第577回:いままでの常識を打ち破れ!
トヨタGRのスポーツ車開発はこう変わる

2019.07.05 エディターから一言

トヨタは今後のルマン24時間耐久レースに、市販も視野に入れた“ハイパーカー”を投入する。これにより同社のスポーツ車両開発はどう変わるのだろうか?

2年で20台の市販が条件

TOYOYA GAZOO Racingが2連覇した今年のルマン。その決勝に先立って、主催団体であるACO(フランス西部自動車クラブ)から重大な発表があった。2020年秋から始まる2020-2021年シーズン、つまり次の次のシーズンから最高峰クラスのマシンとしてハイパーカー規定(仮称)が導入されることとなったのだ。正式にはハイパーカーの外観を持ったプロトタイプカーと、市販前提のハイパーカーが最高峰クラスを戦うことになる。

このハイパーカークラスに、早速2つのメーカーが参戦の名乗りを上げた。TOYOYA GAZOO Racing、そしてアストンマーティンである。TOYOTA GAZOO Racingは2018年の東京オートサロンでコンセプトカーがお披露目された「GRスーパースポーツ」(仮称)での参戦を予定している。そして、アストンマーティンのマシンはといえば、レッドブルレーシングと共同開発中の「ヴァルキリー」をベースとする。

このハイパーカーが現在の参戦車両と大きく異なるのは、まず何より、このマシンをベースにした市販車の開発が義務付けられていることだ。しかも数台ではなく、2年間で20台の生産が必要とされる。

設計は各社自由で、パワートレインはハイブリッドとノンハイブリッドの両方が認められた。最低重量は1100kg、最高出力は750ps(550kW)。ハイブリッドは電気モーターの出力が最高270ps(200kW)までと規定されている。

ルマン24時間レースが行われるサルトサーキットの想定ラップタイムは3分30秒。今年の「トヨタTS050ハイブリッド」の予選タイムが3分15秒台だから、7~8%ほど遅くなる。

トヨタが、2020年秋以降に開催されるWEC(世界耐久選手権)2020-2021年シーズンに投入する予定のハイパーマシン。2019年6月14日にイメージが公開された。


	トヨタが、2020年秋以降に開催されるWEC(世界耐久選手権)2020-2021年シーズンに投入する予定のハイパーマシン。2019年6月14日にイメージが公開された。
	拡大
こちらはアストンマーティンが発表した「ヴァルキリー」のイメージ。6.5リッターV12エンジンを搭載するハイパーカーで、2021年に開催されるルマン24時間レースではトヨタと争うことになる。
こちらはアストンマーティンが発表した「ヴァルキリー」のイメージ。6.5リッターV12エンジンを搭載するハイパーカーで、2021年に開催されるルマン24時間レースではトヨタと争うことになる。拡大

2019年のルマン24時間を制したトヨタのマシン「TS050ハイブリッド」。周回数(385周)は前年におよばなかったものの、2018年に続く連覇となった。


	2019年のルマン24時間を制したトヨタのマシン「TS050ハイブリッド」。周回数(385周)は前年におよばなかったものの、2018年に続く連覇となった。
	拡大
ルマンのゴール後、TOYOYA GAZOO Racingの旗を立ててパレードランを行うNo.8 トヨタTS050ハイブリッド。同マシンは2020-2021年シーズン以降、新規開発されるハイパーカーへとバトンを渡す見通し。
ルマンのゴール後、TOYOYA GAZOO Racingの旗を立ててパレードランを行うNo.8 トヨタTS050ハイブリッド。同マシンは2020-2021年シーズン以降、新規開発されるハイパーカーへとバトンを渡す見通し。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事