海外のとはこんなに違う! 新型「カローラ」に見られる“驚異の工夫”とは?

2019.09.20 デイリーコラム

満を持しての世界統一

現在の「カローラ スポーツ」が発売された2018年6月当時、そのチーフエンジニアだった小西良樹氏は「今度のカローラは、世界でひとつのカローラです」と語っていた。

カローラは約50年間ずっと世界ベストセラーの座をうかがい続けてきた超定番商品だが、仕向け地ごとに細かくつくり分ける“地域最適化”が、他銘柄に対する大きな強みでもあった。ただ、ここ数世代はそれが先鋭化しすぎて、先代ではプラットフォームが世界で3種類も存在するまで膨れ上がってしまっていた。プラットフォームがちがえば、もはや別のクルマである。とある調査では2017年にもカローラが世界ベストセラーとなったが、先代のような状況では「名前だけでしょ?」とツッコまれたら反論しづらかったのも事実だ。

というわけで、とっ散らかってしまって必要以上にコストもかさむようになっていたカローラの“世界(再)統一”が、通算13代目となる新型カローラ最大の任務であり、それが冒頭の小西氏の弁が意味するところである。ちなみに、先代まで日欧で「オーリス」だったカローラのハッチバックも、日本に続いて欧州でもカローラに回帰。これでセダン、ステーションワゴン(以下ワゴン)、ハッチバックの3種が世界中で等しくカローラを名乗ることになった。

2019年9月17日に発売された新型「トヨタ・カローラ」。先代のセダンには「カローラアクシオ」の名が与えられたが、今回はシンプルな「カローラ」という名称に。
2019年9月17日に発売された新型「トヨタ・カローラ」。先代のセダンには「カローラアクシオ」の名が与えられたが、今回はシンプルな「カローラ」という名称に。拡大
セダンと同時に発売されたワゴンモデル。こちらは「カローラ ツーリング」と呼ばれる。ともに、日本仕様車のボディーは独自の仕立てとなっている。
セダンと同時に発売されたワゴンモデル。こちらは「カローラ ツーリング」と呼ばれる。ともに、日本仕様車のボディーは独自の仕立てとなっている。拡大
新世代モデルそろい踏みの図。写真左から、ワゴン「カローラ ツーリング」、セダン「カローラ」、そしてハッチバック「カローラ スポーツ」。
新世代モデルそろい踏みの図。写真左から、ワゴン「カローラ ツーリング」、セダン「カローラ」、そしてハッチバック「カローラ スポーツ」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること 2020.3.27 デイリーコラム モデル末期をにおわせる「トヨタ86」の限定車が登場。兄弟車「スバルBRZ」ともども、いよいよフルモデルチェンジのときが近づいてきたようだ。現時点で考えうる、デビュー時期やメカニズムについて予想してみた。
ホームへ戻る