ACCは付いているのが当たり前?
加速する軽自動車の進化と技術競争の激化

2019.07.31 デイリーコラム

圧倒的な強さの「ホンダN-BOX」

元号が令和に変わっても日々のニュースに事欠かない自動車業界。特に本年度は10月に消費税が増税される見込みで、それが販売に影響を及ぼすことが容易に想像できる。

そうした波乱の兆候が消費者心理に働いているわけではないのだろうが、依然として販売好調なのが軽自動車というカテゴリーだ。全国軽自動車協会連合会のデータによれば、2018年の軽乗用車(ボンネットバン含む)の販売台数は152万9613台と、対前年比4.8%の伸び。軽自動車が最も売れた2014年の186万2048台には及ばないが、2016年に大きく台数を落としたことから見れば、回復していると言っていいだろう。2019年に入ってからも1~6月の軽乗用車の販売台数はほぼ横ばいといった感じで推移している。

そんな現在の軽自動車、いや登録車も含めた国内市場をけん引しているのが、「ホンダN-BOX」なのは周知の通り。現在のN-BOXは2代目になるが、登録車も含め、2年連続で新車販売台数1位というから正直驚くしかない。これについては「登録車をつくっているメーカーは奮起せよ!」とも言いたいところで、ホンダ自体もN-BOXが上半期における国内販売の約33%を一車種でまかなうという、数多くの登録車を扱うフルラインナップメーカーとしては、いささかゆがんだ構造になっているのだ。

2代目「ホンダN-BOX」(左)と「N-BOXカスタム」(右)。軽自動車(届出車)、登録車問わず、今日本で一番売れているモデルとなっている。
2代目「ホンダN-BOX」(左)と「N-BOXカスタム」(右)。軽自動車(届出車)、登録車問わず、今日本で一番売れているモデルとなっている。拡大
現行型「N-BOX」は2017年9月に発売された。
現行型「N-BOX」は2017年9月に発売された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事