既存の「ETC」とはどう違う? 次世代サービス「ETC2.0」導入で得られるメリットは

2019.11.20 デイリーコラム

大きな違いは“双方向通信”

クルマに乗る人であればもはや知らない人はいないのが「ETC(エレクトロニック・トール・コレクション)」だ。分かりやすく言えば、有料道路を走行する際に、車両を停止することなく料金所を通過できる、料金収受のためのシステムだ。

このETC、普及の指標となるセットアップ数は累計9429万3429台(2019年9月末現在の累計)、利用率に関しても92.1%(同2019年4月末)と、いずれも非常に高いことがわかる。

2001年の本格運用開始から20年近くがたっているETCに対し、遅れること約10年後に登場したのが「ETC2.0」だ。本格的に運用されるようになったのは2016年だが、こちらは今ひとつ普及していないというのが現実。前述したセットアップ数が556万4762台(2019年9月末)と、ETCに大きく水をあけられている。

そもそもETCとETC2.0は何が違うのだろうか? 簡単に言ってしまえばETCは料金収受のための単一機能しか持たないのに対し、ETC2.0は大容量かつ高速の双方向通信機能を持っており、ETCよりも多彩なサービスを受けられるようになっている。

「ETC」の車載器が2019年9月末時点で約9429万台セットアップされている一方で、次世代サービス「ETC2.0」の車載器は約556万台にとどまっている。
「ETC」の車載器が2019年9月末時点で約9429万台セットアップされている一方で、次世代サービス「ETC2.0」の車載器は約556万台にとどまっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事