第630回:クルマのダッシュボードから時計やカメラまで デザインの「回帰志向」の裏にあるもの

2019.11.15 マッキナ あらモーダ!

初代「レパード」のほうが衝撃大?

日本の女性誌に「男子に聞く、デートで着てほしくない女子のファッション」という内容の記事があった。その中で笑ってしまったのは「ベレー帽」だ。理由は「『ジャイ子』のようだから」だという。

筆者の感覚では、ベレー帽はさして問題のあるものではないように思う。いっぽう、その記事にはなかったが、相手が着てきたら当惑するであろうものは「ヒッピー風ファッション」だ。イタリアで近年、ファッション誌にたびたび登場する装いだが、それを見るたび1970年代初頭にコメディアンのハナ肇が扮(ふん)していた「アッと驚く為五郎」を思い出してしまう。時代は繰り返す。

閑話休題。皆さんは、最近の新型車のインテリアを見て「どこか懐かしい」と感じたことはないだろうか。今回は、自動車のダッシュボードにおけるデザインの「回帰志向」に注目したい。

最新の日本ブランド車でそれを感じた一台は「マツダ・マツダ3」(2019年-)の運転席である。ステアリングの3本スポークとともに、ホーンパッドの存在感が際立つ。加えて、ATセレクターレバーのステッチ入りシフトブーツも古典的だ。

マツダ3以前から、同社の「鼓動(こどう)デザイン」シリーズには、ステアリングのデザインやセレクターレバー、車種によっては円形のエアコン吹き出し口まで、古典的ともいうべきものを感じる。特に写真で示した2017年のコンセプトカー「ヴィジョン クーペ」の運転席の各パーツは極めて古典的で、実車を見た筆者はソナタ形式の音楽を聴いているような心境になったものだ。

2018年にマツダデザインの幹部の方にそのステアリングについて伺ったところ、それは意図したものであるということを教えてくれた。

インテリアデザインの回帰志向が最も顕著に現れているのは、現行「日産リーフ」(2017年-)だろう。初代のそれがフューチャリスティック(未来的)感覚にあふれたものだっただけに、2代目での変容はインパクトがあった。こちらもマツダ3以上に、3本スポーク+ホーンパッドのデザインが1970年代的に映る。

加えて、空調コントロールパネルのデザインも、最先端という印象は伝わらない。40年近く前の初代「日産レパード」および「レパードTR/X」(1980-1986年)のダッシュボードを最初に目にしたときのほうが、衝撃が大きかったといえる。

日本車だけではない。ヨーロッパの高級車でもその傾向は見られる。ロールス・ロイスのステアリングスイッチ類は、明らかに戦前車の点火時期調節レバーを意識した形状である。

ヒッピー風の筆者。2014年にイタリアで開催された空冷フォルクスワーゲン系ミーティングで。
ヒッピー風の筆者。2014年にイタリアで開催された空冷フォルクスワーゲン系ミーティングで。拡大
「マツダ3」のダッシュボード。ホーンパッドは威圧的ともいえる存在である。
「マツダ3」のダッシュボード。ホーンパッドは威圧的ともいえる存在である。拡大
マツダの2017年のコンセプトカー「ヴィジョン クーペ」のダッシュボード。
マツダの2017年のコンセプトカー「ヴィジョン クーペ」のダッシュボード。拡大
2代目(現行型)「日産リーフ」のダッシュボード。
2代目(現行型)「日産リーフ」のダッシュボード。拡大
参考までに、「フェラーリ365GTB/4(デイトナ)スパイダー」の室内。「マツダ3」と「リーフ」のホーンパッドは、この時代のステアリングをほうふつとさせる。
参考までに、「フェラーリ365GTB/4(デイトナ)スパイダー」の室内。「マツダ3」と「リーフ」のホーンパッドは、この時代のステアリングをほうふつとさせる。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事