第149回:マニアックだぜ! 交通流図

2019.11.05 カーマニア人間国宝への道

首都高・大井JCT付近の大規模更新

去る9月29日、約3年半という長期にわたって続いていた首都高・大井JCTの一部通行止めが解除されました。

この通行止めは、大井JCTの連絡路が着地する、1号羽田線の東品川桟橋付近の老朽化が著しく、この前後約2kmにわたって大規模更新(造り替え)工事が行われているためでございました。

1号羽田線の新たな本線は、運河水面からの標高が従来よりぐっと高くなるため、連絡路の橋げたを新たに架け替える必要が生じたというわけです。

で、今回大井JCTの連絡路が接続したのは、陸地側に仮設された1号羽田線上りの迂回(うかい)路のほう。いずれ新本線が完成したら、またまた付け替えの必要が生じるが、その際は、今回完成した橋げたの末端部の角度を変えるだけで済むので、長期の通行止めにはならないとのことです。

ここまで読んでも、多くの皆さまは、なにがなんだかわからないでしょう。道路の改良工事を文章で説明するのってムズカシー!

わからないついでにさらに説明しますと、9月29日に大井JCTの通行止めが解除されたのと同時に、連絡路の南寄りの部分が1車線から2車線に増やされました。ここは以前、1車線のキツい上り坂だったので、いわゆる“サグ”効果によって渋滞の原因になってましたが、現在はきれいサッパリ解消しました!

大井JCT(湾岸線東行き→羽田線上り)は2019年9月29日14時に長期通行止めが解除された。(首都高速道路株式会社のHPより)
大井JCT(湾岸線東行き→羽田線上り)は2019年9月29日14時に長期通行止めが解除された。(首都高速道路株式会社のHPより)拡大
老朽化した東品川桟橋の橋脚部。
老朽化した東品川桟橋の橋脚部。拡大
大井JCT連絡路の1号羽田線との接続部(右側は建設中の新本線)。
大井JCT連絡路の1号羽田線との接続部(右側は建設中の新本線)。拡大
2車線になった大井JCT連絡路。
2車線になった大井JCT連絡路。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事