第604回:過去のイメージをぶっちぎれ!?
中国・紅旗の“ブランド大革命”が進行中

2019.05.17 マッキナ あらモーダ!

紅旗がイタリア上陸!

「『T型』は黒であるかぎり、どのようなカラーも選べる」。そう豪語し、ひたすら同じクルマを造れば人々が喜ぶと信じていたヘンリー・フォードは、ゼネラルモーターズによるシボレーのワイドなバリエーション攻勢に負けてしまった。その過ちを、少なくとも中国を代表する高級車ブランドは繰り返さないようだ……というのが今回のお話である。

筆者が日本出身ジャーナリスト随一の「紅旗(ホンチー)」ファンであることは、本連載の第295回で記したとおりである。

ゆえに、2019年4月に開催された上海モーターショーにおいても、たとえアウディがコンセプトカー「AI:ME」を披露しようと、メルセデス・ベンツが「GLBコンセプト」を公開しようと、真っ先に中国第一汽車(FAW)の紅旗ブースに向かった。

話は飛ぶが、そのひと月前の2019年3月、中国の習近平国家主席がイタリアを訪問した。今回のヨーロッパ歴訪では最初の訪問国であった。中国が掲げるユーラシア大陸をさまざまな手段で結ぶ「一帯一路」構想に、イタリアの連立与党の意見は割れた。具体的には、慢性的な経営難にあえぐ港湾や空港への中国資本の参入を許すかどうか、ということである。

ポピュリズム政党「五つ星運動」は賛成。いっぽう右派政党の「同盟」は反対し、同党のサルヴィーニ党首は歓迎夕食会さえ欠席した。結果としては、ジュゼッペ・コンテ首相の絶妙なかじ取りによって、一帯一路にG7として初の調印に踏み切ったが、いまだ政財界で議論は続いている。

今回の習近平夫妻訪問にあたり、中国はなんと紅旗車をローマの空港に手配した。

「L9」といったトラディショナル系デザインの紅旗ではなく、よりモダンな「H7」というモデルであった。記録映像に映っているかぎりでも、警察の二輪を含めた40台近い車列を伴いながら、習氏が乗った紅旗H7が永遠の都を走り抜けた。

大抵の国家の首脳はイタリア側が手配したクルマで移動するものだ。例外はキャデラックの専用車を用いるアメリカ合衆国大統領であった。中国もそれに肩を並べたことになるわけで、キャデラックの役目を紅旗が果たしたというわけだ。

2019年4月、上海モーターショーで。紅旗のコンパニオンは、同じ中国第一汽車(FAW)系の他ブランドと比べてより上品であり、対応も丁寧である。
2019年4月、上海モーターショーで。紅旗のコンパニオンは、同じ中国第一汽車(FAW)系の他ブランドと比べてより上品であり、対応も丁寧である。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事