「アストンマーティンDBX」の内装デザインと価格が明らかに

2019.11.11 自動車ニュース
2019年11月20日にお披露目される予定の「アストンマーティンDBX」。
2019年11月20日にお披露目される予定の「アストンマーティンDBX」。拡大

英アストンマーティンは2019年11月6日(現地時間)、同年11月20日に北京でお披露目する予定のブランド初のSUV「DBX」のインテリアを公開するとともに、主要マーケットにおける販売価格を発表した。

 
「アストンマーティンDBX」の内装デザインと価格が明らかにの画像拡大

徹底的な顧客調査の結果を反映したというインテリアは、室内に足を踏み入れた瞬間から自宅でくつろいでいるような安心感を得られるという。DBX専用シャシーの採用により、室内スペース自体をテーラーメイドできるのも特徴だ。

コックピットのつくりはシートとステアリングホイールを好みの位置に設定できることと、コントローラーやディスプレイ、さらにウィンドウを通して高い視認性を得ることに主眼が置かれている。これによってドライバーが自信を持って、リラックスした運転ができるようになっている。

DBXの広々としたスペース感と豪華さを強調したというダッシュボードの中央にはTFTディスプレイをレイアウト。このディスプレイは印象的なサイズでありながら、それ自体の主張が大きくなりすぎないよう、シームレスな形で組み込まれている。ブリッジタイプのセンターコンソールにはハンドバッグや1.5リッターのペットボトルなどが収納できるという大型の収納スペースが備わっており、エレガントなだけでなく使い勝手も追求されているのが特徴だ。

スポーツカーのパッケージング手法などを活用したとうたう後席空間は、ライバル車を上回るニースペースとフットスペースを確保。どのシートに座っても明るく開放的なスペースからリラックスして外の世界を眺められるという。

日本市場での価格は2299万5000円。参考までに英国では15万8000ポンド、ドイツでは19万3500ユーロ、米国では18万9900ドルとアナウンスされている。上記の通り2019年11月20日に車両の全容が発表される予定で、予約注文の受け付けも同日以降に開始される見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
DBX, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン DBX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデル 2021.7.16 自動車ニュース BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本で発売。同日発表された「4シリーズ グランクーペ」の高性能バージョンであり、最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1900-5000rpmを発生する3リッター直6ガソリンターボを搭載している。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.26 試乗記 電動化に対する考え方はそれぞれだが、ことBMWの場合は電気の力を環境対応に使いつつ、走りの楽しさにも活用している。マイルドハイブリッド化された直6エンジンを積む「X6」のあまりの出来栄えに感じ入ると同時に、味わえる残り時間を考えると寂しくなった。
ホームへ戻る