第136回:われら教条主義者

2019.06.25 カーマニア人間国宝への道

プジョー508が気になる!

カーマニア人間国宝を目指していながら、ここ2年間クルマも買わず、しかも趣味車の「フェラーリ328GTS」は、ここんとこほとんど「持ってるだけ」。もっぱらエリート特急こと「BMW 320d」(先代の激安中古車)で大満足しておりまして、人間国宝どころか完璧にフツーの人に成り下がっておりますが、最近は「もうフツーの人でイイ! フツーの人のシアワセなカーライフを探そう!」と開き直ってます。

で、先代BMW 320dオーナーとして、最近一番気になったクルマ。それは新型「3シリーズ」ではなく、「プジョー508」でした!

先代3シリーズは、最新の同クラス車と比べてやや重めのパワステに重厚感があり、それでいて切ればBMWらしくヒラリと曲がる、実に秀逸なデキのミドルセダンですが、新型3シリーズはパワステがグッと軽くなって、その重厚感がなくなった。その他はまぁ先代とそれほど大差ないので感動もなく、サイズが大きくなったのは逆にデメリット。

最大のプラスアルファは自動ブレーキやACCなどのドライビングアシスタンスの部分というのが率直な感想で、もう全然まったく欲しくない。もちろん新車でこのクラスのクルマを買う気はカケラもないですが。

ところが、プジョー508には大いに惹(ひ)かれた。508のキモは、羽毛のように軽い操作フィール! パワステなんかそれこそ小指一本で回せるくらい軽い! しかも例の小径楕円(だえん)ステアリングなので、そのライト感覚はわがエリート特急の対極にある。なにごとも対極って魅力的だよね!

筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。拡大
筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。
筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。拡大
筆者が最近一番気になったクルマ「プジョー508」。
筆者が最近一番気になったクルマ「プジョー508」。拡大
新型「BMW 3シリーズ」。(写真=BMW)
新型「BMW 3シリーズ」。(写真=BMW)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事