クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

海外のとはこんなに違う! 新型「カローラ」に見られる“驚異の工夫”とは?

2019.09.20 デイリーコラム

満を持しての世界統一

現在の「カローラ スポーツ」が発売された2018年6月当時、そのチーフエンジニアだった小西良樹氏は「今度のカローラは、世界でひとつのカローラです」と語っていた。

カローラは約50年間ずっと世界ベストセラーの座をうかがい続けてきた超定番商品だが、仕向け地ごとに細かくつくり分ける“地域最適化”が、他銘柄に対する大きな強みでもあった。ただ、ここ数世代はそれが先鋭化しすぎて、先代ではプラットフォームが世界で3種類も存在するまで膨れ上がってしまっていた。プラットフォームがちがえば、もはや別のクルマである。とある調査では2017年にもカローラが世界ベストセラーとなったが、先代のような状況では「名前だけでしょ?」とツッコまれたら反論しづらかったのも事実だ。

というわけで、とっ散らかってしまって必要以上にコストもかさむようになっていたカローラの“世界(再)統一”が、通算13代目となる新型カローラ最大の任務であり、それが冒頭の小西氏の弁が意味するところである。ちなみに、先代まで日欧で「オーリス」だったカローラのハッチバックも、日本に続いて欧州でもカローラに回帰。これでセダン、ステーションワゴン(以下ワゴン)、ハッチバックの3種が世界中で等しくカローラを名乗ることになった。

2019年9月17日に発売された新型「トヨタ・カローラ」。先代のセダンには「カローラアクシオ」の名が与えられたが、今回はシンプルな「カローラ」という名称に。
2019年9月17日に発売された新型「トヨタ・カローラ」。先代のセダンには「カローラアクシオ」の名が与えられたが、今回はシンプルな「カローラ」という名称に。拡大
セダンと同時に発売されたワゴンモデル。こちらは「カローラ ツーリング」と呼ばれる。ともに、日本仕様車のボディーは独自の仕立てとなっている。
セダンと同時に発売されたワゴンモデル。こちらは「カローラ ツーリング」と呼ばれる。ともに、日本仕様車のボディーは独自の仕立てとなっている。拡大
新世代モデルそろい踏みの図。写真左から、ワゴン「カローラ ツーリング」、セダン「カローラ」、そしてハッチバック「カローラ スポーツ」。
新世代モデルそろい踏みの図。写真左から、ワゴン「カローラ ツーリング」、セダン「カローラ」、そしてハッチバック「カローラ スポーツ」。拡大
トヨタ の中古車

日本のカローラだけが違う!?

実際、今回国内発売された新型カローラのセダンとワゴンもご覧のように、内外装の基本意匠は新しい世界統一デザインの路線上にある。その車体サイズも事前情報でも語られていたとおり、国内向けカローラセダン/ワゴンとしては史上初の3ナンバーとなり、2018年10月のパリサロンで初公開された欧州向けワゴンや同11月に広州モーターショーで公開された海外向けセダンと、写真では当たり前だが同じクルマに見える。……のだが、それは巧妙なデザイン処理による錯覚だ。日本のカローラセダン/ワゴンは3ナンバーに脱皮しつつも、ボディー本体は今回も日本専用なのだ。この点をいい当てた事前スクープはほとんどなかった。

日本向けの新型カローラはハッチバックも含めて全車形でホイールベースが2640mmだが、それは日本だけの特例。海外向けセダン/ワゴンのそれはハッチバックより長い2700mmである。日本仕様はさらにリアオーバーハングも削られており、4.5mをわずかに切る全長は海外向けより85~95mmも短い。それだけではない。フェンダーやドア、ルーフ、サイドパネルなどを日本専用とした全幅も、海外向け比で35~45mmナローな1740mm。つまり、日本のカローラの車体はハッチバックのカローラ スポーツのみが世界統一サイズで、セダンとワゴンは日本専用ということである。

