クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第581回:初代「TT」と「A6」の開発秘話を和田 智が披露
アウディ主催の「bauhaus 100 japan Talk Live」をリポート

2019.08.08 エディターから一言
初代「アウディTT」を囲む、左からデザイン評論家の柏木 博氏、SWdesign代表の和田 智氏、アウディジャパンのフィリップ・ノアック社長。

 

初代「アウディTT」を囲む、左からデザイン評論家の柏木 博氏、SWdesign代表の和田 智氏、アウディジャパンのフィリップ・ノアック社長。
	 
	拡大

「アウディTT」日本導入20周年を記念するイベント、「bauhaus 100 japan Talk Live(バウハウス100 ジャパン トーク ライブ)」が2019年7月29日に東京・二子玉川で開催された。元アウディのカーデザイナー・和田 智氏が登壇、「A6」開発時の秘話や、初代TTへの思いを語った。

巡回展「開校100年 きたれ、バウハウス-造形教育の基礎-」は、2019年8月3日から2020年9月6日まで、新潟、兵庫、香川、静岡、東京の国内5カ所の美術館にて開催される予定。
 
巡回展「開校100年 きたれ、バウハウス-造形教育の基礎-」は、2019年8月3日から2020年9月6日まで、新潟、兵庫、香川、静岡、東京の国内5カ所の美術館にて開催される予定。
	 拡大
バウハウスの講師陣には、パウル・クレーやワシリー・カンディンスキーといった有名画家が名を連ねた。
バウハウスの講師陣には、パウル・クレーやワシリー・カンディンスキーといった有名画家が名を連ねた。拡大
柏木氏のレクチャーの中では、モダニズムデザインの一例として、スチールパイプを使用した、マルセル・ブロイヤー作のチェアも紹介された。
柏木氏のレクチャーの中では、モダニズムデザインの一例として、スチールパイプを使用した、マルセル・ブロイヤー作のチェアも紹介された。拡大

バウハウスとは何か?

2019年、バウハウスは開校100周年を迎える。

バウハウスとは1919年に設立され、1932年までの14年間にわたり存在した、ドイツの造形芸術学校のこと。近代建築を代表する2人の巨匠が校長を務め、有名画家たちが講師を務めたことでも知られるが、このバウハウスが世に与えた功績は大きい。なぜなら、芸術と産業を統合した総合的なデザイン教育はここから始まったといってよく、機能的で普遍的なデザインは、今もなお多くの製品に影響を与え続けているからだ。

20世紀に誕生したこの美術学校の100周年を祝う行事は大きな広がりを見せ、2019年9月からは、日本国内の5カ所の美術館を巡る、記念企画展「開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-」がスタートする。

アウディ ジャパンも、その企画展を協賛する企業のひとつ。同時に、ドイツ発祥のブランドであり、初代アウディTTが日本導入から20周年を迎えたこととも相まって、今回のトークイベントが開催される運びとなった。

登壇するのは、デザイン評論家で武蔵野美術大学名誉教授の柏木 博氏と、元アウディのカーデザイナーである和田 智氏。

まず、「バウハウスとは何か」について、その歴史やプロダクトについて柏木氏からレクチャーが行われたあと、和田氏から、アウディTTとアウディブランド、そしてバウハウスとのつながりについて語られた。

デザインとは「継承」の上に成り立つもの

バウハウスの功績をひとつのきっかけとしながら、柏木氏と和田氏がデザインについて語りあう中で、ともに大切なテーマとして導きだされたのが、「継承」という2文字である。

中でも興味深かったのが、和田氏によって語られた、あるエピソードだ。彼は、アウディ デザイン在籍時代にA6を手がけているが、その開発時に、当時の上司であったワルター・デ・シルヴァ氏から、以下のような言葉を投げかけられ心底驚いたという。

「デザインミュージアムに机を持って、絵を描け! そこで一番声を響かせたものを探し出して、継承しろ」

なぜ驚いたのか。それは、以前在籍していた国産メーカーでは、「新しいもの、他とは違ったものをデザインしろ」と言われていたし、ずっと“新しいもの”を作ることに疑いを持たなかったからだ。

これまでとは真逆の指示に戸惑いつつも、実際にミュージアムで過去のクルマと向き合っていると、不思議と語りかけてくる声が聞こえてきた。そして最終的には、ポルシェのレースカーからの語りかけが、A6のシングルフレームのヒントを与えてくれたのだという。

和田氏は、その後、同社のゴールデンエイジを築くひとりとなっていくが、デ・シルヴァ氏のひとことから、歴史や伝統を継承することが、新しい発想を生み出すうえで欠かせないことに気づかされたと語る。

デザインについて2人の専門家によるトークライブが行われた。
デザインについて2人の専門家によるトークライブが行われた。拡大
和田氏がデザインを手がけた、3代目「アウディA6」。
和田氏がデザインを手がけた、3代目「アウディA6」。拡大

初代アウディTTが「継承」するものとは

初代アウディTTに関連するものとしては、こんなエピソードも飛び出した。

和田氏いわく、このモデルも過去の伝統を継承するモデルだという。表向きには「アウディDKW MONZA」がモデルになったとアナウンスされているが、実は、フェルディナント・ポルシェが手がけたポルシェの第1号機がモチーフとなっているのではないかというのだ。

初代アウディTTのデザイン案は、フォルクスワーゲン・アウディのアメリカのデザインチームがオリジナルを作り、一度ポルシェに提案されたものが不採用となっていたが、それをアウディのフェルディナント・ピエヒに提案したところ、受け入れられたものである、と。

和田氏はこのいきさつについて、「あくまでも推論にとどまる」と言うが、「ピエヒは、TTのデザイン案に“ポルシェの血”を感じたのだろう」と力を込める。アウディに在籍していた人物の話だけに、確度は高いのではないだろうか。

プログラムの最後には、先人の声に耳を傾け、未来へとつなげていくことがデザイナーとしての使命である。そして、バウハウスが育んできた精神についても、今のデザイナーたちがどう解釈し、継承していくかによって、それが持つ意味も変わってくるのではないか、と2人は結ぶ。

開始から1時間半に及ぶイベントだったが、2人の専門家による講演内容はとても熱のこもったもので、会場のそこかしこから、時折相づちを打つ声が聞こえてくるなど、来場者の反応の良さがうかがえた。

2019年8月3日にスタートする巡回展では、バウハウスの歴史や思想について、より知識を深めることができそうだ。新潟美術館を皮切りに国内5カ所で開催されるので、足を運んでみてはいかがだろう。

(文と写真=スーザン史子)

和田氏が登壇時に用いられた画像。虫眼鏡を組み合わせ、アウディのエンブレムが表現されている。
和田氏が登壇時に用いられた画像。虫眼鏡を組み合わせ、アウディのエンブレムが表現されている。拡大
会場の中央には、2018年に日本導入20周年を迎えた、初代「アウディTT」が展示されていた。
会場の中央には、2018年に日本導入20周年を迎えた、初代「アウディTT」が展示されていた。拡大
初代「アウディTT」のリアビュー。
初代「アウディTT」のリアビュー。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。