレスの器に載り、缶詰のミカンやさくらんぼが添えられた、当時の典型的な「お店で食べるアイスクリーム」だったが、父がアイスをスプーンで練るとあら不思議。ものすご~~~くおいしくなった!

「ソフトクリームみたい!」

子供たちは一同感動して、「私のもやってやって~~!」と、父にねだった。

フツーのアイスをスプーンで練ると、食感がミルクっぽく滑らかになり、確実においしくなる。これは、安めアイスのほうが効果が高いような気がする。

「MOWラムレーズン」のゼイタクな味わいにシビレた!
「MOWラムレーズン」のゼイタクな味わいにシビレた!拡大
セブンーイレブンで大量に売られていた「MOW」。
セブンーイレブンで大量に売られていた「MOW」。拡大
筆者が食べたのは「MOW スペシャル ラムレーズン~バターの香り~」。写真は内ぶた。
筆者が食べたのは「MOW スペシャル ラムレーズン~バターの香り~」。写真は内ぶた。拡大
幼少期の筆者。(写真右)
幼少期の筆者。(写真右)拡大

173円で味わえるゼイタク感

2度目の感動は、確か中学生の頃。生まれて初めて「レディボーデン」を食べた時のことである。

私は、そのあまりにも高級かつ濃厚な味わいに、「こんなものがこの世にあったのか!」と思いました。それまで食べていたカップアイスとはレベルの違う、異次元のおいしさ。カローラとベンツの差みたいなもんでしょうか。

レディボーデンは、当時「アイスクリームの芸術品」というキャッチフレーズを打ち、日本にホームサイズの高級アイスを広めた商品。私はレディボーデンで、この世の奥深さを知りました……。

そして、生涯3度目のアイスクリームによる感動が、齢(よわい)57で訪れたというわけだ。

今回は、「値段が安いわりにメチャメチャおいしい」という、新しい形の感動だった。そのおいしさは、アイス全体よりも、主にラムレーズンの濃厚な味わいによったものというのも新しかった。

パッケージの側面を見ると、種類別という欄に「アイスミルク」と書かれている。

調べてみると、乳固形分や乳脂肪分のパーセンテージが高い順に「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」となっている。アイスクリームの代表が前述のレディボーデンやハーゲンダッツで、氷菓の代表がガリガリ君である。

アイスミルクは上から2番目。決して頂点ではない。ハーゲンダッツにもアイスミルクに分類されるものもあるらしいけど、とにかくMOWは値段が安い。ハーゲンダッツなら1コ300円近くするのに、たったの173円(税込み)なのだ! 173円で頂点に迫るうまさ! コスパは非常に高い。

中学生の頃の筆者。
中学生の頃の筆者。拡大
「MOWラムレーズン」のパッケージ側面には「アイスミルク」と表記されている。
「MOWラムレーズン」のパッケージ側面には「アイスミルク」と表記されている。拡大
安ド二等兵も「濃厚でおいしいです!」と絶賛。
安ド二等兵も「濃厚でおいしいです!」と絶賛。拡大

神レベルのうまさ

「これはフェラーリだな……」

私は感動すると大抵、「これはフェラーリだな」と口走るのだが、今回はMOWスペシャル ラムレーズンに、フェラーリを感じました! それは簡単に言えば、コスパが高いってことです。

フェラーリは中古でも値段が高いけど、なにせ値段が下がらないので、長い目で見れば非常に安い。維持費だってたいしてかからない。少なくとも、私の場合はかかってない。なのに、満足度はクルマ界の頂点。

私の脳内におけるフェラーリは、若い頃に体験した「テスタロッサ」と「348tb」がベースとなっている。つまり、ダメダメ時代の堕天使フェラーリだ。

総合的なパフォーマンスはまったく高くないので、サーキットを走ったら遅いし危ないが、あまりにも芸術的な音や振動、その他もろもろのアトモスフィアにより、乗る者を心底シビレさせ、βエンドルフィンがドバドバ分泌。神を見てしまう。それはアイルトン・セナが見た神と同じ神である(断言)。

考えてみれば、フェラーリの中でもテスタロッサと348tbは、中古価格が安い。テスタは一時暴騰しましたが、現在はかなり落ち着いております。348tbは、一時はサンキュッパくらいで買えました。現在はゴッキュッパくらいしますが、それでもミドシップ2シーターフェラーリの中では断然安いです。

たったの173円ながら、私に大いなる感動を与えてくれたMOWラムレーズン。これはフェラーリだ! フェラーリ348tbの香りがする! すばらしいぜMOWラムレーズン! ありがとうMOWラムレーズン! ハーゲンダッツを毎日食うのはバチが当たりそうだけど、MOWラムレーズンならお値段控えめだから大丈夫だしネ! 

あ、でもテスタや348tbは毎日乗らないでください。フェラーリ様は毎日乗ると消しゴムみたいに減りますヨ! 年間走行距離は最大でも2000kmに抑えようネ!

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

筆者にとって初めてのフェラーリとなった「348tb」と。
筆者にとって初めてのフェラーリとなった「348tb」と。拡大
オーナー様に試乗させていただいた「テスタロッサ」と筆者。
オーナー様に試乗させていただいた「テスタロッサ」と筆者。拡大
ありがとう「MOWラムレーズン」!
ありがとう「MOWラムレーズン」!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。