“2秒”という時間に見るエンジニアの配慮

サーキットの一部を使っての体験で、高速走行はできなかった。40km/h以上になると設定できるようになり、速度は最大限115km/h。最近では日本車でも180km/hまで設定できるモデルがあるが、これがスタンダードだろう。ステアリングホイールのスイッチで操作するのも、ほかのシステムと変わらない。

前車を検知してついていき、停止もスムーズ。しっかりと状況を把握しているようだが、ここからは自動ではない。停止して2秒すると自動的にキャンセルされてしまうため、その間に自分でブレーキを踏む必要がある。再始動するには、レジュームボタンを押す。2秒以内に前車が動けば、何も操作しなくていい。クルマが自動で前車追尾を再開する。

2秒という長さにしたのは、ドライバーが外に出るのを防ぐためだそうだ。自動で停止したあと、せっかちな人がクルマを飛び出してしまうケースがまれにあるのだという。ちょっと想像がつかないが、万全を期すのが自動車メーカーの役目なのだろう。

続いて、自動パーキングを試す。装備されることがだんだん増えている機能だが、完成されたとは言いにくい技術である。白線を認識しているはずなのに、平気で2つのスペースの真ん中に止まってしまうぐらいはご愛嬌(あいきょう)。雨の日には他のクルマが駐車している場所に突っ込んでいこうとしたものもあった。欧州車では、隣にクルマがいないと作動しないタイプのシステムも。いずれにしても、役には立たない。いろいろ試して、満足できる出来だったのは「日産リーフ」ぐらいである。

「スマートパーキングアシスト」が正式名のタントの自動パーキングは、比較的機能がシンプルな簡易版である。並列駐車と縦列駐車の両方に対応していているが、システムが動かすのはステアリングのみ。ブレーキとギアは自分で操作しなくてはならない。

袖ヶ浦フォレストレースウェイにて、アダプティブクルーズコントロールによる前走車追従走行の様子。
袖ヶ浦フォレストレースウェイにて、アダプティブクルーズコントロールによる前走車追従走行の様子。拡大
アダプティブクルーズコントロールに続いて、「スマートパーキングアシスト」の機能を体験。フロントウィンドウ越しに見えるドライバー(筆者)の手に注目。
アダプティブクルーズコントロールに続いて、「スマートパーキングアシスト」の機能を体験。フロントウィンドウ越しに見えるドライバー(筆者)の手に注目。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツ・タント【開発者インタビュー】 2019.6.11 試乗記 ダイハツが掲げる新しいクルマづくり「DNGA」。そのもとに開発された新型「タント」は、まさに次世代商品群の旗手となるモデルだ。このクルマに注がれた新技術の数々と、将来を見据えたダイハツの技術戦略について、DNGAを統括するエンジニアに話を聞いた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
ホームへ戻る