クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ハーレーダビッドソン・ローライダーS(MR/6MT)

帰ってきた一匹狼 2019.12.19 試乗記 ハーレーダビッドソンのラインナップに、走りのよさが身上の「ローライダーS」がカムバック。怪力Vツインの「ミルウォーキーエイト114」を搭載し、足まわりもスポーティーに仕立てられたニューモデルは、“大人の不良”にふさわしい一台に仕上がっていた。

“走り”のハーレーダビッドソン

Low Rider. 何といっても語感がいい。しかし意味はよくわからない。けれどたぶん、英語圏の人にしても響きのよさでおおむね納得できるものがある気がする。例えば低く身構えて世間に牙をむく、孤高のローンウルフみたいな。って、孤高とローン(lone)で意味がカブッてるじゃないか。

文字通りロー&ロングの、個人的にはハーレーの中で最も男っぽいスタイルだと思う「ローライダー」。2020年モデルで既存のローライダーの他に「S」が付いた新機種が追加されたら、二輪通の間では「Welcome back!」と歓喜の声が上がったという。まずはその辺の説明から。

ローライダーは、かつて「ダイナ」ファミリーに属していた1977年発表の「FXSローライダー」を祖とするモデルだ。ダイナというのは、軽快な「スポーツスター」と重厚な「ツーリング」の間に位置していた“いいとこ取り”のファミリーで、なかでもローライダーは、初代以降“走りのいいビッグツイン”の看板を掲げ続けた。そんなローライダーに最初のSモデルが登場したのが2016年。台数限定でリリースされるCVO(Custom Vehicle Operations)に用いられていた「スクリーミンイーグル・ツインカム110B」エンジンを搭載しており、通常版の1584㏄に対して1801ccの排気量を有していた。

その後、ダイナファミリーは2018年モデルの登場に際して「ソフテイル」ファミリーに統合される形で消滅。ローライダーだけがソフテイル家に婿入りする形でその名を残していた。このような経緯もあって、最新のラインナップで通常版とは別にローライダーSが発表されたので、ファンの間で「ようこそお帰り!」となったわけである。そうした系譜への筋の通し方はいかにもハーレーらしい流儀なので、あえて触れておくことにした。

2020年モデルで復活を遂げた「ローライダーS」。ハーレーの中でもパワフルで俊敏な走りが特徴のモデルである。
2020年モデルで復活を遂げた「ローライダーS」。ハーレーの中でもパワフルで俊敏な走りが特徴のモデルである。拡大
カラーリングは「バラクーダシルバー」と「ビビッドブラック」(写真)の2色。後者では、フューエルタンクのグラフィックがブロンズとなる。
カラーリングは「バラクーダシルバー」と「ビビッドブラック」(写真)の2色。後者では、フューエルタンクのグラフィックがブロンズとなる。拡大
フロントフォークやエンジン、マフラーなど、各部が“ブラックアウト”された意匠も「ローライダーS」の魅力。テールランプもスモークレンズとなっている。
フロントフォークやエンジン、マフラーなど、各部が“ブラックアウト”された意匠も「ローライダーS」の魅力。テールランプもスモークレンズとなっている。拡大
車体の内側にコイルダンパーユニットを隠すことで、リアサスペンションがないかのようなデザインを実現した「ソフテイル」。今日ではハーレーのラインナップの中でも、最もモデル数の多いファミリーとなっている。
車体の内側にコイルダンパーユニットを隠すことで、リアサスペンションがないかのようなデザインを実現した「ソフテイル」。今日ではハーレーのラインナップの中でも、最もモデル数の多いファミリーとなっている。拡大

「ミルウォーキーエイト114」はまさに怪物

さて、最新のローライダーS。採用されるエンジンはかつてのような特別版ではなく、他のモデルにも使われているミルウォーキーエイト114だが、そもそもこいつは「こんなものをレギュラー化していいのか!」と机をたたきたくなるような化け物だ。

114とは排気量を示す数字。単位はキュービックインチで、耳慣れた単位に直すと1868㏄(ちなみに通常版ローライダーは1746㏄)である。そのトルクは同排気量クラスの四輪ガソリンエンジンに匹敵する155N・m。バイクではまずやらない2速発進を試したら、すんなりクラッチがつながった。もちろん、スロットルをうかつに開けるとあなたは瞬時にロケットマンになれる。いや本当、思いっ切り開けると冗談ではなく後方へふっ飛ばされそうになるのでご注意を。その一方で、強大なトルクは走りの余裕となり、街中ではちょいとアクセルをひねるだけで楽に流せる。

