アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(後編)

2019.06.20 谷口信輝の新車試乗 「これこそ、僕の考える“素晴らしいクルマ”です」。これまでアウディのよさを素直に認められなかったという谷口信輝が、新型「A6セダン」を高く評価するのはなぜか? 後編ではデザインを中心に、その印象を報告する。

文句のつけようがない

心の底ではアウディのよさを評価しているのに、それを口に出して認めたがらなかった谷口信輝。しかし、新型A6は彼のそんな心境さえ大きく変化させてしまう力があった。その核心については後ほど触れることにして、まずは内外装をじっくり観察してもらうことにしよう。
「このインテリアデザインはいいですね。特に、センターコンソールのモニターの下に見えるエアコン周りの操作系がいいです」

現行世代の「A8」「A7スポーツバック」「A6」では大型タッチスクリーンを活用してダッシュボード周辺のフラッシュサーフェイス化を実現。スイッチ類による凹凸がほぼないうえ、スイッチを消したときに真っ黒に沈み込むデザインは極めて未来的だが、タッチスクリーン式ゆえにブラインドタッチはしにくく、これが一部で非難される状況を生み出しているのも事実である。
「そうなんですか? 僕は素直にかっこいいと思いますよ」

アウディのセンスと波長があったように見受けられる谷口に、インテリアデザインの気づきにくい特徴についてひとつ解説してみた。ダッシュボード上に設けられた横長のエアベントは、室内からも見えるフラップの向きを変えることで空気の吹き出す方向を上下に調整するごく一般的なものだが、他の多くのクルマとは異なり、A6では実際に吹き出し方向を変えてもフラップの位置は上下しない。こんな細かい部分にまでこだわりを示すのはアウディくらいのものだろう。谷口からは「へー、本当だ。そんな説明、誰から聞いたの? まるでアウディのセールスマンみたいじゃないですか……」と逆に突っ込まれてしまったが。

それでも谷口はインテリアのよさを素直に認めた。
「クオリティー感もいいし、居住性にも文句ありませんね。さっき後席に腰掛けてみましたが、ひざ周りの余裕は僕が座っても3~4cmありますし、ヘッドルームも問題ナシ。何の不満もありません」

 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(後編)の画像拡大
 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(後編)の画像拡大
 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(後編)の画像拡大
 
アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(後編)の画像拡大

【アウディA6セダン55 TFSIクワトロのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1885×1440mm/ホイールベース:2925mm/車重:1900kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:340ps(250kW)/5200-6400rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370-4500rpm/タイヤ:(前)245/45R19/(後)245/45R19(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:12.3km/リッター(JC08モード)/価格:1006万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:212.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:25.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/9.7km/リッター(車載燃費計計測値) 


	【アウディA6セダン55 TFSIクワトロのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1885×1440mm/ホイールベース:2925mm/車重:1900kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:340ps(250kW)/5200-6400rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370-4500rpm/タイヤ:(前)245/45R19/(後)245/45R19(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:12.3km/リッター(JC08モード)/価格:1006万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:212.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:25.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/9.7km/リッター(車載燃費計計測値) 
	拡大

関連キーワード:
A6, アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る