自動運転の時代はホントにくるの? 実現可能性と課題について考える

2019.11.01 デイリーコラム

かつての勢いはどこへ?

2019年10月の中旬から下旬にかけて、トヨタとBMWが、特定条件下においてすべての運転タスクをシステムが行う「レベル4の自動運転」に関するアナウンスを相次いで行った。いわく、それぞれのメーカーはこのレベルの自動運転実現に精力的に取り組んでおり、一般向けの同乗試乗の機会も設けるというのだ。

振り返れば、「グーグルやアップル、そして家電メーカーのダイソンが自動運転や電気自動車(EV)の事業に本格参入」というニュースが増えてきたのは、2010年代の半ばごろだった。

同じ時期、日本国内でも各地で自動運転の実証試験が始まり「2020年半ばには完全自動運転が実現可能」などといった学識者のコメントがローカルニュースに流れるようになった。

一方、自動車の大手メーカーや、ボッシュ、コンチネンタル、デンソーといった自動車部品製造大手は、自動運転の各レベルに応じた量産予測のロードマップを示しているのだが、ここにきて、そのスケジュールをかなり先へとずらすという修正を余儀なくされている。

例えばアウディは「2018年秋には、ドイツ国内の高速道路において60km/h以下で“レベル3”の自動運転(システムが運転タスクを実施するが、その介入要求にドライバーも応じる必要がある)ができるクルマを量産する」と宣言したが、その実施時期を遅らせた。また、2019年9月に開催されたIAA(通称:フランクフルトモーターショー)でも、ダイムラー、BMW、フォルクスワーゲン グループは、自動運転技術に関わるニューモデルを積極的にアピールしていない。同年10月末に開幕した東京モーターショー2019でも同様。自動車メーカーによる実現を視野に入れた自動運転車の出展は、トヨタの「eパレット」などの一部を除き、ほとんど見ることができない。

いったい今、自動運転の分野で何が起こっているのか?

トヨタの自動運転実験車両「TRI-P4」。現在は米国ミシガン州のテストコースで使用されている。
トヨタの自動運転実験車両「TRI-P4」。現在は米国ミシガン州のテストコースで使用されている。拡大
2020年夏には、「TRI-P4」を使ったレベル4相当の自動運転デモンストレーションが一般向けに行われる。その舞台は、交通量が多く、渋滞も頻繁に起きる東京・お台場地区になる見込み。
2020年夏には、「TRI-P4」を使ったレベル4相当の自動運転デモンストレーションが一般向けに行われる。その舞台は、交通量が多く、渋滞も頻繁に起きる東京・お台場地区になる見込み。拡大
こちらはトヨタが開発した「eパレット(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」。同社が専用開発した自動運転システムが採用されており、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピックでは、選手村で自動運転にて運行される。
こちらはトヨタが開発した「eパレット(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」。同社が専用開発した自動運転システムが採用されており、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピックでは、選手村で自動運転にて運行される。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事