クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BEST BUY 2019 カーナビ | パナソニック ゴリラ CN-G1300VD/CN-G730D/CN-G530D

やさしいゴリラ 2019.07.01 Gear Up! 2019 Summer

長い歴史は信頼の証し

ゴリラは1995年に初代モデルが三洋電機から発売。当時はまだ大柄だったGPSアンテナを本体の頭に載せた格好がまるでゴリラのようだったことから、それが愛称になった。その後ダッシュボードの上に取り付けられる形態になってからもゴリラの愛称で親しまれ、途中製造・販売元がパナソニックに移ってからも、ゴリラは元気に生き続けている。近年はポータブルナビの弱点とされた測位性能を見事に克服、車速信号をナビに接続するなど面倒な設置工事が必要なダッシュ埋め込み型ナビにひけを取らない自車位置精度を獲得するまでになった。さらにポータブルでは無理と思われていた渋滞回避機能や安全・安心運転のサポートまでしてくれるようになると、ゴリラにこれ以上の発展はあるのか、そんな思いが募ったのも事実である。ところがまだ先があることを2019年のゴリラは教えてくれた。

7V型には求めやすい価格のCN-G730Dもある。こちらはVICS WIDEは搭載しないし地図更新も有料にはなるが、3つの衛星に対応したトリプル衛星受信や高精度Gジャイロなどによる優れた測位性能、加えて安全・安心運転サポートなど、ナビゲーション機能は上級機と変わらない。ワンセグでのテレビ受信も可能。オープン価格(実勢価格:CN-G730D=5万4000円前後)
7V型には求めやすい価格のCN-G730Dもある。こちらはVICS WIDEは搭載しないし地図更新も有料にはなるが、3つの衛星に対応したトリプル衛星受信や高精度Gジャイロなどによる優れた測位性能、加えて安全・安心運転サポートなど、ナビゲーション機能は上級機と変わらない。ワンセグでのテレビ受信も可能。オープン価格(実勢価格:CN-G730D=5万4000円前後)拡大
コンパクトな5V型画面搭載のCN-G530Dは前方視界を妨げられたくないというドライバー向けのゴリラ。内容は画面サイズを除いてCN-G730Dに等しく、見やすくなった案内表示や、安全・安心運転サポートも受けられる。価格も手ごろなので初心者、高齢ドライバーへのプレゼントに最適。オープン価格(実勢価格:CN-G530D=3万9000円前後)
コンパクトな5V型画面搭載のCN-G530Dは前方視界を妨げられたくないというドライバー向けのゴリラ。内容は画面サイズを除いてCN-G730Dに等しく、見やすくなった案内表示や、安全・安心運転サポートも受けられる。価格も手ごろなので初心者、高齢ドライバーへのプレゼントに最適。オープン価格(実勢価格:CN-G530D=3万9000円前後)拡大

社会の要請に迅速に応える

今年24歳を迎えた新世代ゴリラの発表資料を見ると、彼に与えられた使命は「使う人にもっと愛を」ではないか、そう思った。これまでのゴリラも道案内や交通標識の画面表示、それに高速道路での逆走警告などを備え、ユーザーには十分にやさしかった。新型ではそれらがさらに念の入ったやさしさに進化したからである。特にそれは「リアル3D交差点拡大図」に見て取れる。近年主要な交差点では安全性向上のためにカラー舗装やドットレーンが増えつつあるが、2019年ゴリラでは案内中の拡大図にこれらの新しい描写を忠実に表現、現実とのギャップを埋めている。同じことは方面看板表示や高速道路等のジャンクション、出口案内表示でも実際の看板と同じもの(文字内容やデザインまで)でそろえた。その地点に到達する前に画面であらかじめ知っておけるから、これからは表示の違いにまごつくことはもうなくなる。

ゴリラはポータブルナビであるにもかかわらず、優れた自車位置精度を誇っているが、安全・安心運転サポートもこれを生かした機能といえる。一般道での一時停止、制限速度などの道路標識情報を地図データに搭載、うっかりすると見落としがちなこれら標識を、該当地点に至る前に画面にポップアップ表示、さらに音声で注意喚起してくれる。これもゴリラのやさしさ。さらにゴリラは高速道での逆走を検知・警告するシステムを装備している。近年、特に高齢者で目立つ逆走運転は大きな社会問題。この機能は、逆走の発生しそうな地点、すなわちSA/PAでの発車時、インターチェンジやジャンクション、ランプ、SA、PAの本線合流時に起こりそうな地点で逆走が発生するとすかさず検知してドライバーに注意を促してくれる。自分は大丈夫などと思っている人でもこういう機能があるなら利用すべきである。新ゴリラの検知可能な地点は以前のモデルより増えており、メーカーも事故を未然に防ぐべく改良を重ねている。 ※逆走の検知・警告できる状況や道路は限られる。

