アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(前編)

2019.06.13 谷口信輝の新車試乗 アウディの基幹モデル「A6セダン」にレーシングドライバー谷口信輝が試乗。新設計のシャシーにハイテク装備を満載した優等生を前に、さすがのプロも言葉を探している様子だが……。その特筆すべき美点とは?

悔しくなるほどいいクルマ

アウディに関して、谷口信輝と私オオタニは常に微妙な関係にある。アウディの走りを高く評価しているという点で谷口と私は同じ立場にあるが、なぜか彼はアウディのよさを素直に認めることができない。そんな谷口に対して「本当は好きなんでしょ、アウディのことが……」とチクチク攻め立てるのが、この連載が始まって以来の私の役回りとなっている。

しかし、「アウディA6セダン55 TFSIクワトロ」に試乗してもらった今回は、この関係に見逃せない進展があったので、順に紹介していくことにしたい。

谷口の心境に大きな変化が起きていることは、試乗を終えた直後の彼のコメントにも表れていた。例えば、クルマから降り立った谷口に「A6、どうでしたか?」といつものように尋ねると、谷口は笑みを浮かべながらも、軽くイラ立った調子で「そりゃあもう、いいに決まっているじゃないですか!」と語り始めたのである。
「なんか、もう、余裕が感じられますよね。ステアリングは、わざと軽い遊びを設けてあるんですが、切れば切った分だけ曲がっていくし、エンジンは速くもないけれど遅くもなく、本当にうっとりするほどいいクルマだと思います」

この辺りで谷口のイラ立ちは頂点に達する。
「ああッ! もう!! 本当は文句言いたい。文句言いたいんですけど、正直、ないですよ。なんか、すっごく悔しいなあ、もう!」

正直言って、これは谷口と私の間で繰り広げられるゲームのようなものだ。谷口がアウディのよさを認めれば、それは私への屈服を意味する。つまり、谷口はアウディのよさを認めるのがイヤなのではなく、私に敗北宣言をするのが悔しくて仕方ないのだ。それでも、どんなクルマにも真摯(しんし)に向き合う谷口は、アウディの美点を次々と指摘していった。
「ハンドルはそれほどたくさん回らないですね。僕なりの計測方法で1時間5分です。ただ、それでも最小回転半径は小さくて小回りが利きます」

それは試乗車に4WSの「ダイナミック・オールホイール・ステアリング」を含む「ドライビング・パッケージ」というオプションが装着されていたからだろう。

 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(前編)の画像拡大
 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(前編)の画像拡大
 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(前編)の画像拡大
 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(前編)の画像拡大

【アウディA6セダン55 TFSIクワトロのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1885×1440mm/ホイールベース:2925mm/車重:1900kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:340ps(250kW)/5200-6400rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370-4500rpm/タイヤ:(前)245/45R19/(後)245/45R19(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:12.3km/リッター(JC08モード)/価格:1006万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:212.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:25.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/9.7km/リッター(車載燃費計計測値) 


	【アウディA6セダン55 TFSIクワトロのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1885×1440mm/ホイールベース:2925mm/車重:1900kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:340ps(250kW)/5200-6400rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370-4500rpm/タイヤ:(前)245/45R19/(後)245/45R19(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:12.3km/リッター(JC08モード)/価格:1006万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:212.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:25.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/9.7km/リッター(車載燃費計計測値) 
	拡大

関連キーワード:
A6, アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.9.13 試乗記 2018年から始まった、日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルモデル拡大戦略。いよいよ本命ともいうべき「ゴルフ」が上陸した。すでにモデル末期ともうわさされている現行型ゴルフ。手を出すべきか、それとも待つべきか……!?
ホームへ戻る