第597回:外装デザインのリーダーを直撃取材! デザインにみる新型「ルノー・ルーテシア」のキモ

2019.11.01 エディターから一言
新型ルノー・ルーテシア
新型ルノー・ルーテシア拡大

第46回東京モーターショーにおいて、日本でもいよいよ公開された新型「ルノー・ルーテシア」。このクルマは、好評を博した従来モデルから何を受け継ぎ、何を刷新したのか? デザインに見るポイントを、モーターショーに合わせて来日したキーマンに聞いた。

5代目となる新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)は、2019年3月のジュネーブショーで世界初公開。日本では、第46回東京モーターショーがお披露目の場となった。
5代目となる新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)は、2019年3月のジュネーブショーで世界初公開。日本では、第46回東京モーターショーがお披露目の場となった。拡大
さまざまなメーカーで腕を振るってきたアンソニー・ロー氏。メルセデス・ベンツ時代には日本での勤務経験もあり、実は日本語も達者なロー氏である。
さまざまなメーカーで腕を振るってきたアンソニー・ロー氏。メルセデス・ベンツ時代には日本での勤務経験もあり、実は日本語も達者なロー氏である。拡大

あまたのメーカーを渡り歩いてルノーへ

新型ルーテシアが日本初公開された今回の東京モーターショー。その開幕に合わせて来日したアンソニー・ロー(Anthony LO)氏は、ルノーの“エクステリアデザイン担当バイスプレジデント”の肩書をもつ。バイスプレジデントを直訳すると副社長だが、ルノーでは“理事”に相当する役職のようだ。

――公表されているプロフィールによると、ローさんは香港でお生まれになって、イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(国立ロンドン美術大学)を卒業した後、まずはロータスに入社されたとか……。

はい、1987年にロータスに入社して、1990年にアウディに移籍しました。それからメルセデス・ベンツの東京デザインスタジオで7年ほど仕事してから、GMヨーロッパに移りました。GMではサーブやオペルのアドバンストデザインを担当しました。

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(前編) 2021.9.5 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がマイナーチェンジしたルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」に試乗。かつてその2020年モデルを愛車として選んだ漫画界のレジェンドは、最新モデルをどう評価したのか。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • スズキが「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部仕様を変更 オートライトを全車に採用 2021.9.16 自動車ニュース スズキが「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部仕様変更を実施。オートライトを全車に採用したほか、4段AT車に停車時アイドリングストップシステムを搭載した。またジムニーには、スペアタイヤロアカバーを追加している。
ホームへ戻る