東京モーターショー2019

【FUTURE EXPOの歩き方】“燃料電池”と“宇宙”を通して未来を味わう

2019.10.24 自動車ニュース
「有人与圧ローバ」の模型。
「有人与圧ローバ」の模型。拡大

今回の東京モーターショーで併催される、未来の技術やサービスをテーマとした体験型展示イベント「FUTURE EXPO」。技術ジャーナリストの林 愛子がまず注目したのは、壮大な未来を感じさせる、宇宙や次世代エネルギーにまつわる展示だった。

新型燃料電池車を示唆するトヨタの「ミライ コンセプト」。
新型燃料電池車を示唆するトヨタの「ミライ コンセプト」。拡大
コンセプトカーを見る限り、次期型「トヨタ・ミライ」は現行モデルよりぐっとスタイリッシュになりそうだ。
コンセプトカーを見る限り、次期型「トヨタ・ミライ」は現行モデルよりぐっとスタイリッシュになりそうだ。拡大
液化水素海上輸送について説明する、川崎重工の展示。
液化水素海上輸送について説明する、川崎重工の展示。拡大
「有人与圧ローバ」の模型は、水素タンクを交換している様子を表したものだ。
「有人与圧ローバ」の模型は、水素タンクを交換している様子を表したものだ。拡大
「ローバ」用タイヤのモックアップ。
「ローバ」用タイヤのモックアップ。拡大
TVアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「ガンダム」と「シャア専用ザク」の巨大フィギュア。スクリーンの巨大ムービーでも、同アニメにまつわる映像が流されていた。
TVアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「ガンダム」と「シャア専用ザク」の巨大フィギュア。スクリーンの巨大ムービーでも、同アニメにまつわる映像が流されていた。拡大

難しい水素の話で加熱した頭を、ガンダムでクールダウン

さまざまな未来の生活を描くMEGA WEB会場の「FUTURE EXPO」。2階の水素エネルギーや宇宙に関するコーナーには、2020年末発売予定の燃料電池車(FCV)「トヨタ・ミライ コンセプト」が展示されている。FCVは電気自動車と違って航続距離の心配がないのだが、水素を補給するステーションが少ないことが課題。しかし、これはニワトリとタマゴの関係で、FCVの台数が増えれば水素ステーションも増やせる。現行型よりも洗練されたスタイリングになりそうな新型ミライ。会場でぜひその姿を見てみてほしい。

ところで、このクルマの動力源となる水素はどうやって調達するのか。興味深いのは、次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合の提案する有機ケミカルハイドライド法だ。想定する原材料はブルネイの天然ガスで、水素を取り出してトルエンと結合させメチルシクロヘキサン(MCH)にする。これにより常温常圧で水素を輸送できるようになる。つまり、石油と同じように輸送や保管ができるのだ。日本に持ってきたMCHは専用施設で水素とトルエンに分け、水素はエネルギーとして使用し、トルエンはブルネイに戻して再利用する。モックアップではエネルギーの流れが分かりやすく表現されているので参考にしてみてほしい。

「そういう難しい話はちょっと……」という方もご安心を。会場中央の黄色いステージの上には宇宙航空研究開発機構(JAXA)などによる月面用モビリティー「有人与圧ローバ」関連の展示があり、国産ロケットや人工衛星、ローバの使用シーンをイメージした模型などに、無条件にワクワクさせられる。ブリヂストンが展示するローバ用タイヤのモックアップも迫力満点で、重力が地球の6分の1という月の上を駆け抜ける姿を想像するのも楽しい。

ステージ奥の壁面にはコンセプトムービーが流れる大画面があり、その両サイドをTVアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「ガンダム」と「シャア専用ザク」の巨大フィギュアが固める。モニターの前にはこれまた巨大なクッションがあるので、ここで宇宙感に浸りつつまったりするのもよさそう。

(文=林 愛子/写真=林 愛子、webCG/編集=堀田剛資)

関連キーワード:
東京モーターショー2019, 東京モーターショー2001

あなたにおすすめの記事
新着記事