通常版とは足まわりでも差異を設けている。フロントブレーキはABS装備のデュアルディスク。フロントフォークは剛性の高い倒立式で、レイク角は通常版の30度に対して28度に設定されている。「よりスポーティーなハンドリングを」ということなのだろうけれど、そうはいっても、さすがにこの車格と排気量でビュンビュン切り込む勇気はなかなか持てない。ただ、試乗の際、思いのほか操作系に重さを感じなかったのは事実だ。

足まわりではフロントにφ43mmのシングルカートリッジ倒立フォークを採用したほか、フレームレイク角を30度から28度に変更。よりスムーズでレスポンスのいいハンドリングを追求している。
足まわりではフロントにφ43mmのシングルカートリッジ倒立フォークを採用したほか、フレームレイク角を30度から28度に変更。よりスムーズでレスポンスのいいハンドリングを追求している。拡大
「ソフテイル」や「ツーリング」「トライク」「CVO」と、ハーレーの中でも上級モデルに搭載されるVツインエンジン「ミルウォーキーエイト」。「107」と「114」の2つの排気量が用意されており、「ローライダーS」には大排気量版の114が搭載される。
「ソフテイル」や「ツーリング」「トライク」「CVO」と、ハーレーの中でも上級モデルに搭載されるVツインエンジン「ミルウォーキーエイト」。「107」と「114」の2つの排気量が用意されており、「ローライダーS」には大排気量版の114が搭載される。拡大
マットダークブロンズのアルミホイールもベーシックな「ローライダー」との違い。タイヤサイズは前が110/90B19、後ろが180/70B16である。
マットダークブロンズのアルミホイールもベーシックな「ローライダー」との違い。タイヤサイズは前が110/90B19、後ろが180/70B16である。拡大
ハンドルは直径1インチのモトクロススタイルハンドルバーと4インチのハイストレートライザーの組み合わせ。よりアクティブなライディングポジションを実現している。
ハンドルは直径1インチのモトクロススタイルハンドルバーと4インチのハイストレートライザーの組み合わせ。よりアクティブなライディングポジションを実現している。拡大
「ローライダー」がタンデムシートの2人乗りなのに対し、「ローライダーS」ばバックソロシートを装備した1人乗りとなっている。加速の際に、しっかりライダーのでん部を支える形状が特徴。
「ローライダー」がタンデムシートの2人乗りなのに対し、「ローライダーS」ばバックソロシートを装備した1人乗りとなっている。加速の際に、しっかりライダーのでん部を支える形状が特徴。拡大
およそ300kg(!)という重さを感じさせない、力強い加速と操舵フィールが印象的だった「ローライダーS」。しかしその魅力といえば、やはり初代「ローライダー」直系のスタイリングにとどめを刺すだろう。
およそ300kg(!)という重さを感じさせない、力強い加速と操舵フィールが印象的だった「ローライダーS」。しかしその魅力といえば、やはり初代「ローライダー」直系のスタイリングにとどめを刺すだろう。拡大

強大なトルクを独り占め

とまぁ、ここまで紹介しておいてなんだが、このバイクについてはスペックに関してあれこれ口にするのはヤボだと思う。なぜならハーレーは、バイクの中でも特に“嗜好(しこう)品の類い”と言っていい代物だからだ。その中でもローライダーSは、おそらくハーレー史上最もバランスの取れたデザインであろう元祖ローライダーのスタイルを踏襲し、なおかつ至る所をブラックで締めた“おとこ気”に満ちたモデルなのである。

蛮行と呼ぶべき設定はソロシートだ。普通乗用車なら5人で共有できるトルクを独り占め。それを(お値段250万円にもかかわらず)家族を説得した上で手にできるなんて人は、この世知辛い世間に残るヒーローだ。平日は社会の一員として然(しか)るべき立場と役目を全うしつつ、週末には黒一色をまとった不良を装う。そんな姿を平日の姿しか知らない誰かに見られたら絶対モテる。ギャップ萌(も)えだ。ハーレーには、そういう演出機能が備わっている。そういう大人になりたい。なれたら「孤高のローンウルフ」と呼ばれたい。でもって、「孤高とローンがカブってるよ」とツッコみたい。

(文=田村十七男/写真=郡大二郎/編集=堀田剛資)

ハーレーダビッドソン・ローライダーS
ハーレーダビッドソン・ローライダーS拡大
 
ハーレーダビッドソン・ローライダーS(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2355×850×1160mm
ホイールベース:1615mm
シート高:690mm
重量:295kg
エンジン:1868cc 空冷4ストロークV型2気筒 OHV 4バルブ
最高出力:--PS(--kW)/--rpm
最大トルク:155N・m(15.8kgf・m)/3000rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:244万0900円

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。