第597回:外装デザインのリーダーを直撃取材! デザインにみる新型「ルノー・ルーテシア」のキモ

2019.11.01 エディターから一言
新型ルノー・ルーテシア
新型ルノー・ルーテシア拡大

第46回東京モーターショーにおいて、日本でもいよいよ公開された新型「ルノー・ルーテシア」。このクルマは、好評を博した従来モデルから何を受け継ぎ、何を刷新したのか? デザインに見るポイントを、モーターショーに合わせて来日したキーマンに聞いた。

5代目となる新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)は、2019年3月のジュネーブショーで世界初公開。日本では、第46回東京モーターショーがお披露目の場となった。
5代目となる新型「クリオ」(日本名:ルーテシア)は、2019年3月のジュネーブショーで世界初公開。日本では、第46回東京モーターショーがお披露目の場となった。拡大
さまざまなメーカーで腕を振るってきたアンソニー・ロー氏。メルセデス・ベンツ時代には日本での勤務経験もあり、実は日本語も達者なロー氏である。
さまざまなメーカーで腕を振るってきたアンソニー・ロー氏。メルセデス・ベンツ時代には日本での勤務経験もあり、実は日本語も達者なロー氏である。拡大

あまたのメーカーを渡り歩いてルノーへ

新型ルーテシアが日本初公開された今回の東京モーターショー。その開幕に合わせて来日したアンソニー・ロー(Anthony LO)氏は、ルノーの“エクステリアデザイン担当バイスプレジデント”の肩書をもつ。バイスプレジデントを直訳すると副社長だが、ルノーでは“理事”に相当する役職のようだ。

――公表されているプロフィールによると、ローさんは香港でお生まれになって、イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(国立ロンドン美術大学)を卒業した後、まずはロータスに入社されたとか……。

はい、1987年にロータスに入社して、1990年にアウディに移籍しました。それからメルセデス・ベンツの東京デザインスタジオで7年ほど仕事してから、GMヨーロッパに移りました。GMではサーブやオペルのアドバンストデザインを担当しました。

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
ホームへ戻る