第632回:「飛び出すな坊や」は日本特有!?
ヨーロッパの交通安全啓発グッズ最前線を追う

2019.11.29 マッキナ あらモーダ!

懐かしの啓発プレート

今回は、交通安全啓発アイテムに関する東西比較を話そう。

先日、女房の講演会の付き人を務めるべく、東京に赴いたときのことである。世田谷区の一角を散歩中、思わず足を止めてしまった看板があった。「交通事故から子供を守りましょう」と記されたものである(写真1)。下部4分の1に記された広告の市内局番は3桁だ。東京23区の市内局番が4桁になったのは1991年のことだから、最低でも28年は貼られていることになる。いや、それ以上に古いかもしれない。なぜなら筆者が子供時代、頻繁に目撃したのとまったく同じ図柄だからである。

ヨーロッパでも、イラストレーションを伴った徐行を促す標識が設置されているのは、横断歩道近くに見かける(写真2)。

しかし、前述のような貼りっぱなしの交通安全プレートや駅のロータリーにあるような「交通安全宣言都市」をうたったモニュメントは見たことがない。ましてや、イラストレーターみうらじゅん氏が「飛びなすな坊や」と名付けた人形スタイル(写真3)に類するものも、ヨーロッパの都市で見たことはない。

日本の総務省統計局が2019年に発表した数値によると、日本の総人口に占める14歳以下の子供の割合は12.3%である。EU圏の総人口における15歳以下の子供のパーセンテージも15.6%と決して高くない。フィリピンの33.3%(2010年のデータ。出典:総務省統計局)からすると、いずれも半分以下である。日本もEUも「子供の飛び出し注意」標識に関していえば、もはや役目を終えつつあると考えてよい。

ただし、ヨーロッパで子供や若者に向けた交通安全のアピールがなくなったわけではない。以下はそのいくつかの例である。

写真1。東京都世田谷区で発見した交通安全プレート。市内局番が3桁である。2019年11月撮影。
写真1。東京都世田谷区で発見した交通安全プレート。市内局番が3桁である。2019年11月撮影。拡大
写真2。スイスにて。「私たちがいるから、すすんで減速して」を訴えるサイン。
写真2。スイスにて。「私たちがいるから、すすんで減速して」を訴えるサイン。拡大
写真3。東京都内で。令和の今、「飛び出すな坊や」は昭和時代の目的とは変わり、店のアイキャッチ役を果たしているかのようだ。
写真3。東京都内で。令和の今、「飛び出すな坊や」は昭和時代の目的とは変わり、店のアイキャッチ役を果たしているかのようだ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事