海外のとはこんなに違う! 新型「カローラ」に見られる“驚異の工夫”とは?

2019.09.20 デイリーコラム

満を持しての世界統一

現在の「カローラ スポーツ」が発売された2018年6月当時、そのチーフエンジニアだった小西良樹氏は「今度のカローラは、世界でひとつのカローラです」と語っていた。

カローラは約50年間ずっと世界ベストセラーの座をうかがい続けてきた超定番商品だが、仕向け地ごとに細かくつくり分ける“地域最適化”が、他銘柄に対する大きな強みでもあった。ただ、ここ数世代はそれが先鋭化しすぎて、先代ではプラットフォームが世界で3種類も存在するまで膨れ上がってしまっていた。プラットフォームがちがえば、もはや別のクルマである。とある調査では2017年にもカローラが世界ベストセラーとなったが、先代のような状況では「名前だけでしょ?」とツッコまれたら反論しづらかったのも事実だ。

というわけで、とっ散らかってしまって必要以上にコストもかさむようになっていたカローラの“世界(再)統一”が、通算13代目となる新型カローラ最大の任務であり、それが冒頭の小西氏の弁が意味するところである。ちなみに、先代まで日欧で「オーリス」だったカローラのハッチバックも、日本に続いて欧州でもカローラに回帰。これでセダン、ステーションワゴン(以下ワゴン)、ハッチバックの3種が世界中で等しくカローラを名乗ることになった。

2019年9月17日に発売された新型「トヨタ・カローラ」。先代のセダンには「カローラアクシオ」の名が与えられたが、今回はシンプルな「カローラ」という名称に。
2019年9月17日に発売された新型「トヨタ・カローラ」。先代のセダンには「カローラアクシオ」の名が与えられたが、今回はシンプルな「カローラ」という名称に。拡大
セダンと同時に発売されたワゴンモデル。こちらは「カローラ ツーリング」と呼ばれる。ともに、日本仕様車のボディーは独自の仕立てとなっている。
セダンと同時に発売されたワゴンモデル。こちらは「カローラ ツーリング」と呼ばれる。ともに、日本仕様車のボディーは独自の仕立てとなっている。拡大
新世代モデルそろい踏みの図。写真左から、ワゴン「カローラ ツーリング」、セダン「カローラ」、そしてハッチバック「カローラ スポーツ」。
新世代モデルそろい踏みの図。写真左から、ワゴン「カローラ ツーリング」、セダン「カローラ」、そしてハッチバック「カローラ スポーツ」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • トヨタ・マークX“GRMN”(FR/6MT)【試乗記】 2019.1.14 試乗記 トヨタのFRセダン「マークX」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingが開発した「マークX“GRMN”」。モータースポーツで得た知見が惜しみなく注がれたコンプリートカーは、走りにこだわるドライバーにこそ試してほしいスポーツセダンに仕上がっていた。
  • 海外のとはこんなに違う! 新型「カローラ」に見られる“驚異の工夫”とは? 2019.9.20 デイリーコラム 2019年9月17日に販売がスタートした、新型「トヨタ・カローラ」の国内仕様車。先行発売された海外モデルと同じかと思いきや、日本独自のニーズに応える、驚くべき工夫が施されていた!
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る