高速道路の案内も親切になった。例えばこの名神高速の瀬田東出口。実際は「出口」とだけ素っ気ないが出口名入りで出るなど、親切な表示に改められた。
高速道路の案内も親切になった。例えばこの名神高速の瀬田東出口。実際は「出口」とだけ素っ気ないが出口名入りで出るなど、親切な表示に改められた。拡大
安全な運転に欠かせないのが道路標識の順守。一時停止などを見落としては重大な事故を起こしかねない。そんなときもゴリラなら安心。標識の数十メートル手前からポップアップ画面と音声で注意を呼び起こしてくれる。このほかにも踏切、急カーブ、制限速度、指定方向外進入禁止、高速レーン減少、合流の各案内が用意されている。
安全な運転に欠かせないのが道路標識の順守。一時停止などを見落としては重大な事故を起こしかねない。そんなときもゴリラなら安心。標識の数十メートル手前からポップアップ画面と音声で注意を呼び起こしてくれる。このほかにも踏切、急カーブ、制限速度、指定方向外進入禁止、高速レーン減少、合流の各案内が用意されている。拡大
新型ゴリラは地図データが大きく変わったが、そのひとつが案内時に出る方面看板。「春日通り」などの通称名が入り実際の看板とそっくりになってわかりやすさが増した。高速道路には路線番号も入るようになった。
新型ゴリラは地図データが大きく変わったが、そのひとつが案内時に出る方面看板。「春日通り」などの通称名が入り実際の看板とそっくりになってわかりやすさが増した。高速道路には路線番号も入るようになった。拡大
交差点で昨今増えてきたのが方向区分をわかりやすくするためのカラーレーンと速度を落とさせるドットレーン。新型ゴリラはこれにも対応。実際どおりの色分けの拡大図が到達手前から表示されるので間違いにくい。
交差点で昨今増えてきたのが方向区分をわかりやすくするためのカラーレーンと速度を落とさせるドットレーン。新型ゴリラはこれにも対応。実際どおりの色分けの拡大図が到達手前から表示されるので間違いにくい。拡大

畳と地図は新しいほうが

時代の変化に敏感といえば新しくなった地図への対応も特筆されるべきである。時あたかも都心部およびその周辺では来たる2020年の東京オリンピック/パラリンピック開催に向けて道路整備が本格化。めまぐるしいほど新規道路の開通が相次いでいる。自分のカーナビの地図が古いままで案内されるがままに走ったとしたら……。正しいルートが示されないのは言うまでもなく、ナビが案内したルートはその時点では遠回りの道になっているかもしれない。ゴリラの場合、使用する地図データが信頼度の高いゼンリン製であることに加えて、2019年モデルでは発売時から2019年度版の最新地図を搭載しているので安心できる。購入後の翌年、地図更新をしたい場合は有料での年度版更新となるのが基本だが、最上級モデルのCN-G1300VDに関しては道路マップが2022年7月末まで無料で更新できる権利が付くので長く安心して使うことができる。この道路マップとは道路地図データのほかに、交差点などに変更が加えられた場合の音声案内や案内画像(3D交差点拡大図、ハイウェイ分岐、方面看板表示を含む)、逆走検知データ(年3回更新される)も含まれるので価値ある地図更新といえるだろう。

CN-G1300VDだけが持つもうひとつの特徴は、リアビューカメラの装着に対応していること。車両が後退する際の安全確認に欠かせないリアビューカメラは、ポータブルナビであってももはや必須のアイテム。発進時に車両の後ろに障害物がないか確認するだけでも役に立つ。ゴリラCN-G1300VDの後ろの目となってくれるのが7月発売のCY-RC100KDである。CN-G1300VD購入時にはセットで買われることをぜひおすすめしたい。

自分自身はもちろん、他人をも大きな危険にさらすのが高速道路での逆走運転。優れた測位性能を活用してポータブルナビでこの逆走警告機能を実現した。写真はまさに本線中の逆走だが、ここに至る前も、サービスエリア等で発進する際にまず音声で注意喚起する。実際の逆走検知はSAやPAからの本線合流、ICやジャンクション、ランプで機能する。
自分自身はもちろん、他人をも大きな危険にさらすのが高速道路での逆走運転。優れた測位性能を活用してポータブルナビでこの逆走警告機能を実現した。写真はまさに本線中の逆走だが、ここに至る前も、サービスエリア等で発進する際にまず音声で注意喚起する。実際の逆走検知はSAやPAからの本線合流、ICやジャンクション、ランプで機能する。拡大
CN-G1300VDにリアビューカメラCY-RC90KDを接続すれば車両後方の様子もナビ画面で確認できる。
CN-G1300VDにリアビューカメラCY-RC90KDを接続すれば車両後方の様子もナビ画面で確認できる。拡大
ポータブルナビとしては大きい7V型画面を持つ最上級モデルがCNG1300VD。ルート案内中にすいた道がみつかれば即座に最短ルートを案内する「スイテルート案内」や、通常の渋滞情報より精度の高い情報を提供する「VICS WIDE」にも対応するのはこのモデルだけ。後退時に後方の視界を助けるリアビューカメラも唯一接続できる。オープン価格(実勢価格:CN-G1300VD=6万5000円前後)
ポータブルナビとしては大きい7V型画面を持つ最上級モデルがCNG1300VD。ルート案内中にすいた道がみつかれば即座に最短ルートを案内する「スイテルート案内」や、通常の渋滞情報より精度の高い情報を提供する「VICS WIDE」にも対応するのはこのモデルだけ。後退時に後方の視界を助けるリアビューカメラも唯一接続できる。オープン価格(実勢価格:CN-G1300VD=6万5000円前後)拡大
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | カロッツェリア VREC-DZ700DLC BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | カロッツェリア VREC-DZ700DLC
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。