この“全長4.5m未満×全幅1.74m”というサイズは、2009年から2015年にかけてバカ売れして“平成の国民車”となった3代目「プリウス」を参考に弾き出された数値という。新型カローラが世界統一で土台とする「GA-Cプラットフォーム」ではさすがに5ナンバー化は無理だそうだが、担当技術者によると「3代目プリウスはカローラからの乗り換えも大量に発生しました。その3代目プリウスのサイズまでなら日本での使い勝手には問題ないと証明されたということでもあります」との判断らしい。それにとどまらず、ドアミラー位置も独自に工夫することで、日本人の駐車スタイルである“ドアミラー格納状態”での車幅を5ナンバーだった先代と同等までせばめた。

ホイールベースは、海外仕様車に比べて60mm短い。後席のニールームも海外モデルよりはせまくなるが、先代の国内仕様車からは拡大されている。
ホイールベースは、海外仕様車に比べて60mm短い。後席のニールームも海外モデルよりはせまくなるが、先代の国内仕様車からは拡大されている。拡大
リアのオーバーハングは、ワゴンモデルの場合で、海外仕様車よりも95mm短くなっている。荷室の積載容量は、調節可能なフロアを上段にセットして5人乗車した状態で325リッター。
リアのオーバーハングは、ワゴンモデルの場合で、海外仕様車よりも95mm短くなっている。荷室の積載容量は、調節可能なフロアを上段にセットして5人乗車した状態で325リッター。拡大
ドアミラーにも工夫が見られる。格納時の幅を、先代比で片側あたり5mm増しに抑えるなど、狭い駐車場での乗降性に配慮したという。
ドアミラーにも工夫が見られる。格納時の幅を、先代比で片側あたり5mm増しに抑えるなど、狭い駐車場での乗降性に配慮したという。拡大

なんだかんだで顧客第一

新型カローラの日本専用の工夫はまだある。5.0mという最小回転半径も先代同等なら、ドアの開口角度や厚みも独自の設計として“乗降時のドア開け幅”も先代と変わりないレベルにまで切り詰めている。これらによって「たしかに3ナンバーにはなりましたが、実質的な取り回し性やせまい場所での使い勝手は、先代にあたる『カローラアクシオ』『カローラフィールダー』と変わりありません!」というのが担当技術者の主張である。しかも「それでも5ナンバーじゃないとNG」という頑固者(もしくは自宅駐車場が物理的にギリギリ)の顧客のために、しばらくは従来型も併売するというのだから、これはもう涙ぐましい努力というほかない。

今回“TNGA”なる大方針のもとに世界再統一を目指したカローラだが、今回の日本仕様も結局は見た目以上に凝りに凝った日本専用モデルだ。考えてみれば、中国カローラのインフォテインメントには笑ってしまうほど巨大な縦型ディスプレイも用意されているし、日本以外でカローラのワゴンを売るのは欧州市場のみなので、欧州向けカローラワゴンもまた、じつは欧州“専用”のカローラなのだ。

カローラはひとつ……世界再統一……とかいっても、カローラはやっぱり、世界のお客さまのご都合に合わせた“地域最適化”が生命線ということだ。こういうクルマづくりは世界的に少数派になりつつあるが、いかにも日本製品らしい細やかな気配りをいまだに守るカローラは、日本人としては素直に、ちょっと誇らしくもある。

(文=佐野弘宗/写真=webCG/編集=関 顕也)

インテリアについては、ドアのトリムを先代よりも16mm薄型化。これも乗降性を向上するための措置である。
インテリアについては、ドアのトリムを先代よりも16mm薄型化。これも乗降性を向上するための措置である。拡大
セダン「カローラ」(国内仕様車)のリアビュー。リアバンパーのほか、ルーフ、ドア、ピラー部など多くのパーツが海外仕様車と異なっている。車幅を詰めるにあたっては、ドアパネルだけでなく内部のビームも変更された。
セダン「カローラ」(国内仕様車)のリアビュー。リアバンパーのほか、ルーフ、ドア、ピラー部など多くのパーツが海外仕様車と異なっている。車幅を詰めるにあたっては、ドアパネルだけでなく内部のビームも変更された。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。