第602回:これからクルマはどう変わる? 日産の技術体験会に見る“ちょっと先のテクノロジー”

2019.11.12 エディターから一言

2019年10月、日産の先進技術が体験できる「ニッサン インテリジェント モビリティ」のテクノロジーツアー(体験会)が、報道機関向けに開催された。これまでも、このイベントで紹介された新技術やコンセプトが最終的なプロダクトに落とし込まれたケースは多く、その点では、未来の車両技術を先取りできるチャンスといえる。事前の想像以上に多岐にわたっていた技術展示のうち、筆者が「これは!」と思ったものについてリポートしよう。

「5G」でバーチャルなドライブが現実に!?

今回の日産の取材は、神奈川県横須賀市にある「GRANDRIVE(グランドライブ)」と厚木市にある「先進技術開発センター」の2カ所を移動する形で行われた。

最初に横須賀で体験したのは、コネクテッド技術を活用した、リアルとバーチャルを結ぶ「I2V:Invisible-to-Visible(インビジブル・トゥ・ビジブル)」だ。今後のモビリティーの進化において自動運転やコネクテッド技術が重要な鍵とされているのは周知の通りだが、現時点でも通信技術を活用した渋滞回避をはじめ、目的地までの運転環境をスムーズに整える試みは(徐々にではあるが)行われている。その一方で、「将来の自動運転時代を迎えるにあたり、無数の車両からの情報をクラウドに集め走行情報として共有することで、各段に高度な演算ができるようになる」と日産は言っている。

そんな“レベル4の自動運転”での移動においては、従来の情報を伝えてくれるオペレーターなどによるエージェント機能をさらにレベルアップすることで“移動の質”を高めることができる。そのために考えられたのが、「Metaverse(メタバース)」と呼ばれる仮想空間で生成されたアバターを活用して、新しいコミュニケーションを実現しようという試みである。

会場ではAR(拡張現実)用のゴーグルやヘッドセットを装着した2人の女性が、センサー類に体の動作を読み取らせてアバター(分身)化。これを“バーチャルな同乗者”として取材陣が乗る実験車両へと転送してみせた。今はまだ、車両内にいる人間もアバターを認識するためにARゴーグルを装着する必要があるものの(将来的には無用になるそうだが)、車外にいる人間が、まるで同乗しているかのような感覚が得られるのだ。

まだ実験段階であるため、アバターを生成させるために多くの機材が必要。実用化にまだ時間がかかることは明らかだ。AIを使った、それぞれのドライバーに最適な専用のアバターを用意することも考えられているが、それもずいぶん先になる。それでも、I2Vという仕組みを作り上げようとする日産の志の高さとそれを支える技術、つまり現在パートナーとなっているNTTドコモが展開する「5G」技術次第では現実のものとなりそうだ。東京モーターショー2019でもドコモは5Gに関する自動運転や遠隔操作などのデモを行っていた。進化のスピードが早いIoT(Internet of Things:モノがインターネットに接続され、相互に制御できるようになること)の技術は、商用の観点からも早いタイミングで車両に搭載されていくことが期待される。

日産が提唱する「ニッサン インテリジェント モビリティ」は、安心して意のままになるドライビングを実現する「インテリジェンドライブ」、爽快な走りが味わえる「インテリジェントパワー」、そして常に社会とつながる便利さを提供する「インテリジェントインテグレーション」の3つからなっている。やたら横文字が多いのが昨今の日産の特徴で、その都度「ここは日本なんだし、もう少しわかりやすく表現してくれてもいいんじゃないか」と感じるが……。
日産が提唱する「ニッサン インテリジェント モビリティ」は、安心して意のままになるドライビングを実現する「インテリジェンドライブ」、爽快な走りが味わえる「インテリジェントパワー」、そして常に社会とつながる便利さを提供する「インテリジェントインテグレーション」の3つからなっている。やたら横文字が多いのが昨今の日産の特徴で、その都度「ここは日本なんだし、もう少しわかりやすく表現してくれてもいいんじゃないか」と感じるが……。拡大
今回は、静止状態の車両(写真)を使って、アバター(分身)との同乗ドライブを疑似的に体験した。
今回は、静止状態の車両(写真)を使って、アバター(分身)との同乗ドライブを疑似的に体験した。拡大
車両の外側に居ながら、アバターとして車中に“乗り込む”2人の女性。車内の乗員は彼女たちとともにドライブできる一方、彼女たちは実際に移動することなくドライブ体験ができるようになる。
車両の外側に居ながら、アバターとして車中に“乗り込む”2人の女性。車内の乗員は彼女たちとともにドライブできる一方、彼女たちは実際に移動することなくドライブ体験ができるようになる。拡大
ワンボックスカー(上写真)の車内で乗員が目にする、相手方のアバター。どんな姿の分身を見せるか、そのアレンジも自由自在だ。
ワンボックスカー(上写真)の車内で乗員が目にする、相手方のアバター。どんな姿の分身を見せるか、そのアレンジも自由自在だ。拡大
「助手席にバーチャルな彼女を乗せてドライブ」の図。「I2V」のテクノロジーが完成すると、このような体験が現実のものとなる。
「助手席にバーチャルな彼女を乗せてドライブ」の図。「I2V」のテクノロジーが完成すると、このような体験が現実のものとなる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事